“サステナブルな「志事(しごと)のあり方」”を体現するプロジェクトが、2022年に本格始動!

ビジネスクリエイターカンパニーのU.Sが掲げるポリシー、クライアント/顧客/協働者との3方よしの「志事」とは。

U.S
〜2022年3月飲食事業に参入! 石川県・金沢に、世界各国で活動する陶芸作家と新感覚・アート体験カフェをオープン!〜

金沢茶寮金沢茶寮

遊ぶように、働く、ご機嫌で自由闊達なプロフェッショナルが集うビジネスデザインカンパニー株式会社U.S (本社:東京都渋谷区、代表取締役:井澤佑介)は、 2022年、 U.Sのポリシーとして掲げる、クライアント/顧客/協働者との3方よしという“サステナブルな「志事のあり方」”を体現する、数々のプロジェクトを本格始動いたします。

■株式会社U.S が標榜する、「3方よし」の考え方とは?

2018年、U.Sは代表取締役の井澤と共同創業者である朝本によって設立。

起業家を多く輩出する株式会社リクルートから飛び出したふたりは、『なぜ人は働くのか?』という問いに対し、 10年後の未来を見据え、クライアント企業・顧客は当然ながら、取り巻く協働者、そして我々U.S自身が心から最良であると思える志事こそが、永続的に持続可能な、これからの時代の“志事のあり方”であると捉え、標榜する「3方よし」の考えに辿り着きました。

そのポリシーのもと、創業時よりクライアントの事業課題に向き合う「クライアントビジネス/toB事業」だけでなく、顧客の本質的なニーズに寄り添う「カスタマービジネス/toC事業」をスタート。カスタマービジネス事業では、自社事業を通してリアルな事業感覚やノウハウを吸収し、クライアントビジネスへノウハウを還元していくことで「遊ぶように働き、商品、サービス、企業、個人が本来持っている個性や才能ピカピカを増やす」という、自社のビジョンを体現しています。

■2022年の活動方針

企業ブランディング、サービス・プロダクト開発など、事業デザインからクリエイティブデザインまで、すべてをトータル的にサポートする「クライアントビジネス/toB事業」の強化に向け、 「カスタマービジネス/toC事業」の事業範囲を拡大していきます。

なかでも注目は、飲食事業に参入し、2022年3月下旬に石川県・金沢のひがし茶屋街にオープンする「金沢茶寮」 *1です。
世界各国で活動するグローバル視点の陶芸作家・吉岡 正義氏とU.S がタッグを組み運営する本カフェは、吉岡さん直伝のカラフルな湯呑み作りを体験できるだけでなく、出来上がった器で極上の日本茶を味わいながら、セレンディピティな旅を満喫できるコンテンツを予定しております。*1:詳細は、2月発表。

<イメージ>
 

U.S事業イメージ_01U.S事業イメージ_01

U.S事業イメージ_02U.S事業イメージ_02

10年後の未来を見据え、3方よしという
サステナブルな「志事のあり方」を体現。

『なぜ人は働くのか?』という問いは、時代とともに変化をし続けています。働くこととは“仕事”ではなく“志事”である。私たちU.Sは、そう捉えています。
クライアント・顧客は当然ながら、取り巻く協働者の皆様、そして我々U.S自身が心から最良であると思えること。それこそが永続的に持続可能な、これからの時代の“志事のあり方“であると捉え、標榜する「3方よし」の考えに繋がります。

さらにはこの考え方を軸に、今、目の前にあることを純粋に楽しめるプロフェッショナルを当たり前の基準として向き合える“ご機嫌な仲間を増やしていきたい”という想いのもと、
「遊ぶように働き、商品、サービス、企業、個人が本来持っている個性や才能ピカピカを増やす」というビジョンを掲げています。これらの考えは、クライアントの事業課題に向き合う「クライアントビジネス/toB事業」と顧客の本質的なニーズに寄り添う「カスタマービジネス/toC事業」を運営する上で、根底にあるものであり、U.Sが最も重要視していることです。
 

WAN-DELI-TOKYOWAN-DELI-TOKYO

▼クライアントビジネス事例
​大切な“家族”のための、100%自然由来の生食ペットフード「WAN-DELI-TOKYO」
事業立ち上げ時から伴走し、ベースとなる事業戦略作りからスタート。ブランドコンセプトからネーミング、VI、PKGデザインの他、店舗ディスプレイ、ブランドサイト、ECの立ち上げ、広告戦略、マーケティング戦略までトータルで支援を行いました。事業KGIを立ち上げから1年間で約170%を達成し、クライアントの事業拡大に大きく貢献することができました。
その他事例はこちら

 

ふたりのももたろうふたりのももたろう

▼カスタマービジネス事例
生き方に新しい“選択肢”を提案するメディア「#たしかに」
ビジネスプロデュース会社ドリームインキュベータ社と協働運営という形で立ち上げたメディア「#たしかに」。世の中の多様性を受け入れ寛容性を高めることを目的とした本メディアから誕生した絵本、“鬼に育てられた、ふたりのももたろう” は話題に。

WEBサイト:https://tskn.jp

room705_02room705_02


ルームアイテムからホテルを創造するライフスタイルブランド「room705」
架空のホテルの一室、705号室をイメージして誕生したライフスタイルブランド「room705 」。五感を研ぎ澄まし、心と身体を目覚めさせる全10品を、日本の伝統技術を受け継ぐアーティストやメーカーとともに制作・主にECにて販売中。
WEBサイト:https://www.room705.jp


 

U.S_コーポレートロゴU.S_コーポレートロゴ


■株式会社U.S 会社概要
U.Sは、遊ぶように、働く、ご機嫌で自由闊達なプロフェッショナルの集まりが、クライアント企業や作家、パートナーと一蓮托生になりながら、商品・サービス・企業・個人が本来持っている個性や才能を最大限引き出し、ダイヤモンドのようにピカピカに輝かせることを目的とした、ビジネスデザインカンパニーです。
社名|株式会社 U.S
所在地|〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-8 神宮前コーポラス710
設立|2018年5月24日
社員数|9名
WEBサイト|https://usinc.jp/


■メンバー紹介

井澤 佑介 代表取締役 _ Business Designer井澤 佑介 代表取締役 _ Business Designer

井澤 佑介
代表取締役 / Business Designer

アパレルメーカー広報兼SV、株式会社リクルートのシニアクリエイティブディレクターを経て、朝本と共に2018年U.S Inc.を設立。「机上の空論に価値はない」と考え、自社事業としてライフスタイルブランド、D2Cブランド、スモールホテル事業などに積極的に投資・立ち上げ。実業を通じたリアルな経営データ、事実、経験に基づく戦略立案、プロデュースを得意とする。
「遊ぶように、働く。働くように、遊ぶ」が人生のコンセプト。
 

朝本 康嵩 取締役/ Creative Officer朝本 康嵩 取締役/ Creative Officer

朝本 康嵩
取締役/ Creative Officer

リクルートに新卒入社。広告領域でのディレクター/プランナーを経て、クリエイティブディレクター&マネージャーとして大学などの大規模キャンペーンの他、CI策定、組織活性、人材育成
スキーム開発など様々な分野で活動。2018年5月、井澤と共にU.S Inc.設立。自社ブランドである「room705」では、商品開発を行うかたわら事業最高責任者も担う。
最近の関心ごとは、「フードロス問題の解消と農業の未来」。
 

坂田 修 Art Director坂田 修 Art Director

坂田 修
Art Director

大手アパレル企業にて販売・営業職を経験。広告代理店のデザイナーに転職し化粧品・医療品などの商品パッケージ、展示会等空間デザインに従事。またリクルート人材領域の広告デザインを担当。2018年10月よりU.S Inc.にデザイナーとして参画。グラフィック、WEBデザイン、プロダクトデザイン、映像ディレクション、空間ディレクションなどU.S Inc.におけるデザイン面を統括する。 最近は音楽制作に没頭中。感情をカタチにすることを「娯楽」とする。
 

堀田 萌生 Project Management _ Director堀田 萌生 Project Management _ Director

堀田 萌生
Project Management / Director

イベント制作会社、リクルート、電通を経てU.S Inc.に参加。これまでの製作会社、代理店で培ってきた経験をもとに、プロジェクトマネージャーとして大規模〜小規模プロジェクトまでの各種、マーケティングや企画プランニング、進行管理などを担う。またデザイナー、エンジニア、カメラマンなどへのクリエイティブディレクションも行う。
人生の目標は、日本酒をつくって「小料理屋」をひらくこと。
 

舟橋 磨里乃 Graphic _ Space Designer _ Artist舟橋 磨里乃 Graphic _ Space Designer _ Artist

舟橋 磨里乃
Graphic & Space Designer / Artist

武蔵野美術大学 空間演出デザイン 修士課程卒業。在学中は和紙とドライフラワーの融合の研究を行う。20代はモデルとして活動し、その後アーティストへ転身。Liquitexを始めとしたテクスチャーや天然素材を使ったテクスチャーアートの研究をし、日本テクスチャーアート協会を設立。代表理事としてワークショップやレッスン、新しい素材の研究を行う。U.Sでは主に美容・ウエディング関係のブランディングに携わりつつ、自社ブランドroom705のデザイナーとしてグラフィックと空間演出まで手がける。大切にしている言葉は、「“こんなはずじゃなかった“の中に収穫を探す」。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. U.S >
  3. “サステナブルな「志事(しごと)のあり方」”を体現するプロジェクトが、2022年に本格始動!