日本ミニフットボール協会公認・ジュニア世代で導入されている8人制サッカー指導者資格プログラムを開始!

2021年4月よりいよいよスタート!

日本ミニフットボール協会(所在地:東京都渋谷区・代表理事:櫛山 匠)は、指導者資格制度「8人制サッカー指導者資格プログラム」をこの4月より開始いたします。

 

日本ミニフットボール協会(所在地:東京都渋谷区・代表理事:櫛山 匠・以下JMF)は、世界約144か国に支部を置き、5~8人制のサッカー「ミニフットボール」の普及活動をおこなう世界ミニフットボール連盟に2019年に認可を受け日本に設立されました。


そのJMFがこの度、日本サッカーのジュニア世代で行われている、8人制サッカーの普及及び指導者育成を目的に、JMFが公認する指導者資格制度「8人制サッカー指導者資格プログラム」をこの4月より開始いたします。


JMF公認「8人制サッカー指導者資格プログラム」の目的は、ジュニアサッカーの専門指導者を育成すること。

「日本サッカーの土台となるジュニアサッカーのスペシャリストを育てる」
このテーマに、JMFが真正面から取り組み、導き出した一つの答え、それがこの8人制サッカー指導者資格及び、そのプログラムです。本資格・プログラムでは、ジュニア年代で必要なサッカーの本質を学び、サッカーの原理原則から戦術的思考を養い、現状の8人制サッカーの課題を解決していける指導者を育成していきます。世界の幅広いノウハウと日本らしさを生かした、カリキュラム・サポート体制が資格取得者を、指導者として新たな世界へ送り出します。

8人制サッカー指導者資格プログラムについて
B級からスタートし、インストラクターまで目指せる。
受講形式は、通信型(オンライン)と通学型の2種類!2021年は通信型を先行開始!

「日本の、日本人による、日本人のため」「わかりやすく、明日から使えて、実践的」「スモールサイドフットボールの重要性」をコンセプトに8人制サッカーの指導者養成を目的に実施いたします。また、資格の段階は、基礎となる「B級」から始まり、戦術的に深めていく「A級」、最上位は「インストラクター資格」となり、指導者養成を協会のサポートを受けながら行うことができます。B級は、通信型と通学型から選べ、A級とインストラクター資格は通学型で受講、資格取得を行います。

2021年4月開催の第一次受付スタート!
定員になり次第締切となります!


2021年のスケジュール(募集期間・受講期間・資格日程)については、ホームページをご確認ください。
https://www.wmfjp.jp/

※参考情報

一般社団法人日本ミニフットボール協会とはhttps://www.wmfjp.jp/
日本のミニフットボールの普及を目的に世界ミニフットボール協会の認可を受け2019年に設立。また、隔年行われる、ワールドカップ等の各カテゴリーの世界大会の日本予選を実施。2021年よりミニフットボールの指導者育成の強化を図るべく、8人制サッカー指導者資格プログラムをスタート。

 世界ミニフットボール協会とはhttp://www.minifootball.com/
5〜8人制サッカーをミニフットボールと定義し、世界にミニフットボールの普及を目指して、ヨーロッパ・アジア・オセアニア・アメリカの5大陸、144か国の加盟国を持つ。11人制サッカー、フットサルの親和性も高く、競技者、世界大会等が年々拡大。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本ミニフットボール協会 >
  3. 日本ミニフットボール協会公認・ジュニア世代で導入されている8人制サッカー指導者資格プログラムを開始!