【コロナ禍2度目の夏のマスク対策】6割以上が“暑さ・蒸れ・息苦しさ”に困っていると回答!ワクチン接種後のマスク生活で必要とされるマスクとは…?

約8割が『今後もマスク生活を継続』と回答!

菱神産業株式会社(本社所在地:兵庫県加古川市、代表取締役:上野 勇次)は、20代〜60代の男女を対象に「2021年夏のマスク対策」に関する調査を実施しました。
今や私たちの生活に欠かせないアイテムとなったマスク。
一刻も早い新型コロナウイルス流行の終息を願いたいところですが、コロナ禍はこれから先もしばらく続くことが予想されます。

そうなると、やはりマスクも快適で便利なものを選びたいところですね。
特に、夏の時期のマスク選びは苦労されている方も多いのではないでしょうか。

暑い日が続く夏、皆さんはどのような対策をとっているのでしょう?

そこで今回、透明マスク『マスクリア』https://clearmask.biz/)を販売する菱神産業株式会社https://www.ryoshin.com)は、20代〜60代の男女を対象に、「2021年夏のマスク対策」についての調査を実施しました。

暑い夏を乗り越えるために皆さんがどういった工夫をされているのか、見ていきましょう!
 
  • コロナ禍1年目…夏のマスク対策、どうしてた?
はじめに、昨年(2020年)の夏のマスク生活について伺っていきたいと思います。


「昨年(2020年)の夏、マスク生活は大変でしたか?」と質問したところ、大変だった(42.3%)』と回答した方が最も多く、次いでとても大変だった(33.2%)』『特に問題はなかった(24.5%)』と続きました。

7割以上の方大変だったと回答していますが、どんなことが大変だったのでしょうか?
続いて、「昨年の夏、マスク生活で大変だったことや困ったことは何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、息苦しさ(80.9%)』と回答した方が最も多く、次いで暑さ・蒸れ76.8%)』『耳の痛み(30.4%)』と続き、気温・湿度が高い夏ならではの悩みを挙げた方が多く見られました。

では、その他にはどんな困りごとがあったのでしょうか?

「昨年の夏のマスク生活で、大変だったことや困ったことに関する具体的なエピソードがあれば教えてください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられました。

■蒸れや肌荒れに加え熱中症のリスクも…
・蒸れてしまって熱中症になりかけた(20代/男性/千葉県)
・汗で化粧がくずれた(20代/女性/福島県)
・室内と室外の温度差と、マスクのせいでメガネが曇りやすかった(20代/女性/高知県)
・マスク内の蒸れによる肌荒れが特に気になった(20代/女性/神奈川県)
・職場にて、自分の声が相手に伝わりにくい(30代/女性/島根県)
・日焼けの跡が目立った(40代/男性/岩手県)

息苦しさや暑さを感じ、ひどい時には熱中症になるといった身体的な苦痛・不調に加え、メイクが崩れる・メガネが曇る・声が聞こえづらくてコミュニケーションがとりにくいといったことが挙げられ、日常生活上の作業・行動にも支障をきたしていることがわかりました。
 
  • コロナ禍2度目の夏…今年はどんな工夫をしてる?
そんな中、今年はマスクをどのように使っているのでしょうか?


「今年(2021年)の夏のマスク生活はどのようにされていますか?」と質問したところ、昨年と変わらない(86.4%)』『昨年とは変えている(13.6%)』という結果になりました。多くの方が昨年と変わらないマスク生活を送っているようですが、変えたという方も中にはいるようです。

では、今年はどんな点を変更したのでしょうか?

『昨年とは変えている』と回答した方に「夏のマスク生活における昨年からの変更、改善点を具体的に教えてください」と質問したところ、以下のような回答が挙げられました。

■少しでも快適に!ひと工夫で夏を乗り切る
・接触冷感素材のものに変えた(20代/女性/大阪府)
・マスクを2重にして少しでもウイルスの飛沫を浴びないようにしましたが、余計汗で蒸れてマスクの中がびしょびしょになり顔を何回も拭かないといけなくなった(20代/女性/千葉県)
・外で密な状況でなければウレタン製のマスクも併用する(20代/女性/千葉県)
・マスクを何枚か持ち歩きこまめに替える(20代/女性/神奈川県)
・必要のないときはマスクはしない(30代/男性/大阪府)
・うちわやセンス、ハンディ扇風機で顔や頭に風をあてる(30代/女性/神奈川県)

どんなに暑くても、付き合っていかなければならないマスク。
毎日のことだからこそ少しでも快適に過ごすため、冷感素材のものを選んだり、ウレタン製を併用したり、時には外したりと様々に創意工夫されている様子が窺えました。
中には工夫した末逆効果だった方も見られ、試行錯誤している様子も伝わってきました。

こうした創意工夫によって、快適なマスク生活を送れるようになったのでしょうか?

 

そこで、「変更・改善により、マスク生活は快適になりましたか?」と質問したところ、『とても快適になった(5.1%)』まあ快適になった(52.2%)』と、半数以上の方が行った対策に対し一定の効果を実感していることがわかりました。
 
  • 約8割の人がマスク生活継続!?ワクチンの影響は
ここまでの調査で、多くの方がマスク生活に不自由を感じ、少しでも快適に使用したいと思っていることが明らかになりました。
ワクチン接種も始まって多くの方が接種しているため、近い将来マスクなしでも過ごせる時代が再び来るかもしれません。それでも、今後もマスクの使用を継続しようと考えているのでしょうか?


そこで「ワクチンの接種が一般に広まった後は、マスク生活を続ける予定ですか?」と質問したところ、しばらくは続ける(78.0%)』と回答した方が最も多く、周囲の状況に合わせる(19.5%)』続けるつもりはない(2.5%)』と続きました。多くの方が、ワクチン接種が普及した後もしばらくはマスク生活を続けるつもりのようです。

では、大変さを感じつつもなぜマスクを使用し続けるのでしょうか?

『しばらくは続ける』『周囲の状況に合わせる』と回答した方に「マスク生活を続けたいと思う理由を教えてください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられました。

■マスク使用で感染リスクを最小限に
・ワクチンを打ってもかかるリスクがあるため(20代/男性/福岡県)
・少しでも予防できるならつけない理由はない(20代/女性/東京都)
・周りの目が気になる(30代/男性/奈良県)
・マスクを着けることによってコロナはおろか普通の風邪にもかからないから(30代/男性/東京都)
・化粧が手抜きで良いから(30代/女性/東京都)

マスク生活に苦労や悩みを抱えつつも、その有効性を認め、約8割の方がマスク生活をしばらく続けるつもりであることがわかりました。
また、約2割の方が周囲の状況に合わせると回答していることや、マスク生活を続ける理由として「周囲の目が気になるから」という意見が挙がっていたことから、マスク使用の判断基準が自分の意思ではなく、周りからどう見られるかである方もいることがわかりました。
 
  • 悩みの多い夏のマスク生活、一番困ることは?
大変さを感じつつ、多くの方が継続使用を考えているマスク。ではマスクの使用にあたり現状最も困っているのはどんなことなのでしょうか?


そこで、「現在、マスク生活において特に困っている点を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、暑さ・蒸れ(63.7%)』と回答した方が最も多く、次いで息苦しい(62.6%)』『費用がかかる(22.8%)』『耳の痛み(22.7%)』『肌荒れ(22.5%)』『着脱が面倒(21.9%)』と続きました。

昨夏同様、暑さ・蒸れ・息苦しさという、夏の気候に起因する悩みを挙げた方が多く見られました。
また、耳の痛み・着脱の煩雑さといった物理的な悩みや、費用がかかるといった回答も少なくなく、マスクに関する困りごとの内容は、人ぞれぞれで、多岐に渡っていることがわかりました。
 
  • 【まとめ】何かと不便な夏のマスク生活、マスク以外の選択肢も!
今回の調査で、20代〜60代の男女のうち、昨夏のマスク生活について7割以上の方大変だったと回答し、今年の夏を少しでも快適に過ごすため、素材が異なるものを選んだり、通気性の高いものを併用したり、時には外したりと様々に創意工夫されていることが窺えました。

また、ワクチン接種が進む状況下にあっても、マスクに一定の有効性を認め、約8割の方がマスク生活をしばらく続けるつもりであることから、依然としてマスクの需要は高いと思われます。

しかし、この夏も昨夏同様、暑さ・蒸れ・息苦しさ、耳の痛み、着脱の煩雑さ、費用がかかるといった悩みを抱えている方が多く見られました。
それぞれの困りごとを解決してくれるグッズや方法をリサーチして使用し、少しでも快適な日常生活を送りたいものです。
 
  • 蒸れない、息苦しくない、表情が見える透明マスク!
「マスクの下が蒸れてかゆい…」
「長時間のマスク着用で耳が痛い…」

そんな方にオススメなのが、菱神産業株式会社が販売する国内唯一の特許取得済の透明マスク『マスクリア』https://clearmask.biz/)です。


■マスクリアの特徴
特徴①:顔に密着しないから蒸れない

「マスクの中が蒸れて熱中症のリスク」という懸念を解決します。
口元に密着しない設計なので息苦しくなく、また透明フィルムの部分は防曇(ぼうどん)・抗菌加工済で、目・鼻・口周りを清潔に保ちます。

特徴②:国内唯一の特許取得済透明マスク
マスクリアは平成24年・25年に国内特許を取得しています。
特に飲食店や美容室、小売店などの“笑顔”も重視される接客の場面で表情や声を遮ることなく届けられます。
また、「マスクをすると眼鏡が曇る…」ということもないので精密な作業が求められる業務・車の運転を伴う業務にも最適です。

特徴③:水洗いで繰り返し使える
マスクリアの透明フィルムは耐久性に優れたポリカーボネート製ですので、水洗いで繰り返し安全に使用いただけます。
ご使用の頻度・環境などの条件にもよりますが約1か月~3か月に一尾のフィルム交換をされることが一般的です。
使い捨てマスクよりも衛生的で経済的と確信を持ってお勧めできます。
 

 

 


■種類豊富な『デザインマスク』

「マスクリア」をよりおしゃれに楽しんでいただけるのが『デザインマスク』です。
ファッション性が高く、若者からどの世代にもファッションとして楽しんでいただけます。
また、デザインの幅が広く、アーティストがデザインした商品以外に、完全オーダーメイド製作が可能です。
企業のロゴを入れる事でイメージUPにも繋がります!

デザインマスクとは?:https://designmask.biz/
WEBショップ:https://www.selfimagemax.com/

 

■安心・安全の『ウィンカム ヘッドセットマスク』

ヘッドセットマスクは、心配りと笑顔を同時にお届けするおもてなしマスクです!
「長時間のマスク着用で耳が痛くなる」
「マスクで化粧がよれる・崩れる」
「マスクの息苦しさ・暑苦しさが苦手」

そのような悩みをお持ちの方にオススメなのが『ウィンカム ヘッドセットマスク』です!

現在、飲食業だけでなく接客業、営業職、医療、福祉、美容・理容、工場、保育士、講師など様々な場面で、マスクリアが活躍しています。
ウィンカムヘッドセットの詳細はこちら:https://headsetmask.biz/

当店は、マスクリア・ヘッドセットマスクの製造・販売元ウィンカム社の正規代理店のため、アフターフォローも万全です。
日本で唯一、特許取得済みのマスクリアの高級感と品質の違いはお手元に届いた瞬間すぐにお分かりいただけます。
蒸れない、息苦しくない、表情が見える透明マスクの『マスクリア』『ウィンカム ヘッドセットマスク』がスタッフを笑顔にします!

■菱神産業株式会社:https://www.ryoshin.com/
■マスクリア:https://clearmask.biz/
■デザインマスク:https://designmask.biz/
■WEBショップ https://www.selfimagemax.com/
■ショップInstagram:https://instagram.com/selfimage_max/
■お問い合わせ:https://www.ryoshin.com/contact/


調査概要:「2021年夏のマスク対策」についての調査
【調査期間】2021年8月19日(木)~2021年8月20日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,007人
【調査対象】20代〜60代の男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 菱神産業株式会社 >
  3. 【コロナ禍2度目の夏のマスク対策】6割以上が“暑さ・蒸れ・息苦しさ”に困っていると回答!ワクチン接種後のマスク生活で必要とされるマスクとは…?