3万人以上のビジネスマンが利用するハラスメント代理通知サービス「ソレハラ」多数決Q&Aや専門家に相談できる機能を追加

それってハラスメント?多数決結果やコラムで意識改革も可能に

株式会社クアレレ(Quaerere)(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:吉田 樹生、以下「当社」)は、ハラスメントを匿名メールで本人に通知できるサービス「ソレハラ」のサービス内にて、多数決Q&A機能や専門家に直接相談できる機能を公開しましたので、お知らせします。
・ハラスメント代理通知サービス「ソレハラ」 https://sorehara.com














■「ソレハラ」サービス概要
 「ソレハラ」は、みんなの考えるハラスメントを共有する為に生まれたサービスです。
サイトにアクセスして5つの質問に答えると、「◯◯ハラスメントを行っています」という内容の匿名メールを本人宛に送ることができます。また、送られた人は「心当たりがある・ない/言ってくれてありがとう、直します、君の誤解だ」といったリアクションを返せます。利用料金や登録は不要でどなたでもお気軽にご利用いただけます。2018年5月にサービスを開始し、累計で1万超のハラスメント告知メールが送信され、毎月約5000名が利用しています。

 ハラスメントは行う側が気づいてないことが多く、放置しておくといきなりの離職や訴訟などに繋がる可能性があります。「ソレハラ」は気がついた時に誰でも匿名メールを送ることができるため、組織内ハラスメントを軽度な段階で認知させることが可能です。

サービス名称 :ハラスメント代理通知サービス「ソレハラ」
公式リリース日 : 2018年5月30日
サービスURL : https://sorehara.com
サービス利用料 :無料 ※法人利用は現在テスト中で将来的に課金制に移行予定

■今回追加された3つの機能
 これまで提供してきた、相手のハラスメント行為を匿名で本人に送ることのできる「アドバイスメール」機能に加え、新たに3つの機能を追加しました。

ソレハラ広場
「自分では普通と思っている行為も側から見たらハラスメントかも…」と思ったことはありませんか?ソレハラ広場では、自分の思う行為がハラスメントかどうか、多数決型のQ&Aを投稿することで、閲覧者から意見を仰ぐことができます。また、会員登録なしにYES/NOのボタンを押すだけで多数決型の投票に参加でき、集まった投票結果はメールで送ることもできます。
ピクトグラムの表現で、性別や上司部下、年齢などが直感的にわかるように作られています。

ソレハラコラム
カウンセラーの取材記事やライターの実体験などのコラムです。ここでは実際に起きたハラスメントやハラスメントを回避する方法など、リアルな体験を記事で見ることができます。

ソレハラプロ
ハラスメント専門のカウンセラーや弁護士などに相談ができる仕組みです。友達や家族などに相談ができない方、ハラスメントでお悩みの方などが気軽に相談することが可能です。



■会社概要
商号  : 株式会社Quaerere
代表者 : 代表取締役 吉田 樹生
所在地 : 〒252-0816 神奈川県藤沢市遠藤4229-1 2階
設立  : 2017年9月
事業内容: Webサービスの開発/運用
資本金 : 200万円
URL    : https://quaerere.app
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Quaerere >
  3. 3万人以上のビジネスマンが利用するハラスメント代理通知サービス「ソレハラ」多数決Q&Aや専門家に相談できる機能を追加