犬と子どもがつながる日「アップサイクル ドッグウェア プロジェクト」始動!

〜子どもの古着を犬服へ循環するサステナブルな企画〜

合同会社enkara(本社:東京都板橋区、代表:井手香織、以下「enkara」)は、2019年5月”犬を知る”をアップデートし、犬と人のより良い未来の形の実現を目指す!をミッションに、第1弾のアクションとしてWEBメディア(https://www.enkara.jp/)をリリースしました。本企画は、不要になった古着の子ども服を子どもたちから回収し、クリエイターがドッグウェアへ蘇らせ新たな価値として循環させるプロジェクトです。

 

【プロジェクト背景】

enkaraでは、全てにおいて循環サイクルを目指しています。
衣類のリサイクルもその1つ。
日本人は年間10kgの洋服を買い9kgの洋服を捨てているという現状も踏まえて、循環型社会に寄与すること、そしてあっという間にサイズアウトする子ども服の再利用を考えました。

まだ着用できる衣類なら、きれいに整えて小さな子がリユースするのが一番!
ただ、擦り切れたり、少し破れてしまった、汚れていないのに誰かに譲ることもできない行き場のない子ども服がたくさんあることに着目しました。
不要になった子ども服を回収し、アップサイクルしてドッグウェアを作るプロジェクトを定期スタートします。
 

【プロジェクト目的】

犬を取り巻く多くの社会問題を解決するとき、私たちが何よりも大切だと考えることの1つに子どもと犬の関係性の向上があります。
日頃、犬とふれあうことのない子どもたちにも自分の着ていた服を犬に譲るという体験を通じ、原体験として犬とのつながりを体感してもらうことを目的としています。
また今回のアップサイクルプロジェクトを通じ、不要になったものが新たな価値を生む工程を実体験することでモノを大切にする感覚も同時に築きます。
循環に関心を持つ人が増え、保護犬や譲渡犬を迎えることがあたり前の選択となることを目指します。
 

【第1回イベントレポート】

2019年12月1日(日)都内において子ども服回収イベントを行いました。
今回、Tシャツ・ズボン・ロンパースなど合計59点のご協力をいただきました。
回収にご協力いただいたお子さまには、今後WEBで回収→縫製→犬服になるまでの工程を体感していただく仕組みを通し、循環を実体験できます。
▶︎回収日レポート記事
https://www.enkara.jp/20191204-jouhou-09/
 

【今後のプロジェクトの活動予定】
プロジェクト専用ページより、回収した服の流れを確認することが出来ます。
2020年1月、新しい価値として生まれ変わったドッグウェアを紹介します。
次回子ども服回収日は、2020年3月1日(日)都内を予定しています。


▶︎enkaraアップサイクルドッグウェア プロジェクトページ
https://www.enkara.jp/upcycledogwear/
 

「犬と暮らす子どもたちのストーリー」連載スタート!
犬と暮らす子ども達のストーリーを綴った「ドッグ×キッズ」。
子どもたちのピュアな言葉でありのままの日常をお届けします。
https://www.enkara.jp/dogskids/
 

【合同会社enkaraについて】
”犬を知る”をアップデート!をミッションとして活動する『enkara(エンカラ)』は、
今までの知識の上での犬のあたり前が新しい情報を知ることで変化し、より豊かな関わりで人と本質的に繋がり、共に生きる姿を目指したプロジェクトを運営。
ミッションの実現へ向けて事業展開をしています。


【会社概要】
会社名 : 合同会社enkara
所在地 : 174-0072 東京都板橋区南常盤台1丁目11番6号

代表者 : 井手 香織
設立    : 2019年9月
事業内容 : インターネットサービス事業全般
URL: https://www.enkara.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社enkara >
  3. 犬と子どもがつながる日「アップサイクル ドッグウェア プロジェクト」始動!