最新鋭のプラネタリウムを備えた科学館が港区虎ノ門に誕生

「港区立みなと科学館」は6月15日全館オープンしました

港区立みなと科学館(所在地:港区虎ノ門 館長:布施直人)は、令和2年6月15日、全館オープンいたしました。当初、令和2年4月1日の開館を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開館を延期。その後、6月1日より常設展示コーナー・多目的ロビーを開放して参りましたが、プラネタリウムは感染拡大防止策を施し、本日から運用を開始いたしました。
港区は、歴史と国際性が豊かな都市であり、先端的な研究や様々な技術を持つ企業が集積しています。
みなと科学館では、この特徴を活かして、子どもたちをはじめとする人々を対象として、世界で活躍していく人材を、活動を通じて輩出していきたいと考えています。そのために区の理科教育の体験学習機能だけでなく、都会の真ん中で科学や技術をテーマとした新しいコミュニケーションの場として科学館を運営します。みなと科学館を区民の誇る「知の拠点」とし、地域の人々と共に科学体験や文化活動を行います。この交流によるさらなる地域活性化にも関わり、地域ブランドを高める活動へ繋げることに取り組みます。
 


館内ご紹介

【常設展示コーナー~知る・発見する(1階)】
1階の常設展示コーナーは、「まちの中にも科学ってあるの?!」「近所や家にもあるの?!」という驚きにばったり出会える場所を目指しています。コンセプトは「“まちに息づく科学“の発見と探究」 。テーマは、「しぜん」「まち」「うみ」「わたし」の4つです。常設展示コーナーの中央にはオリジナルコンテンツ「みなと・クエストMAP」が設置されており、港区の地形を模した大型スクリーンで、港区の自然や地形、インフラや交通などの情報を展開するデジタルマップモードが搭載されています。
※現在は感染拡大防止のため、一部のハンズオン展示を休止しています。


【プラネタリウムホール~観る・驚く(2階)】
ドーム直径15m、座席数121席を完備しています。年間4回以上観覧される方にはお得な、「年間利用券(メンバーズカード)」もご用意しております。(料金:大人1回600円・年間利用券2,000円、小学校・中学校・高校生1回100円・年間利用券300円)。ドームには最新鋭の光学式投影機「オルフェウス/ORPHEUS」を設置。800万個を超える美しい星空と、4Kデジタルで楽しむ臨場感あふれる映像とともに、解説員が季節の星や、旬の話題をお届けします。
※現在は感染拡大防止のため、席数を制限しています。


【実験室~創る・探究する(1階)】
学校での学びを支援する理科実験や工作が行える実験室(席数:40)を整備しました。身の回りの不思議な現象を体験する実験教室やロボット・プログラミング教室のみならず、ものづくりの楽しさを味わうワークショップなど、好奇心や創造性を育む活動プログラムを提供します。
※現在は感染拡大防止のため、実験室でのイベント等は中止しています。


【多目的ロビー~出会う・気づく(1階)】
科学との出会いの場となれるような企画展示や、先端科学技術と人々が交流できる場所となります。

 

なお、当面の間、感染拡大防止のため入館を予約制(先着)としています。
・入館は1回120分・1日3回の入替制となります。
・1回の定員は50名(プラネタリウムの定員は30名)となります。
・ご予約はお電話にてお受けしております。(03-6381-5041)
詳しくはみなと科学館公式ホームページでお知らせします。https://minato-kagaku.tokyo/


●港区立みなと科学館概要●
所在地:東京都港区虎ノ門3-6-9
開館時間:9:00〜20:00(プラネタリウム最終投影19:00開始、最終入場時間19:30)
※現在、コロナウイルス感染症拡大防止のため、入館制限を行っています。
休館日:毎月第二月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日) ※臨時休館日あり
入館料:施設内入場は無料 プラネタリウムのみ有料 一般投影(1回分)大人600円/小・中・高100円
公式HP: https://minato-kagaku.tokyo/
公式twitter:@minato_kagaku

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 港区立みなと科学館 >
  3. 最新鋭のプラネタリウムを備えた科学館が港区虎ノ門に誕生