自由に描けばイイじゃない!日本初・24時間レンタルアトリエ WAD オープン!

こだわりの食空間 D’s coffee D's kitchen  併設

コロナ禍でおうち時間が見直されている今「絵を描くこと」への熱も一部で高まっています。大きくダイナミックな絵が描きたい、公募展に大型作品を出品したい、もう一度、若い頃のように好きなことに没頭したい、それらの想いを叶えるべく「WAD」は2021年9月世田谷区経堂の閑静な住宅街の一角に24時間いつでも自由に描ける日本初のアトリエレンタルスペースとしてOPENしました。油絵、アクリル画、水彩画、グラフィティアートなどはもちろん、戯曲、書道といった大作の創作の場としてもご活用可能です。またこだわりの食空間であるD’s も併設しました。

■WADについて                            ※表示の価格は全て税別です

きっかけは「自宅では大きな作品を思い切り描けない」というある画家の一言でした。大きなアトリエを持つことは誰でも憧れるものの、実際に自宅にそのようなスペースを持てる絵描きはごく僅かです。多くは数人で一軒家を借りたり、作業スペースとして別に借りたりしています。声を拾ってみると、狭い自室ではダイナミックな絵が描けない、創作だけに集中できる専用スペースが欲しい、公募展に大型作品を出品したい、卒業制作が迫っている。もう一度若い頃のように好きなことに没頭したい、と様々でした。そこで、24時間いつでも絵が描けるスペースであるWADは誕生しました。WADはWriting・Atelier・Drawingの頭文字から名付けられました。敷地面積64㎡、天井高3120mmの大空間には、超大型キャンパスF150号(2273mm×1818mm)を横に3枚並べてもまだ余裕がある他、離れて全体像を見るためのスペースも十分に確保。油絵、アクリル画、水彩画、グラフィティアートなどはもちろん、戯曲、書道といった大作の創作の場としてもご活用可能です。イーゼルや作業台の使用は無料、作品の乾燥や保管および道具の保管場所まで全てにおいて使用者の視点に立った便利で快適な空間となっています。
(入会金10,000円、設備維持費3,000円、使い放題プラン1月30,000円、時間貸しプラン800円、個人ロッカー2,000円他)


<WAD の特徴>

①  24時間オープン

②  イーゼル・作業台使用無料

③  作品乾燥及び保管スペース・ロッカー有り

 
■D’sについて (D’s coffee/D’s kitchen)           ※表示の価格は全て税別です

カフェで友人と話す時間が好き・・・いつかカフェを開きたい!という夢がオーナーにはありました。それがWADをオープンするにあたり数々の偶然がきっかけで、またコロナにより形を変えてテイクアウト&デリバリーで実現することとなりました。紆余曲折を経て九州のmanu cofeeや日光四代目徳次郎の天然氷との出会い。添加物や農薬を排除し自然の力や旨みでカラダに良いものだけを使用したクラフトコーラやサンドウィッチ、お惣菜などが並び、Daily・Delightfully・Delicious・Deliverからなる毎日を楽しく健康と美味しいを届けるD’sとして提供しています。コロナ禍における宅飲みや宅食ニーズにきめ細かく対応するほか、高齢化が進む地域社会を飲食の側面から支える各種メニューやサービスも開発中です。
(クジラブレンドコーヒー、水出しコーヒー各600円、クラフトビール各種1,000円、日光四代目徳次郎の氷使用ウイスキー各種700円より、八丁味噌かき氷1,300円、U sand(ローストビーフ&ポーク)800円 唐揚げ400円他)

 

 

 

 

 

 


■店舗概要

店舗名:WAD/D‘s coffee    

所在地:〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-41-21 1F  ※小田急線経堂駅徒歩約8分

WAD休館日:5日・15日・25日 (D‘S 不定休)  
※WADは24時間OPEN D’s coffeeは11時~20時OPENです。

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Go-on >
  3. 自由に描けばイイじゃない!日本初・24時間レンタルアトリエ WAD オープン!