プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

一般財団法人 日本GAP協会
会社概要

「シンポジウムGAP Japan 2023 - 農業の持続可能性とGAP -」11月10日(金)に開催

一般財団法人日本GAP協会(住所:東京都千代田区、代表理事:荻野宏)は、日本最大級のGAPシンポジウム「GAP Japan 2023 」を11月10日に開催します。

一般財団法人 日本GAP協会

今年のテーマは、≪農業の持続可能性とGAP≫
持続可能な農業、それは私たちの未来につながる鍵です。

「GAP Japan 2023 」では、持続可能な農業の実現に向けた最新のトピックや取り組み、また今年はGHG(温室効果ガス)削減の話題もあり、最先端の取組事例が発表されます。
ぜひこの機会に、持続可能な農業への情熱を共有し、未来につなぐ一端を担ってください。

詳細は、こちらへ
https://jgap.jp/gapjapan2023/index.html

一般財団法人日本GAP協会(住所:東京都千代田区、代表理事:荻野宏)は、日本最大級のGAPシンポジウム「GAP Japan 2023 」を11月10日に開催します。

https://jgap.jp/gapjapan2023/index.html


【プログラム】<敬称略>

 ■オープニング 本シンポジウムのテーマとJGAP/ASIAGAPの展開方向 

  荻野 宏(日本GAP協会)

 ■基調講演 -GAPで実践する温室効果ガスの削減-

  ▸講演1:世界の脱炭素に関する潮流

       針原 寿朗(住友商事株式会社)

  ▸講演2:温室効果ガス削減に関する農林水産分野の取り組み、事業者による取り組みの概要

       久保 牧衣子(農林水産省)、山口 力(株式会社サンプラザ)

       利根川 卓也(株式会社クボタ)、渡辺 拓也(ウォーターセル株式会社)

  ▸講演3:JGAP2022における温室効果ガス削減等に関する管理点

  ▸講演者によるパネルトーク

       モデレーター 武田 泰明(日本GAP協会)

 ■特別講演 -農林水産省におけるGAP推進施策と大阪・関西万博の調達コード-

   松本 賢英(農林水産省)、黒川 広治(2025年日本国際博覧会協会)

 ■GAPの取組事例発表

  ▸コンビニデイリーメーカーとしてのGAP認証農産物調達の取り組み

   加藤 友太(プライムデリカ株式会社)

  ▸三重県の国際水準GAP支援制度について

   石山 宗周(三重県)

 ■GAP Japan アワード 2023 -表彰式、受賞者による記念講演-

  ▸コストコホールセールジャパン株式会社

  ▸徳島県 農林水産部畜産振興課


※シンポジウム終了後、懇親会を開催いたします。会場参加の皆様は、ご自由に参加いただけます。

 JGAP認証の農畜産物で作られたお料理を用意していますので、会場へのご参加をお待ちしております。

   (イメージ画像です。実際のメニューとは異なります)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
東京都江東区イベント会場
関連リンク
https://jgap.jp/gapjapan2023/index.html
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

一般財団法人 日本GAP協会

1フォロワー

RSS
URL
https://jgap.jp/
業種
財団法人・社団法人・宗教法人
本社所在地
東京都千代田区紀尾井町3-29
電話番号
03-5215-1112
代表者名
荻野 宏
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード