【株式会社Ace-1】ヨーロッパ発の産業ドローンメーカー「Acecore Technologies」のドローン取り扱い開始

~産業分野に適したカスタマイズドローンのご提案~

広島と横浜を拠点とする測量・ドローン(UAV)事業を行う株式会社Ace-1 (広島県広島市安佐南区古市2-35-11 NORIMITSU BLD 1F、代表取締役:則光晋)は、オランダの産業ドローンメーカー「Acecore Technologies」のドローンの取り扱いを開始いたします。
2021年11月24~26日に東京ビッグサイトで開催される国際ドローン展でAcecore Technologiesの主力モデル「Zoe」「Noa」を展示いたします。

Acecore Technologiesはオランダの産業用ドローンメーカーであり、YellowScanやEmesent等の測量・計測用LiDARメーカーと提携し、 搭載する機器に合ったドローンのカスタマイズやペイロードシステムを開発し、 ユーザーのニーズに合わせた様々なアクセサリーもあります。
Acecoreドローンは中程度の降雨に対する耐性もあり頑丈なカーボンファイバーフレーム、 Acecoreカスタムのブラシレスモーターによる大きい最大積載重量と 機体の頑強さも特徴です。
Acecoreドローンのセットアップはツールレスで簡単なセットアップが可能で作業時間の短縮が実現できます。
また、ドローンは完全にオフラインで稼働する為、情報漏洩などのセキュリティー対策も万全です。

測量会社である株式会社Ace-1はフランスのドローン搭載型LiDARシステム「YellowScan」の2016年国内発売当初からのユーザーであり、YellowScan Vx20-200などドローン搭載型LiDARを活用した測量業務を年100件以上実施しています。
またドローン自律航行を可能にするオーストラリアのドローン搭載型SLAM LiDAR「Emesent Hovermap」も導入して、ドローン搭載型SLAM LiDARを活用した業務も増えつつあります。

これまで運用したLiDAR機器搭載に適した中型モデルのドローンの販売終息や、近年のドローンの情報漏洩などのセキュリティリスクに対応したドローンの運用が急務であり、2021年度から政府は購入するドローンのセキュリティー強化策を決めています。
Acecore Technologiesのドローンは中型~大型のモデルがラインナップされ、YellowScanやEmesentなどLiDARメーカーと提携し、専用カスタマイズモデルがあります。ドローンは完全オフラインで運用する為、セキュリティ対策も万全です。

11月24~26日に東京ビッグサイト青海展示棟で開催される国際ドローン展でAcecore Technoloiesの主力モデル「Zoe」「Noa」を展示いたします。
展示ブース:イエロースキャンジャパン株式会社 D-004

​機体スペックは以下の通り

「Acecore Zoe」

モーター数 4(X8オプションあり)

最大積載重量 6kg
最大連続飛行時間 40分
(YellowScan Mapper搭載時 約30分)
フレームサイズ 693×682×524mm
プロペラサイズ 18インチ


「Acecore Noa」

モーター数 6
最大積載重量 20kg
最大連続飛行時間 60分
(YellowScan Vx20搭載時 30分以上)
フレームサイズ 1680×1680×840mm
プロペラサイズ 28インチ


【お問い合わせ先】
株式会社Ace-1
広島県広島市安佐南区古市2-35-11
info@ace-1.jp

■Acecore Technologies
Acecore Technologiesはオランダを拠点とした産業ドローンメーカー。
2013年7月に設立され、無人航空機の開発において長い歴史がある。 
クリエイティブ業界向けのさまざまなシネマソリューションに付加価値を与えるエンドユーザーとして事業を開始。
近年ではAcecore Technoloiesのドローンはヨーロッパで測量、配送、警備など産業分野での活用が広がっており、各分野で使われるペイロードの搭載やシステム連携のカスタマイズも行う。
日本でもユーザーが増えているフランスのドローン搭載用LiDARメーカー『YellowScan』やオーストラリアの自律航行可能なドローン搭載用SLAM LiDARメーカー『Emesent』とのコラボレーションモデルも発売されている。

■株式会社Ace-1
広島と横浜を拠点として全国でドローンによる測量をメインに計測サービスを提供する測量会社。
2014年よりドローンによる空中写真測量を開始、2016年より「YellowScan」社のドローン搭載型近赤外線レーザースキャナーを導入して三次元測量サービスを開始後、約5年で全国47都道府県で450件を超える計測実績を有する。現場計測からデータ処理までのワンストップサービス提供業者としての実績は国内トップクラス。
2016年熊本地震、2017年九州北部豪雨災害、2018年西日本豪雨災害、2019年台風19号、2020年令和2年豪雨などの被災状況の測量の他、ICT活用工事における起工・出来形3次元測量・3次元設計データ作成、太陽光発電所用地の広大地測量、森林計測など様々な方面での業務依頼有り。
ドローン搭載型近赤外線レーザースキャナーの他、ドローン搭載型グリーンレーザースキャナー、ドローン搭載型・ハンドヘルド型SLAMレーザースキャナーを随時導入し、計測実績も重ねている。
2022年より有人ヘリコプターによる3次元計測サービスの開始予定。
事業内容:測量(一般測量・工事測量)・調査・設計
ドローン事業(レーザー測量・空中写真測量・データ処理・図面作成・ICT起工・出来形測量・3次元設計データ作成・機器販売・操縦指導・修理メンテナンス)
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Ace-1 >
  3. 【株式会社Ace-1】ヨーロッパ発の産業ドローンメーカー「Acecore Technologies」のドローン取り扱い開始