『ひらけ!ポンキッキ』の元心理学スタッフ、幼児教育TV番組 『しまじろうのわお!』を監修する発達心理学の専門家 沢井佳子氏の育児書 『6歳までの子育て大全』 9月5日発売!

「子どものトリセツ」ではなく、“発達の順序”を理解し、子どもの「今」を楽しむ子育てを

一般社団法人日本こども成育協会(東京都中央区、代表理事:羽富 孝)は、来る2021年9月5日(日)、当会理事の沢井佳子氏による育児書 『6歳までの子育て大全』 が、アチーブメント出版株式会社より出版されますことをお知らせいたします。


●幼児教育のコンテンツ開発に30年以上携わってきた プロフェッショナルによる育児書
本書は、幼児教育番組 『しまじろうのわお!』の監修者、沢井佳子(さわい よしこ)氏による育児書です。
沢井氏は、1980年代に幼児教育番組 『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ)の心理学スタッフを務め、その後も『こどもちゃれんじ』(ベネッセ)など、多くの幼児向け映像や本、デジタルコンテンツの開発などに携わってきた、発達心理学と視聴覚コンテンツ監修の専門家です。

子どもの発達、とりわけ「認知発達(考える力の発達)」についての心理学的知見に基づき、映像メディアの第一線で幼児向けのコンテンツを手がけ、幼児期の子どもの成長と発達に寄り添ってきた沢井氏。その豊富な経験から、今度は、子ども向けではなく、子育てに悩む保護者を対象に、幼児の発達をやさしく解説する本が生まれました。

●子育てに必要なのは、「トリセツ」ではなく、『発達の順序』についての理解です。
本書の最大の特徴は、『子どもの発達の順序を理解すること』にフォーカスしている点です。「子どものトリセツ本」ではなく、子どもがどのように「わかる」ようになるのか、「できる」ようになるのか、を可視化するよう工夫を凝らしました。子どもの発達には、生まれつきのプログラムに導かれた順序があります。言葉の獲得、数量概念や論理の理解、社会性や情動などの多様な領域の発達が、一定の順序で発達します。「イヤ!ヤダ!」と言って、親を困らせる子どもの振る舞いも、考える力の発達(認知発達)によって、順々に引き出される行動のひとつです。子どもの今の様子に、心配事があったとしても、「次にどんな発達の変化が起きるか?」がわかっていれば、次を待つ余裕が生まれます。

このように、発達についての知識をもとに、子どもの考え方を想像できるようになることで、SNSなどインターネット上にあふれる膨大なトリセツ情報に振り回されることなく、大らかな気持ちで、子どもと過ごす時間を楽しめるようになります。また、本書では、父親の育児休業時の心がけや、周囲の大人達と協力して子育てをしてゆくコツについても解説し、具体的な子育て支援の情報も紹介しています。コロナ禍で、家族のおうち時間が増える今こそ、子どもの発達の変化に気づくチャンスでもあります。6歳までの子どもの発達を理解し、どっしりとかまえた子育てをするためのヒントとして、お父さん、お母さん、そして祖父母世代の方々にも、活用していただきたい一冊です。
 

  • 編著者 沢井佳子氏のメッセージ
本書は、コロナ禍のさなかに執筆しましたので、リモートワークにおける子育ての問題、父親の子育ての課題などを積極的に取り上げています。ステイホーム中、祖父母世代の助けを得られない家庭も多いと思います。本書をお読みいただければ、身近な人に子育ての相談のおしゃべりをするような気分で、問題解決のヒントが見つかり、心が軽くなるかもしれません。

●本書の構成
保護者からよく寄せられる悩みの数々。「親なのにあかちゃんの気持ちがわかりません」、「自己肯定感があって、自信がある子に育てるには?」「リモートワークだからこそ、子どもにできることはありますか?」といった合計71の子育ての疑問に、Q&A方式でわかりやすく回答をしています。また、沢井氏オリジナルの発達スケールガイド(さまざまな領域の能力における、子どもの発達の道のりをカラーで図解したもの)もついています。

巻頭付録 発達スケールガイド(★子どもの発達の道のりをカラー図解したもの)
第1章   「わかること」と「できること」の発達
第2章   生活習慣とルール
第3章   あそび・まなび
第4章   予防・ホームケア
第5章   みんなでやる子育て

​●編著者プロフィール
沢井 佳子(さわい よしこ) チャイルド・ラボ所長 (一社)日本こども成育協会理事

認知発達支援と視聴覚教育メディアの設計および学習コンテンツ開発を専門とする。
学習院大学文学部心理学科卒業。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了、人間文化研究科博士課程単位取得退学、発達心理学専攻。幼児教育番組 『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ)の心理学スタッフ、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科研究員(総務省e! school研究)、静岡大学 情報学部客員教授等を歴任。2000年に個人事務所のチャイルド・ラボを設立して以来、所長として幼児向けのテレビ番組、デジタルアプリケーションの設計、絵本やワークブック等の教育コンテンツの開発と監修に携わる。マルチメディアの幼児教育シリーズ『こどもちゃれんじ』(ベネッセ)の「考える力」プログラム監修。『3さいの本』全8冊(講談社)ほか、幼児向けに監修した本やデジタルコンテンツは多数。幼児教育番組『しまじろうのわお!』監修。

●本書の概要
書籍名:『6歳までの子育て大全』
編著者:沢井佳子(さわい よしこ)
発売日:2021年9月5日
定価   :2,090円(税込)
判型   :四六判
発行   :アチーブメント出版株式会社

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本こども成育協会  >
  3. 『ひらけ!ポンキッキ』の元心理学スタッフ、幼児教育TV番組 『しまじろうのわお!』を監修する発達心理学の専門家 沢井佳子氏の育児書 『6歳までの子育て大全』 9月5日発売!