政治家向けプラットフォーム「スマート選挙」を提供する株式会社センキョが、前澤ファンドから資金調達

政治家向けプラットフォーム「スマート選挙」を提供する株式会社センキョ(本社:東京都港区、代表取締役:堀浩之、以下 センキョ)は、株式会社前澤ファンド(本社:東京都港区、代表取締役:前澤友作、以下 前澤ファンド)の審査に通過し、資金調達を実施することをお知らせします。
 


【前澤ファンドについて】
「前澤ファンド」は、「社会課題の解決」や「趣味の追求」を事業テーマに掲げる起業家や団体に対して出資をおこなう株式会社として、前澤友作氏の個⼈資産をもとに総額100億円規模の投資をすることを⽬的に設⽴されました。
今回、前澤ファンドには4,331件もの応募があり、結果として13の事業(計14社、⾃社事業含む)に出資が決定し、センキョもその1社として採択されました。

【センキョについて】
センキョは「民主主義をもっとスマートに、日本をもっとワクワクする国に」を合言葉に、政治家の選挙・政治活動支援プラットフォーム「スマート選挙」を提供しています。

【スマート選挙とは】
スマート選挙は、選挙・政治活動をスマートに支援するプラットフォームです。クラウドで名簿管理ができ、ゼンリン住宅地図対応のモバイル選挙マップで名簿管理から検索、地図操作なども可能です。また、特別な日を通知するイベントリマインダーや活動記録&可視化する選挙活動管理機能などで選挙活動の見える化をサポートします。セキュリティ面でも、不正アクセスや情報漏洩対策を施したサーバーを利用し、データの通信を暗号化、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みを導入するなど、大切な名簿情報を安心して管理することができます。現在、衆議院・参議院・都道府県議・市長・市区町議などに幅広く利用されています。2019年の地方統一選挙では、新人を含む利用ユーザーの約90%が当選し、業界注目のプラットフォームとなっています。

スマート選挙公式サイト: https://smartsenkyo.com/

【会社概要】
会社名:株式会社センキョ
所在地:東京都港区麻布十番3-6-2
設立:2019年9月
代表者:堀 浩之
資本金:55,090,000円(資本準備金含む・2020年8月末時点)
事業内容:政治家向けプラットフォーム「スマート選挙」の企画・開発・運営

【本件に関するお問合せ先】
株式会社センキョ
広報担当: 東森
e-mail: pr@senkyo.co
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社センキョ >
  3. 政治家向けプラットフォーム「スマート選挙」を提供する株式会社センキョが、前澤ファンドから資金調達