【11月12日14:30開始/日本橋 三四四会主催】続くコロナ禍で苦しむ生産者、生産地を応援するメディア様向けイベントを開催《参加メディア募集》

農林水産省が呼びかける「#元気いただきますプロジェクト」に賛同して開催するキャンペーンのオープニングイベントです。オンライン取材も可能です。

2020年11月12日(木)〜11月28日(土)の期間で、日本橋をおいしく、楽しむことができる特別キャンペーンを実施いたします。それに伴い開催する、日本橋の若旦那衆がコロナ禍のいま、これからを本音で語るオープニングイベント(11月12日開催)にご参加いただけるメディアのみなさまを募集いたします。
2020年11月12日(木)〜11月28日(土)の期間で、日本橋をおいしく、楽しむことができる特別キャンペーンを実施いたします。それに伴い開催する、日本橋の若旦那衆が集まるオープニングイベント(11月12日開催)にご参加いただけるメディアのみなさまを募集いたします。イベント当日は、日本橋の老舗の若旦那と豊洲市場の仲卸のキーパーソンが、「コロナ禍で日本の食材がどういう状況になっているのか」「生産地・生産者はどのような状況なのか?」「飲食店や市場はどうなっているのか」などの現場の状況を本音で語るとともに、江戸から伝わる料理技法や食文化についてご披露します。イベントの概要は以下をご覧ください。

【イベント名】日本橋×豊洲 江戸の食文化、その真髄と新常識
【開催日時】2020年11月12日(木)14:30~ (受付開始/14:10予定)
【当日のプログラム】
14:10 受付開始
14:20 メディアブリーフィング
14:30 開始・主催者挨拶
14:40 トークセッション
<セッション内容>
第一部:withコロナ・afterコロナから見る、日本の食材・資源について
第二部:日本橋の若旦那たちが語る江戸の食文化
<登壇者>
パネリスト:湧井浩之氏(大江戸/うなぎ)、𠮷野正敏氏(𠮷野鮨本店/寿司)
宮本尚樹氏(伊勢重/すきやき)、加嶋一幸氏(まぐろ内藤/マグロ卸)
MC:岩本公宏氏(日本橋いづもや/うなぎ)
15:20 実演(寿司の握り)
<実演>
𠮷野正敏氏(𠮷野鮨本店/寿司)、寳井英晴氏(蛇の市本店/寿司)
15:40 キャンペーンご紹介
15:45 終わりの言葉
15:50 終了
※ゲストYouTuber=Tabieatsほか
※なお、都合によりプログラムの内容が変更となる場合がございますが、ご了承くださいませ。
【会場】日本橋Flatto
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1丁目4−12 カネダ日本橋センタービルディング1階
https://www.flatto-nihonbashi.jp/
【参加費】無料
【参加方法】
当日会場へ来場しての取材、オンラインでのライブ配信取材、どちらも選択いただけます。
下記応募フォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/6M2pVCQDb8wrfYgY7
【応募締め切り】11月11日(水)17:00
【会場協力】三井不動産株式会社
【協力】マルコメ株式会社
【イベント参加特典】当日お越しいただきましたメディアの皆様には手土産品をご用意しております。
【問い合わせ先】
株式会社SHISEILABO
operation@shisei-labo.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SHISEILABO >
  3. 【11月12日14:30開始/日本橋 三四四会主催】続くコロナ禍で苦しむ生産者、生産地を応援するメディア様向けイベントを開催《参加メディア募集》