『DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017』メインカンファレンス11月13日(月)開幕!

日本最大級!9日間に渡る渋谷区発『多様性社会』をテーマにした都市型サミット/小池百合子氏をはじめ11名の各界イノベーターが登場

 2017年11月13日(月)より明治神宮会館にてダイバーシティと向き合うソリューション&クリエーションサミット『DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017/渋谷多様性社会サミット』メインカンファレンスが開幕いたしました。

 一般財団法人渋谷区観光協会名誉理事長/発起人を務める別所哲也氏による開会宣言を皮切りに、小池百合子都知事ほか10名の登壇者が「多様化する働き方・価値観」について様々な角度から基調講演、パネルディスカッションを行いました。
 


 「新しい東京、新しい日本。多様性と個性を力にする時代」をタイトルにした小池百合子氏の基調講演では、小池氏は「一人一人が持つ個性、活力が東京の持続的な成長をもたらす全ての基礎。都民誰もがいきいきと生活し、活躍できる都市を目指します」と意欲的に語られました。また、渋谷区長・長谷部健氏が登壇したテーマセッション「渋谷未来デザイン構想」では、渋谷区の産学官民連携組織「一般社団法人渋谷未来デザイン」の2018年4月設立に向けたビジョンの発表をし「渋谷を起点に、参画される様々な企業・団体との共創を通して、オープンイノベーションを起こし、今までにない発想とパワーで社会的課題を解決する『渋谷モデル』を構築していきます」と語られました。

 また、14日は「未来をつくるソーシャルイノベーション」、15日は「多様性時代を生きる」をテーマに掲げ、教育、政治、スポーツ、エンタテインメントなど様々な業界で個性を発揮し活躍するイノベータ―総勢25名が登壇し、ダイバーシティ社会の現状と未来についての理解を深め、可能性について議論していきます。
 


■「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017」概要
 渋谷区観光協会が10月20日から11月15日に実施する観光プロモーション施策『スクランブル2017』の枠組みの中で開催する初の取り組み。

 メインカンファレンスと同時期に渋谷ヒカリエやTRUNK HOTEL、ラフォーレ原宿など渋谷区内の商業施設やホールで『ダイバーシティ(多様性)』をテーマとした様々な体験プログラムを実施します。
『ダイバーシティ(多様性)』を、乗り越えなければいけない課題や障害ではなく、新たな気づき・アイディアをもたらすチャンスと捉えることで、ビジネスや社会課題の解決に活かしていくという趣旨の元、世界有数の個性を内包する都市・渋谷区から新しいダイバーシティ社会の可能性やビジネスチャンスを世界へ広めていきます。

日 程   2017年11月7日(火)〜15日(水)
会 場   明治神宮会館ほか渋谷区内の商業施設・ホール等

■「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017」メインカンファレンススケジュール
 


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 実行委員会 >
  3. 『DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017』メインカンファレンス11月13日(月)開幕!