「GAUSS、AIを活用したEC販売のタグ付け業務効率化する画像検索技術を開発」

~ANAPが運営する「ANAPオンラインショップ」で10月より試験運用開始が決定~

GAUSSは、画像および自然言語を人工知能(AI)活用して解析し、類似の商品画像から自動的に最適なタグを抽出および付与するシステムを開発しました。(デモ動画あり)

 


株式会社GAUSSは、画像および自然言語を人工知能(AI)活用して解析し、類似の商品画像から自動的に最適なタグを抽出および付与するシステムを開発しました。

これにより検索ワードに対するヒット率の向上および人手で行っていたタグ付け業務の効率化に寄与いたします。
2017年10月より共同開発先の株式会社ANAP(JASDAQ上場、証券コード「3189」)ANAPが運営する「ANAPオンラインショップ」で試験運用を開始します。試験運用後、パッケージ化し、2018年初旬よりファッションEC販売各社へ展開する方針です。

[開発したAI技術の概要]
GAUSSがファッション領域に特化し開発したAIは3つの特徴があります。
①画像特徴量を解析し類似商品を検索
②流行のファッション用語を解析して画像に最適なタグを提案
③ファッションアイテムの商品説明を自動生成
 

[↓クリックするとデモムービー視聴可能]


従来の画像に紐づくデータベースのタグ提案と違い、すでに販売されている類似製品の説明文やオンラインサービスの実際に検索されたワードからタグを自動抽出し提案いたします。
当仕組みはサービスを利用するごとにデータが蓄積されていき、長く利用することで精度向上が見込めます。
 

[期待される効果]
ECサイトに商品を掲載する際に撮影した画像から、AIで最適なタグを自動生成し、検索エンジンからの消費者の流入数や検索ワードのヒット率の向上を図り、EC売上増加が見込めます。
また、ECサイト運営の中で特に従業員の手間と時間を費やしていた業務をAIで効率化することにより、更なるECサイトの利益率向上や顧客対応等の品質向上に注力できることが可能となります。

[今後の展開]
GAUSSは、ファッション領域に特化したAI技術をパッケージ化(API公開)し、2018年初旬よりファッションEC販売各社へ展開する方針です。

また、同技術を応用して、10代~20代の女性を中心とした若年層向けファッションアイテムに特化した画像検索アプリの開発を開始します。Instagram(*)などのSNSアプリを通して、ユーザーが「かわいい!このファッションアイテムが欲しい!」と感じた時に、アイテムの名称やメーカーがわからなくても、AI・画像解析により画像のみでECサイトの購買に繋げることが可能となります。
そして、検索結果からユーザー属性毎の流行を把握することで、顧客の嗜好に合った商品やコーディネートを提案し、更なる販売拡大の実現を目指しています。
*「Instagram」は、Instagram Inc.のスマートフォンアプリの製品名です。

[関連リンク]
AIスタートアップ「GAUSS(ガウス)」、レディースファッション大手ANAPとAI・自然言語処理技術を活用したEC・マーケティング技術の共同開発を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000027358.html
 

[GAUSS会社概要]
GAUSSは、AIパッケージ販売・受託開発および競馬予想AIの開発・運営をしています。「想像したことを創造する」を理念に、AI技術研究に留まらず、自社もAI事業を営む実行力を強みとして、全業界の法人様向けに新規事業の創出や業務の効率化を支援します。

代表取締役:宇都宮 綱紀
会社HP:http://gauss-ai.jp/
問合先:info@gauss-ai.jp
担当:関塚 正平・Boyd Natsuko
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GAUSS >
  3. 「GAUSS、AIを活用したEC販売のタグ付け業務効率化する画像検索技術を開発」