モレを発見し、その補完力を向上する研修用ゲームをリリース!

ビジネスゲームを使った研修内製化支援を行うカレイドソリューションズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 高橋 興史)は、情報のモレを発見・補完する研修用ゲーム「ザ・ラックファインダー」を2019年5月24日(金)にリリースします。
研修の参加者は、カードに書かれた発言に不足する情報を考え、補うゲームを行います。リアルな事例に数多く触れながら、ビジネスの現場で使える「モレ発見・補完」力が身につくゲーム型のツールです。



【なぜ「モレの発見・補完」なのか?なぜ「モレの発見・補完」なのか?】

「モレに気づけない」ことはよくあります。モレの発見は、難しいものです。「モレなくダブりなく」と併記されがちですが、「ダブり」は見える範囲の情報を整理するのですぐに分かりますが、「モレ」は見える範囲にないので、気づくには訓練が必要です。

 「モレの発見」は新入社員から中堅社員、管理職にも等しく訓練が必要なスキルです。例えば、どんな企画、提案、目標、段取りでも、モレがあればやり直しです。特に、配属直後の新入社員は、全体像がわからず、指示待ちになりがち。これらの解消には、まずは、全体像を見据えた「モレ」の発見、そして、それを補完する行動が求められます。

当社は「モレ」にスポットライトを当て、モレの発見・補完力を鍛える研修用ゲーム「ザ・ラックファインダー」を開発しました。必ずしもビジネスフレームワークの知識を前提とせず、誰にでも取り組みやすいツールです。

 

 

▼情報発見・補完ツール「ザ・ラックファインダー」
https://www.kaleidosolutions.com/support/lackfinder.html


【期待される効果】

情報発見・補完ツール「ザ・ラックファインダー」では、以下の効果が期待できます。
  • 全体像を意識し、モレを探す思考習慣の重要性が分かる
  • モレを探す思考習慣が身につく
  • モレに気づき、補完できる
  • 不足の少ない議論ができるようになる

【活用イメージ】

■ロジカルシンキング研修のツールとして
「モレ」の発見は、ロジカルシンキングの重要な学習項目です。カードに書かれた発言のモレの発見・補完を繰り返すことで、「モレはないか?」を意識する習慣が身につきます。​​​

​■様々な研修に組み込んで
上下間での「ホウレンソウ」や、営業での企画書の作成、事務系の仕事でのプレゼンテーションの作成など、モレがないことが重要な場面は多々あります。マナー研修、企画力研修、プレゼンテーション研修など様々な研修に組み入れられます。

■「ザ・フレームワーカー」と併せて
フレームワーク暗記ツール「ザ・フレームワーカー」(2018年11月にリリース)と連動してご利用頂けます。「ザ・ラックファインダー」は、「ザ・フレームワーカー」での概念理解と暗記した知識のアウトプットにも有効です。「覚えたけれど活用できない…」という「あるある」な状態を「会話の読み替え」によって適用する強力な実践ツールとなります。


▼フレームワーク暗記ツール「ザ・フレームワーカー」
https://www.kaleidosolutions.com/support/framework.html


【仕様】

■対応人数
3-4名/パッケージ
※パッケージ数を増やすことで大人数への対応も可能です

 ■提供形態
・買取(無期ライセンス)でのご提供となります。 
・弊社研修の定期購読サービス「ずっとも」にお申し込みのお客様については、その提供物のひとつとして、買取(無期ライセンス)で提供されます。

【会社概要】

商号:カレイドソリューションズ株式会社
代表者:代表取締役 高橋興史
所在地:〒160-0023東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5階
電話番号:03-6908-5245
ウェブ:https://www.kaleidosolutions.com/
設立:2008年3月
事業内容:研修講師未経験者でも高い参加者満足が得られる、ゲームを用いた研修内製化サービス

 ≪カレイドソリューションズ公式Facebookページ≫
http://www.facebook.com/kaleidosolutions/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. カレイドソリューションズ株式会社 >
  3. モレを発見し、その補完力を向上する研修用ゲームをリリース!