アルゴリズムが自動で成果を改善する、LINE特化型リターゲティング『AutoLine』が利用受付を開始

LINE@配信をアルゴリズムが自動で成果を改善

機械学習や深層学習を使用したアルゴリズムの企画・開発・提供を行う株式会社TimeTechnologies(本社:東京都千代田区、 代表取締役:波戸﨑駿)は、2019年2月4日(金)より、アルゴリズムが自動で成果を改善する、LINE特化型リターゲティング『AutoLine』の事前利用受付を開始いたします。
株式会社TimeTechnologiesは2019年2月4日(金)より、アルゴリズムが自動で成果を改善する、LINE特化型リターゲティング『AutoLine(オートライン)』の事前利用受付を開始いたします。
 


AutoLineサービス概要ページ:https://autoline.timetechnologies.ltd/

『AutoLine』は、コンバージョンに至らず、サービスを離脱してしまったユーザーに対して自動的にLINEでリターゲティングを行うことができるサービスです。ユーザーの行動ログを元に、機械学習アルゴリズムが一人一人にパーソナライズされた内容をLINEを通じて配信することで、再来訪を促進します。

 

『AutoLine』を通じて一人一人にパーソナライズ配信を行うことで、一斉配信を行なった時よりも、より高いクリック率やコンバージョン率を実現すると共に、ブロック率を抑制し、有効友達数を増加することが可能です。

 

これまでLINE運用に人員を割り当てることが難しく、運用の最適化が出来ていなかった企業様に対して、アルゴリズムの自動運用により運用コストを削減しつつ、ユーザー毎に最適なLINE配信を実現します。

 

​■サービス開発の目的
①継続的な顧客リレーションシップの構築
近年、サブスクリプション型の商材が増加しており、それに伴い、消費者との深いリレーションシップを構築する必要性が高まっています。
『AutoLine』は顧客一人一人の好みやニーズを把握し、顧客毎に最適なLINE配信を実現することで、継続的な顧客リレーションシップの構築を支援いたします。

②マーケティングオペレーションの省人化
厚生労働省が2月1日に発表した2018年平均の有効求人倍率は1.61倍で、1973年以来、45年ぶりの高水準となりました。
様々な業種で採用難易度が上昇している中、同様にWebマーケティング人材も非常に採用が困難な職種の一つです。そういった状況の中、アルゴリズムでマーケティングオペレーションを自動化、省人化する事で人材不足に対する新たな解決策となることを目指します。


■株式会社TimeTechnologiesに関して
当社は「アルゴリズムによる社会生産効率の向上」をミッションにアルゴリズムソリューション事業を展開しております。様々な業種・業態のお客様のニーズに合わせて、機械学習や深層学習を用いたAIアルゴリズムの企画・開発・提供を一気通貫して行い、事業KPIの改善を実現致します。


■サービス概要
サービス名:『AutoLine(オートライン)』 
サービスリリース予定日:2019年4月1日より順次
URL:https://autoline.timetechnologies.ltd/


■運営会社 
名称:株式会社TimeTechnologies
所在地:東京都千代田区神田司町2-16 佐一第二ビル4F
設立:2019年1月23日
事業内容:機械学習や深層学習アルゴリズムを用いたAIアルゴリズムの開発
代表者:代表取締役 波戸﨑駿
URL:https://timetechnologies.ltd/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TimeTechnologies >
  3. アルゴリズムが自動で成果を改善する、LINE特化型リターゲティング『AutoLine』が利用受付を開始