京都・祇園で最大4時間待ちの行列店「ぎょうざ歩兵」が東京初上陸!『餃子歩兵 銀座店』、12月10日(月)ついにオープン!

~オープン初日に提供した餃子は約3000個!2時間待ちの行列に!~

株式会社祇園歩兵(本社:京都市下京区、代表取締役:稲吉史泰)が運営する餃子専門店「餃子歩兵」は、2018年12月10日(月)に『餃子歩兵 銀座店」をオープンいたしました。オープン初日は約170名の方々にお越しいただき、最大2時間待ちの行列に。オープンから営業終了時間の午前3時まで賑わいが途切れることなく、回転率はなんと10回転以上。おかげさまで盛況の内に営業を終えることができました。
 


 餃子専門店「餃子歩兵」は、京都・祇園で暖簾を掲げる「ぎょうざ歩兵」の姉妹店です。「ぎょうざ歩兵」は、2017年、2018年に続き、3年連続で「ミシュランガイド京都・大阪2019」のビブグルマンに選ばれた京都屈指の餃子専門店で、ミシュランを獲得したレストランで腕を振るったシェフが、日本全国をまわり1年半かけて開発した、においを気にせずに食べられる「生姜ぎょうざ」と、ニンニク、ニラが効いたスタンダードな「ぎょうざ」の2種類を提供しています。季節毎に変化する温度・湿度に合わせて配合された素材が成す、カリッと香ばしい小さな羽と、ふんわりと軽い餡とのバランスが絶妙な“ぎょうざ”は、京都・祇園の文化に調和する、まさにガストロノミーな餃子。小振りでさっと食べられる上品な餃子として、舞妓さんや芸妓さんをはじめとする地元の方々から、国内外の観光客まで広く評判を呼び、現在では最大4時間待ちとなるほどに人気を博しています。
 


 「餃子歩兵 銀座店」のコンセプトは、“行きつけにしたい、こなれた小京都”。祇園本店と同じく目印は赤い暖簾と格子の引き戸で、店内は白木を基調とした昔から存在していたかのような馴染みのある雰囲気です。カウンター席では、オープンキッチンならではのライブ感もお楽しみいただくことができ、銀座の街で肩肘張らずに楽しめる空間を演出しております。ぎょうざ歩兵は、その上品な味わいと温かな空間からお酒を楽しんだ後にふらりと立ち寄ってくださる方が多く、「祇園で飲んだら〆は歩兵」と言われるほど。銀座店も、お酒とともに楽しんでいただくことはもちろん、飲んだ後に気軽にふらりと立ち寄れるような皆様に愛されるお店となれるよう、邁進していく所存です。

 創業当時わずか6席の小さな餃子店から、一歩一歩前へ進む将棋の駒「歩兵」のように、今日まで着実に歩を進めてまいりました。来春にはパリへの出店が決定、続いて東京2号店、名古屋への出店も計画中です。今後の展開にもぜひご期待ください。

 
  • オープン当日インタビュー
<株式会社 祇園歩兵 代表取締役 稲吉史泰のコメント>
歩兵の餃子は京都生まれ。2011年、祇園町北側に、わずか6席の小さなお店からスタートした本店は、今や「ミシュランガイド京都・大阪版」のビブグルマンに選出され、行列のできるお店に成長しました。そしてこの度、歩兵の餃子は京都から東京へ。奇しくも明治維新150年の記念の年に、大きな一歩を踏み出す運びとなりました。
銀座店オープン初日、たくさんの方々に足を運んでいただき、創業当初からの悲願でもあった東京の地で自慢の“ぎょうざ”を楽しんでいただけたことを非常に嬉しく思っております。
自転車や徒歩で巡れるほどの小さな範囲に繊細な魅力が詰まった京都のまちのように、歩兵の餃子にも、薄くて小さな皮に餡とうま味が凝縮されています。小粒だけど忘れられない、あっさりしているけれど、やみつきになる。そんな自慢の餃子を是非楽しんでいただければと思います。
「歩兵」の名の通り、日々一歩一歩前進してまいりますので、今後の展開にも是非ご注目ください。

<来店されたお客さまのコメント(東京都在住/20代女性/会社員)>
仕事終わりに職場の同僚と利用しました。予想以上に並んでいて驚きました。食べた瞬間に口いっぱい生姜の香りが広がる“生姜ぎょうざ”、初めて食べる味でした。甘辛い味噌だれとの相性も抜群で、やみつきになりますね。一口でパクっと食べられるので、一度も口紅を気にすることがなく、女性に優しいお店だなあと思いました。

<来店されたお客さまのコメント(東京都在住/30代男性/会社員)>
SNSで紹介されている記事をみて、今日のオープンを楽しみにしていました。普段から餃子が好きで、餃子専門店をめぐっているのですが、歩兵さんの餃子はあっさり軽くて、何個でも食べられちゃいますね。記事を見た時は女性向けなのかなあとも思ったのですが、ニンニク、ニラが入っている“ぎょうざ”は思ったよりもパンチがきいていて、男性でも満足感たっぷり。ついつい食べすぎてしまいました。

<来店されたお客さまのコメント(埼玉県在住/40代女性/主婦)>
たまたま通りがかったら行列ができていたので並んでみました。スタッフの方がとても気さくで、居心地の良い時間を過ごすことができました。目の前がキッチンなので餃子を焼いている姿が見えるのが良いですね。餃子をジュっと焼く音に食欲がそそりました。奥にボックス席もあるそうなので、今度ゆっくり家族でも利用したいです。

 
  • 餃子歩兵 銀座店 メニュー詳細
■メインメニュー
・生姜ぎょうざ        480円
生姜の香りが口いっぱいに広がる餃子。ニンニク、ニラを一切使用していないので、においが気になる女性や接客業の方にも人気です。

・ぎょうざ           480円
ニンニク、ニラの効いた王道の餃子。パリッとした薄皮と野菜たっぷりの餡のバランスが絶妙な満足感のある餃子です。

■サイドメニュー
・壺きゅうり          350円
ごま油であえた一口サイズのきゅうり。餃子を待つ間にお酒のアテにちょうど良いおつまみです。

・ポテトサラダ              400円
口当たりの良いじゃが芋の風味を存分に活かした自家製ポテトサラダ。ワインと合わせてもおいしく召し上がっていただけます。

・肉味噌もやし             450円
甘辛い自家製肉味噌にもやしの食感がマッチした箸が進む一品です。お好みでお酢をかけてどうぞ。

・鬼しじみのエスプレッソ    350円
お店毎に抽出したしじみの美味しさがギュっと詰まったオリジナルスープ。これを目当てにご来店くださる方がいらっしゃるほど人気の逸品です。

・鶏と生姜のスープ            450円
生姜が効いた身体に優しいスープ。鶏肉がゴロゴロ入っており食べごたえもある、〆にぴったりの一品です。

■ドリンクメニュー
アサヒ スーパードライ 生ビール 550円 / サッポロラガー(赤星) 580円 / キリン一番搾り 580円 /
アサヒ ドライゼロ 550円 / ブラックニッカハイボール 550円 / 京都伏見 月の桂 稼ぎ頭 750円 /
ヴーヴ・クリコ(ボトル) 12,000円 / 烏龍茶 320円 他


※表記価格は全て税込です。

 
  • 餃子歩兵 銀座店について
店名             :餃子歩兵 銀座店
オープン日     : 2018年12月10日(月)
所在地                  :東京都中央区銀座8-7-9 1階
営業時間             :平日  17:00~翌3:00(L.O. 2:30)
                             土曜  11:00~15:00(L.O. 14:30)/ 17:00~21:00(L.O. 20:30)
電話番号             :03-6274-6960
定休日                  :日曜・祝日
席数                     :16席
店舗面積             :26.6平方メートル
アクセス     :地下鉄銀座線「銀座」駅 A1出口から徒歩7分
                             地下鉄銀座線「新橋」駅 1番出口から徒歩6分
                             JR「新橋」駅より徒歩6分

◆店舗の様子

 
  • 他店舗概要
◆ぎょうざ歩兵
所在地                :京都府京都市東山区清本町373-3
営業時間               :18:00~翌1:00(L.O. 24:30)
電話番号               :075-533-7133
定休日                    :日曜・祝日

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社祇園歩兵 >
  3. 京都・祇園で最大4時間待ちの行列店「ぎょうざ歩兵」が東京初上陸!『餃子歩兵 銀座店』、12月10日(月)ついにオープン!