【ソーシャルディスタンスを楽しく守るサイネージ「SOCIAL HARMONY」開発】

デザイン事務所「NOSIGNER」は、ソーシャルディスタンスを楽しく守るためのサイネージ「SOCIAL HARMONY」を開発しました。

パンデミックから命を守るための共同編集ウェブサイト「PANDAID」(https://www.pandaid.jp/)のプロジェクトの一環として「SOCIAL HARMONY」を開発しました。

「SOCIAL HARMONY」はソーシャルディスタンスを楽しく守れるサイネージです。

床に描かれた大きな楽譜上の音符の上に立つとその音階の音が鳴ります。列に並ぶ人がみんな音符の上に立つことで、自然と楽しくソーシャルディスタンスを保つことができます。
曲はエリック・サティの「ジムノペディ」を使用しています。今後は季節やイベント、導入場所に応じた音楽の採用を検討しています。音符は踏んだ瞬間に反応するため、音が鳴るタイミングはその都度変わり、その場/その人たちによってしか演奏されない一期一会の音楽が空間を彩ります。
ソーシャルディスタンスを取るという行為が、社会的な規制ではなく、前向きに取り組める楽しい日常の演出に変わります。
「SOCIAL HARMONY」は2020年10月27日より表参道ヒルズと横浜みなとみらいホールで設置を開始しました。
表参道ヒルズは2020年11月4日まで、横浜みなとみらいホールは2020年12月31日まで設置予定です
(「SOCIAL HARMONY」の詳細はこちら:https://nosigner.com/social-harmony

 



NOSIGNERは「SOCIAL HARMONY」の設置のご相談を受け付けています。
お問い合わせは以下へご連絡ください。
info@nosigner.com
担当:福永・安田

○設置概要
設置場所:横浜みなとみらいホール エントランス前
(横浜市西区みなとみらい2-3-6)
設置期間:10月27日(火)~2020年12月31日(木)


企画:NOSIGNER株式会社(ノザイナー株式会社)
NOSIGNERは、希望ある未来への社会変化を加速させるためのソーシャルデザインの活動体です。変化の可能性となる、目に見えない関係性の糸口を発見し、新しい「形」という織物を紡ぐために、建築・プロダクト・グラフィック等其々のデザイン分野において最高のクオリティを追い、それらの専門性を越えて、目的を達成するための総合的なデザイン戦略を手がけています。NOSIGNERは、進化思考のプログラムから創出したアイデアをソーシャルデザインによって具現化し、チェンジメーカーにデザインという武器を配ることで、発想を想像に終わらせず、
コンセプトの実現まで並走します。
https://nosigner.com/
担当:福永・安田
  1. プレスリリース >
  2. NOSIGNER株式会社 >
  3. 【ソーシャルディスタンスを楽しく守るサイネージ「SOCIAL HARMONY」開発】