フランス著名ソムリエ Xavier Thuizat氏が、世界中の消費者・プロ・酒蔵を繋ぐ日本酒・焼酎プラットフォーム「Sakeist®︎」のアンバサダーに就任

株式会社Khariis(東京都港区 代表取締役 秋月杏奈、以下当社)は、フランスの著名ソムリエ Xavier Thuizat(グザヴィエ・チュイザ)氏が、当社が運営する日本酒・焼酎プラットフォーム「Sakeist®︎」のアンバサダーに、12月1日付けで就任したことを発表致します。

 

 
  • Sakeist®︎とは
世界中の日本酒・焼酎を愛し、関心を持つ消費者、ソムリエなどのプロ、そして酒蔵を繋ぎ、お酒についての基本情報だけでなく、お酒自体、さらには造り手である酒蔵のストーリーにもフォーカスし伝える、プラットフォームです。

今年6月に英語・日本語版のアプリをiOS・Android版にてリリース致しました。リリース当初は日本酒の酒蔵に焦点を絞り、登録してきましたが、10月より、今後は日本酒に次いで世界で成長が見込まれる焼酎のカバーも始めています。

 
  • 今回の提携の背景について
2019年には過去最高額である234億円を達成した日本酒の輸出市場ですが、これまでの日本酒の輸出市場における取り扱い場所は、和食系レストランや日系の小売店舗がメインとなってきました。しかしながら、世界全体の酒類業界、そしてレストラン業界を見渡した時、最も主流である食中酒(食事中に飲むお酒)はワインであり、さらにフレンチや中華などの日本食以外のジャンルがメインであります。つまり、今までアプローチ出来ていなかったジャンルは、世界における日本酒市場の今後の飛躍的に成長を遂げることのできる大きな可能性を秘めていることを、当社の創業者である秋月はワイン業界出身者として常日頃から感じてきました。世界中の、ワインを専門とするソムリエを含むプロフェッショナルや、日頃ワインに親しむ消費者に、どのようにしたら日本酒の魅力や楽しみ方を伝え、好きになり、購入・消費してもらえるか。そのためには、日頃から現場にて生産者の想い、ストーリーを飲み手に伝える役割を担っているソムリエの発信力、更には、今もなお世界のワイン業界へ圧倒的な影響力を持つフランスで活躍するソムリエとのパートナーシップが欠かせないと考えておりました。
 
  • Xavier Thuizat(グザヴィエ・チュイザ)氏について

Xavier Thuizat氏は、18世紀には「マリー・アントワネット」も過ごした、元は宮殿だった、フランスで最も高い格式と歴史を有するホテル、「オテル・ド・クリヨン(Hôtel de Crillon, A Rosewood Hotel」でシェフ・ソムリエを務めるフランス人ソムリエです。フランス中のソムリエで最もい日本酒への情熱を持ち日本国内の日本酒市場縮小に伴う、酒蔵が減り続けている現状を受けて、自らもフランスにおいて日本酒の発展の役に立ちたいと考え、フランスの日本酒コンクール「Kura Master」(*1)を1年目から審査員長を務めています。その功績が高く評価され、「酒サムライ」(*2)という称号を今年叙任されました。

(*1)Kura Master・・・フランスの一流ソムリエなどが、フランスの地でフランス人のために、審査を行う、フランスの日本酒コンクール。2017年から開催され、2020年で4年目となる。フランス、そしてヨーロッパ市場における日本酒の普及を目的としている。
(*2)「酒サムライ」・・・日本酒や日本の食文化が世界に誇れる文化であることを広く世界に発信していくことを目的に、平成17年より、全国の若手蔵元で組織される日本酒造青年協議会が毎年、日本酒および日本文化を愛し、その素晴らしさを世界に広めるために尽力している人々を叙任している称号。

 

 

 
  • 今後について
今回の提携に併せて、Sakeist®︎はiOS、Android版共にフランス語版をリリース致しました。また、アプリと共に、Websiteも展開する予定です。
 
  • Xavier Thuizat氏のコメント
「Sakeist®︎の一員として加わることで、日本酒についてのこれまでの私のインサイト、経験を世界中の人々とシェアをすることができるのは、とても光栄です。そして、世界中の人々がこの素晴らしい飲料を知り、魅力に気づき、愛するようになっていくお手伝いをしていきたいと思います。

何よりもまず、私と日本酒との出会いは「一目惚れ」でした。2012年、フランスにおける日本酒の先駆者であり、今は亡き、黒田氏と日本酒の試飲を行っていた時に「恋に落ちました」。
それはまさに、今まで知らなかった扉が開いた瞬間のようなもので、この特別な飲料(日本酒)がとてつもない可能性を秘めていることを直感しました。
フレンチやイタリアンなどのヨーロッパの料理や、和食、中華などのインターナショナルなジャンルの料理との日本酒のペアリングの可能性は無限大です。そして、ソムリエとして、日本酒とのペアリングはワインとは異なる、驚きを持った感情をゲスト、顧客に提供することが出来ます。
ゲストの感情や、新たな発見をした喜びの表情を見て、私は日本の飲料を自身の専門分野にすることを決めました。
Sakeist®︎を通じて、私は日本酒の試飲経験を共有することで世界中の全ての人々に対して日本酒のプロモーションを続けていきたいと思っています。そして、酒蔵訪問を含めた実体験に基づく幅広いジャンルのトピックについてのレポートを提供していきたいと考えています。」
 
  • Xavier Thuizat氏の経歴
フランス・ブルゴーニュ地方出身。フランスのワイン業界で輝かしい経歴を持つ。3つ星レストラン、ベルナール・ロワゾーにてソムリエとしてのキャリアをスタート。ムーリス、ピエール・ガニエール(共に3つ星)を経て、2014年にパリのペニンシュラホテルのシェフ・ソムリエに就任。その後、2017年1月より、リニューアル・オープンした、フランスの国賓も訪れるパラス・ホテルである、ホテル・クリヨンのシェフ・ソムリエとして現在に至る。

2017年にスタートした、フランスのトップソムリエがフランスのために審査を行う日本酒コンクール「Kura Master」の審査委員長を1年目から務める。2020年、フランス人としては3人目となる「酒サムライ」の叙任を受ける。

 


【会社概要】
会社名:株式会社Khariis(カリス)
所在地:東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス5F
設立:2019年1月
代表:秋月杏奈
URL:https://www.khariis.com/
事業内容:日本酒プラットフォーム「Sakeist®︎」の運営

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Khariis >
  3. フランス著名ソムリエ Xavier Thuizat氏が、世界中の消費者・プロ・酒蔵を繋ぐ日本酒・焼酎プラットフォーム「Sakeist®︎」のアンバサダーに就任