予測市場で従業員が持つ情報・意見でビジネスの先を見通す。日本初の本格的社内予測市場サービスCROPをリリースしました!

株式会社Crop(代表取締役 古澤優也, URL:https://www.crop-predictionmarket.com)は、日本初の本格的社内予測市場サービス「CROP」(クロップ)をリリースしました。CROPは予測市場を用いて、従業員が持っている情報・暗黙知からビジネスにとって重要な出来事・指標を予測し、企業の意思決定支援を行います。正確かつリアルタイムの予測を行うことができ、新製品のアイデア検証、製品の売り上げ予測、新規事業の進捗予測などに活用可能です。

 

URL:https://www.crop-predictionmarket.com

従業員たちは日々顧客と接することによって様々な経験・知識・情報を蓄積しています。それらはビジネスにとって重要であるにもかかわらず、多くの企業が活用できていません。CROPは予測市場を用いることによって従業員のもつ情報・暗黙知を「予測」という形で集約・可視化し、企業の意思決定に活用することを可能にします。

予測市場は集合知と市場メカニズムを用いて将来の出来事を予測するもので、主に工学や経済学での研究対象です。証券化された予測を取引することによって予測を行うもので、AIとは異なり予測にデータを必要としません。多くの実証研究から予測市場による予測はアンケートや専門家よりも正確であることが知られています。

CROPはデザインされたメカニズムにより従業員のもつ情報を集約し、ビジネスにとって重要な予測を行います。例えば製品がどのくらい売れるかを予測する場合、今までは活用されていなかった営業担当がお客様から得られる反応や情報をCROPを使って集約することで正確な予測を得ることができ、マーケティング戦略の変更・修正につなげることができます。その他、新製品のアイデア検証や新規事業の進捗予測、ライバル企業の戦略予測などをCROPを用いることで予測することができます。


【CROPの利点】
1. 正確な予測
CROPはアンケートよりも正確な情報を提供します。アンケートは多くの場合、回答者が真面目に・正直に回答しないため従業員の持つ情報を効果的に集約することができません。一方でCROPはデザインされたインセンティブ設計により、ユーザーが正直に情報を提供することを促します。

2. リアルタイムの予測
CROPは常に最新の予測を提供します。ニュースなど新しい情報があった場合それに応じて即座に予測が変化していくことが期待されます。

3. 簡単な導入・簡単な操作
アカウントを発行するだけで簡単に社内に導入することができます。また、ユーザー(従業員)はスマホやPC上の簡単な操作で予測に参加することができるため、通常の業務に支障をきたすことなく導入することができます。


【株式会社Cropについて】

 


株式会社Cropは、「予測市場で世の中の意思決定を効率的に」という目標の下、予測市場の運営・開発・研究を行う日本で唯一の企業です。
社内予測市場サービスCROPをリリースし、予測市場を用いた企業の意思決定支援を行ます。
所在地:東京、渋谷
代表者:代表取締役 古澤優也
事業内容:予測市場ソフトウェア・webサービスの開発・販売・運営
URL:https://www.crop-predictionmarket.com/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Crop >
  3. 予測市場で従業員が持つ情報・意見でビジネスの先を見通す。日本初の本格的社内予測市場サービスCROPをリリースしました!