日本初・面談課金モデルの転職&副業マッチングサービス「PayCareer」 TOKYO MXテレビにてCMを放送中

スカウト返信率80%! 成約実績多数! 会いたい候補者と直接会って話せる「PayCareer」

株式会社PayCareer(本社:東京都新宿区、代表取締役:野村 博幸、読み:ペイキャリア)は、日本発となる面談課金モデルの転職&副業マッチングサービス「PayCareer( https://pay-career.com )」において、2021年1月18日(月)から2021年2月14日まで、TOKYO MX TVにて、同サービス初となるCMを放送いたしております。
「PayCareer」は「意外な企業だけど会ってみたらとても良かった」をコンセプトに、企業と求職者の面談が成立した時点で求職者に報酬を支払う日本初の面談課金モデルの転職&副業マッチングサービスです。

従来の転職の仕組みでは優秀な人材にスカウトが殺到するため返信率が著しく低下し、求職者にとっては魅力的な企業と出会う機会を損失する原因に、企業にとってもスカウトに工数がかかるばかりで直接優秀な人材に自社の魅力を伝えることが困難な状況を生み出していました。

そういった状況のなか、膨大なスカウトに埋もれることなく「企業の熱意」が伝わり、優秀な人材と企業が出会う機会をひとつでも多く創出したいと考え、PayCareerでは求職者の方々に対して初回の面談に応じていただくごとに報酬を支払うというHR業界初の仕組みを採用いたしました。

スカウトをめぐる負のスパイラルから抜け出し、「高確率で会いたい人と出会える」ことが当たり前になる世界を、PayCareerは目指しております。


CMの概要は下記の通りです。
・タイトル①  : 面談課金型の転職&副業マッチングサービス「PayCareer」_本気のスカウト篇(15秒)
・タイトル②  : 面談課金型の転職&副業マッチングサービス「PayCareer」_新たな仕組み篇(15秒)
・放映期間   : 2021年1月18日(月)~2021年2月14日(日) 全81回放送
・放映チャンネル: TOKYO MX


 



リアルな情報提供・情報交換の場というニーズがより一層高まる中、求職者と企業が出会い、意義のある時間を過ごす機会を効率的に増やすことこそ、双方の期待に応えることができる最良の方法であると考え、「PayCareer」によって世の中にはまだ浸透していない「面談課金」という発想を定着させ、求職者と企業により多くの選択肢を提供してまいります。


 

◆株式会社PayCareerについて
2019年11月6日設立。「意外な企業だけど会ってみたらとても良かった」をコンセプトに、企業と求職者が高確率&効率的に出会える転職&副業マッチングサービス「PayCareer」を運営。
日本初の面談課金モデルとして、企業と求職者それぞれに対して「出会うはずのなかった出会い」を提供してまいります。

◆代表取締役 野村 博幸の略歴
2001年に日系ヘッドハンティング会社でIT/Web業界を中心としたエグゼクティブサーチに従事。
2005年に株式会社クリーク・アンド・リバー社に入社し、人材紹介事業を立ち上げ、KADOKAWA社との協業サービス「ファミキャリ!」を企画し、開発からリリースまでを担当。
その後、2014年にIT/Web/ゲーム業界に特化した人材紹介会社の事業責任者として3年間で500%成長に貢献する傍ら、ディー・エヌ・エー、クックパッドといった18社のITベンチャー企業に常駐し、各社の中途採用を支援。
2019年11月、「PayCareer」を企画・運営する株式会社PayCareerを設立。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PayCareer >
  3. 日本初・面談課金モデルの転職&副業マッチングサービス「PayCareer」 TOKYO MXテレビにてCMを放送中