和食を”リ・デザイン“し、新しい和食文化でおもてなし「808 TOKYO(ハチマルハチ トーキョー)」金沢の郷土料理“治部煮”をフランス料理風に!夏の旬食材を目と舌で愉しめるコースを好評提供中

 株式会社Holyday(本社:東京都港区)が展開する 「808 TOKYO(ハチマルハチ トウキョー)」は、今まさに旬を
迎えた夏の食材をたっぷり使ったコースを提供しています。

 2017年6月にグランドオープンした「808 TOKYO」は“WASHOKU RE DESIGN”をテーマに、既成概念にとらわれない和食を提供するお店です。古き良き和の伝統を重んじつつも、文化や時代を敏感にとらえ、現代を生きる皆様の五感を刺激し満足させる、新しい食の愉しみ方をご提案しています。

 当店のメニューは、月替わりの「季節のおまかせ(¥10,000)」1コースのみとなっております。
7月の「季節のおまかせ」コースでは、フランスの伝統的なベシャメルソースを絡めた国産黒毛和牛の治部煮や、旬である花ズッキーニを使用した真丈など、斬新で美しいお料理をご用意いたしました。

 「808TOKYO」では、会席料理では欠かせない先付、お凌ぎ、お椀…といった決められた献立や順序はありませんので、和食本来の流れや作法にとらわれない“リ・デザイン”された和食をお楽しみください。


<7月の「季節のおまかせ」コース メニュー例>
1.国産黒毛和牛の治部煮 無花果 ベシャメルソース

金沢の郷土料理である治部煮と旬のイチジクを
フランスの伝統的な白ソースであるベシャメルソースを和えました。
ジャガイモのフリットのサクサク感も楽しめる一品です。
日本料理とフランス料理の新たなコラボレーションをお召し上がりください。

2.花ズッキーニ真丈

旬を迎えたズッキーニの花に、海老の真丈をつめました。
海老の歯ごたえが楽しめる、色鮮やかな夏らしい一品となっております。

3.牛タンしゃぶしゃぶ 雲丹 椎茸

昆布締めにした牛タンを、しゃぶしゃぶにし、出汁に浸しました。
雲丹と椎茸と共に柔らかいお肉をお楽しみください。

4.焼物 鮎うるか 蓼ソースと土佐酢の泡

鮎はワタと骨を抜き、そのワタを使用したタレに一晩漬けて焼き上げました。
タレと土佐酢でつくられた泡が美しい一品です。
 


料理と一緒に楽しみたいお酒は、
ペアリング(5,000円)も可能です。

常時60種類のお酒の中から、
お料理にぴったりの一杯をご提供します。



※写真は一例です。メニュー詳細につきましては、ご予約の際にお尋ねください。
※当日15時までの完全ご予約制となっております。
※別途消費税、サービス料を頂戴いたします。


<店舗概要>
■店名   : 808 TOKYO (ハチマルハチトウキョー)
■住所   : 東京都港区西麻布1-1-1 エッジビル2階
■電話番号 : 03-6804-6543
■営業時間 : 17:00~23:00
■定休日  : 日曜、祝日
■客席   : 38 席
■URL  : http://808tokyo.com/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Holyday >
  3. 和食を”リ・デザイン“し、新しい和食文化でおもてなし「808 TOKYO(ハチマルハチ トーキョー)」金沢の郷土料理“治部煮”をフランス料理風に!夏の旬食材を目と舌で愉しめるコースを好評提供中