世界中が東京不動産を買う予感

世界から見た東京不動産

日本人の不動産評論家や投資家が良く言うのは、「オリンピック後、東京の不動産市況は腰折れする」、「これから日本は人口が減って空室も増え、不動産価値は下がる一方」といったような悲観論が多いですが、世界から見た日本(東京)は違った見解。
日本を含む世界各国の不動産投資コンサルティング事業を展開する当社では、どこの国に加担するでもなくあくまでも中立的なポジションから国際不動産マーケットを解説します。
つい先日、私はスペイン・バルセロナで、国際不動産業界のシンポジウムに出ていました。

ヨーロッパやアメリカを中心に、北はアイスランドから南はニュージーランド、南アフリカまで、世界各国から約70社が参加する大型イベントでしたが、百名を超える参加者全員を前に行われた「基調講演」の内容に、非常に驚かされました。その講演で言っていたのは、

– アジアでこれから面白くなる不動産マーケットは、ずばり「東京」。
– オリンピックを控えた東京ではエキサイティングなことが起こりつつある。
– 経済もようやく回復し、自信(Confidence)が戻りつつある。東京の不動産価値も直近で9.4%上昇中。
– しかも東京不動産は、同じアジアの香港やシンガポールと比べて割安感がある。

彼らの着眼点は、日本でよく聞く話とは真逆です。
日本人の不動産評論家や投資家が良く言うのは、「オリンピック後、東京の不動産市況は腰折れする」、「これから日本は人口が減って空室も増え、不動産価値は下がる一方」みたいな悲観論が多いですが、これに対して私が思うことは、

・不動産に関して、日本全体と東京は明らかに違うマーケット。
・日本国内での日本に対する意見は、日本しか見てないのに対し、世界の投資家は「グローバルな都市比較」の視点がある為説得力がある。
・世界の不動産投資マネーは「国」よりも「都市」で動く面が大きい。同じアジアの香港やシンガポールよりも東京の不動産が安く購入でき、かつ、東京が都市機能的に劣らないのであれば、割安感を求めて資金流入は大いにありうる。

客観的にみて、東京が香港やシンガポールに都市として劣ることはありません。
都市圏人口・総生産、Fortune Global 500企業の本社数、都市総合力の世界ランキング、インフラ…現時点で東京は間違いなく、アジア・世界でトップ都市の一角に入ります。
JLL世界都市の類型をみても、東京は香港やシンガポールと同じく「世界のビッグ7」に入っています。
 


「アジアのスーパー世界都市」東京の都心部不動産価格に割安感があるのか、私の感覚的にいうと、

・香港と比べれば、明らかに割安です。
・シンガポールと比べれば、ほぼ同じ。ただ、シンガポールで外国人が不動産を購入すると約20%の印紙税がかかり、東京ではそれが無い分、割安に。

今年2月、私はシンガポール都心部で、Tanjong Pagar駅直結のタワマンWallich Residenceはじめいくつかのレジデンスを内見しています。当時の感覚値は、「シンガポール都心部レジの値段は、坪@700万円くらい」(22,000~26,000 SGD/Square Feet)だったので、いま東京の港区あたりで@700万円で同等物件が買えれば、少なくとも20%印紙税分は割安ということになります。

そこで、港区でお金持ちが買いそうなエリアのマンション在庫・成約価格を調べてみました。
そこで見えてきたことは、

・港区の赤坂、南青山、虎ノ門といった一等立地で、出し値レベルでは坪@1000万円超のプレミア物件(虎ノ門ヒルズレジデンス、パークコート檜町ザ・タワー等)がいくつかあるが、プレミアでない通常の新築・築浅マンションだと坪@500~600万円台がせいぜい。

・麻布十番、広尾、高輪、白金、南麻布エリアになると、地域トップ物件でも@700万円台いくかいかないか、その他は@500万円を切るレベル(その代わり、広尾あたりだと築が古くなっても値下がらないという副産物があるが…)

つまり東京都心でも、超プレミア物件以外は高くてもせいぜい坪@700万円で、シンガポールのオーチャードや金融CBD地区とほぼ同等レベル、印紙税分だけ割安感あるように感じました。

香港などはシンガポールの倍みたいな世界だから、それと比べれば虎ヒルでさえかなりのバーゲンに見えてしまいます。

オリンピックを控えて世界の富裕層からの注目はさらに高まりそうです。

IPAでは、国内の不動産を海外の投資家へ、海外の不動産を国内の投資家へご紹介し、
世界中の不動産を扱うグローバルリアルターとし日々グローバル不動産マーケット情報を収集し、
実際に海外に出向いています。

今回、日本国内の投資家の方々に向けて、海外不動産投資成功塾を開始致しました。

海外を飛び回り収集した生の海外不動産情報、自らの投資経験を経て培ったノウハウを投資家の皆様に共有いたします。

有料会員 ― 世界の不動産に精通したい方
無料会員 - 世界の不動産について知りたい方

にお勧めの内容です!
 


◆IPA投資家成功塾に入ったら、何ができるの?


<有料会員>
1、○○国の買い方ビデオが見放題!
IPAスタッフが海外不動産購入のノウハウを伝授!
海外不動産に興味のある方、海外不動産の基本を知りたい方、必見!

2、月1回成功塾に参加できます!(無料)
海外不動産、不動産投資についての学びの場!
実際に現地を歩き、個人投資も行っているからこそお伝えできる内容!

3、現地レポートの動画が見放題!
弊社スタッフは海外の現地調査を怠りません。世界各国スタッフは飛び回っています。
スタッフの目でみた最新の海外の情報を動画で視聴できる!

4、アメリカ・ヨーロッパ勉強会参加!(特別価格)
不動産投資の人気エリア、アメリカ・ヨーロッパ!
投資家の皆さんからのご要望の高いエリアの勉強会!

今後のスケジュール
1月16日(水)15:00~ ヨーロッパ勉強会
3月20日(水)15:00~ アメリカ勉強会

5、ニュースレター配信!
IPAオリジナルニュースレターの配信!

6、個別相談が年2回無料!
「現在所有の不動産の今後について」
「現在購入検討中の不動産について不安!」

など不動産投資についての相談をお受けします。通常90分で相談料は21,600円。


<無料会員>
1、○○国の買い方ビデオが見放題!
IPAスタッフが海外不動産購入のノウハウを伝授!
海外不動産に興味のある方、海外不動産の基本を知りたい方、必見!

2、月1回成功塾に参加できます!(参加費 10,000円)
海外不動産、不動産投資についての学びの場!
実際に現地を歩き、個人投資も行っているからこそお伝えできる内容!

3、アメリカ・ヨーロッパ勉強会参加!(参加費5,000円)
不動産投資の人気エリア、アメリカ・ヨーロッパ!
投資家の皆さんからのご要望の高いエリアの勉強会!

4、個別相談が受けられます(有料)
「現在所有の不動産の今後について」
「現在購入検討中の不動産について不安!」
など不動産投資についての相談をお受けします。

 詳細、お申込は下記URLからご確認いただけます。
http://ipag.jp/toushika_seikoujuku_start

他にない情報、実際に使える情報を提供し、投資家の皆さまの成功を応援しています。

お気軽にお問い合わせください。

株式会社国際不動産エージェント
鈴木 学
http://ipag.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社国際不動産エージェント >
  3. 世界中が東京不動産を買う予感