元禄時代の造りを再現した勝山「元」モダンなデザインでリニューアル

この度、ザインを一新し、容量と価格を抑えて7月にリニューアルいたします。基本コンセプトは変えず、よりお客様のニーズにお応えして、内容量を使いやすい500mlに変更し、ボトルはスリムな形状を採用。化粧箱は立体感のあるモダンな作りに仕上げ、様々なシーンにご利用いただけます。

 

仙台伊達家御用蔵 勝山(かつやま)
純米大吟醸 元(げん)

貴腐ワインのような高貴なる甘さは、まさに液体の宝石。元禄時代の
酒造りをベースに現代の技術で造り上げました。豊富な旨味成分に
より、濃厚なフォアグラ料理や肉料理、チーズやデザートに最高の
マリアージュがお楽しみ頂けます。

原材料:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:50%、
アルコール:15 度
内容量:500ml、要冷蔵
一般小売価格7,000円(消費税別)
発売日:2016年7月上旬
販売先:一部酒販店、百貨店、
勝山オンラインショップ http://www.katsuyama-shop.jp 


仙台伊達家御用蔵 勝山 勝山は元禄年間に伊達政宗公を藩祖とする伊達家62万石の城下町仙台にて創業して以来、 320年以上の間、仙台を代表する銘酒醸造元でございます。安政4年に伊達家より御酒御用 蔵を拝命し、現在では宮城県で現存する唯一の伊達家御酒御用蔵であり、技術的模範とし て御用蔵の暖簾を今に守り続けております。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 仙台伊澤家 勝山酒造株式会社 >
  3. 元禄時代の造りを再現した勝山「元」モダンなデザインでリニューアル