九電テクノシステムズ、ECHONET Lite普及拡大に向けてVPP向け「200V機器用スイッチ(計測機能付)」を発売

〜100Vと200V対応、制御機能・電力計測機能搭載、開閉器・CTを替えることで多様な負荷容量に対応可能~

九電テクノシステムズ株式会社(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:小野 利喜)は、エネルギーマネジメントシステムであるVPP(バーチャルパワープラント)向けの「200V機器用スイッチ(計測器機能付)」を、2020年2月から販売開始いたします。

 

 

 

 

  • VPP向け「200V機器用スイッチ(計測機能付)」の特徴と機能
​VPP向け「200V機器用スイッチ(計測機能付)は、現在も行われている『宮古市島しょ型スマートコミュニティ実証事業』で、採用された装置を改良、製品化しました。VPP制御の標準的な通信仕様であるECHONET Lite通信により電気温水器やEV用充電器等の大容量負荷の制御及び電力計測を行います。
VPPシステムにおける制御対象機器には100V電源と200V電源があり、当社調査によれば200V電源対応のスイッチは現存していませんが、本装置はいずれにも対応しています。しかも、外付けの開閉器やCTを取り替えることで多様な負荷容量に対応が可能です。
《機能》
①計測機能
  ・電力計測 精度±5%
  ・CT電流計測範囲 ~30A(付属)
②制御機能
  ・出力点数1点
  ・内蔵リレーは常時励磁方式(復電時は必ずOFFで起動)
③通信機能
  ・ゲートウェイと有線LANで接続
   通信プロトコルは、ECHONET Lite(電力量センサークラス、スイッチクラスを実装)
  • 誕生の背景
前出の宮古島実証を実施する企業様よりECHONET Liteの通信仕様で電気温水器の電源制御(ON/OFF)や電力計測ができる装置を探すなかで、当社の家庭向けスマート電源タップ「エネキューブ」の存在を知り、問い合わせをいただいたことに端を発します。その後の交渉で当社製品であるエネキューブを改造した装置を開発し、2018年度実証試験に投入、さらに2019年度実証事業用に量産することになりました。
  • 今後の課題と展望
VPPやその他のエネルギーマネジメント事業(DRやV2X)を行う際に、どのようにして負荷制御するかが課題となっています。しかし本装置を利用すれば様々な機器をECHONET Lite通信で制御・計測が可能となります。このことからVPPやエネルギーマネジメント市場の進展に伴い、本装置に対するニーズが高くなると私たちは考えております。
  • 製品概要
製 品 名:計測機能付100/200Vスイッチ
発売開始日:2020年2月(予定)
販売価格 :調整中
販 売 店:当面の間直販
本体サイズ:約100mm(W)×100mm(H)×40mm(D)
製品重量 :500g程度


【会社概要】

 

会社名:九電テクノシステムズ株式会社
所在地:福岡県福岡市南区清水四丁目19番18号
代表取締役社長:小野 利喜
設立:1960年7月
URL:https://www.q-tecno.co.jp
事業内容:電気機械器具製造業、電気工事業

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 九電テクノシステムズ株式会社 >
  3. 九電テクノシステムズ、ECHONET Lite普及拡大に向けてVPP向け「200V機器用スイッチ(計測機能付)」を発売