【被災地支援】防臭性の高い除菌水付き携帯トイレを「令和2年7月豪雨」被災地域へ

~ クラウドファンディングを活用し、コロナ禍の被災地トイレ問題を解決へ ~

名古屋のベンチャー企業・株式会社コケナワがクラウドファンディングサイト『READYFOR』を使い、世界最小クラスの携帯トイレ『ぽけっトイレ』を被災地へ寄贈するプロジェクトを実施中。

 株式会社コケナワ(本社:愛知県名古屋市西区栄生1-10-12、代表取締役:苔縄 義宗)は「令和2年7月豪雨」被害に見舞われた地域で予想される各種トイレ問題を解決するため、自社で販売する『ぽけっトイレ』(製造元:(同)QFJ 所在地: 東京都千代田区)を、災害地域に寄贈するプロジェクトを始めた。
発災直後には、熊本県人吉市に問い合わせ、在庫で持つ100人分を取り急ぎ発送した。さらにクラウドファンディングを活用し、1,000人分の発送を目指す。


 再び広がりつつある新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、被災地は大きなリスクにさらされている。避難所など不特定多数の人と共同で利用するトイレにも感染リスクがある。発熱時や緊急時、仮設トイレの利用が困難な場合など、携帯トイレが解決できる課題は少なくない。

 今夏発売の『ぽけっトイレ』の販路開拓などを進める最中、「令和2年7月豪雨」が発生した。九州地方の現状を知り、プロジェクトを企画立案。製造元企業と協力し、必要数の生産を急ぐ。
「あなたが避難所で過ごす中で困ったこと(ネオマーケティング社調べ)」のアンケートによると、約6割の方が『トイレ』と回答。コロナ禍のトイレ問題に悩んでいる被災地の人々を一人でも多く支援できればと、クラウドファンディングでの資金調達を計画した。集まった資金はすべて『ぽけっトイレ』の仕入れ費用、被災地への発送費用に充てられる。

ぽけっトイレの特長


会社概要
社名:株式会社コケナワ
設立:2017年1月11日
代表者:代表取締役 苔縄 義宗
本社所在地:〒451-0052 愛知県名古屋市西区栄生1-10-12
代表電話:052-990-2752
資本金:8,000千円(2020年4月増資済み)
社員数:24名(役員9名、社員15名)
主な事業内容:人事コンサルタント及び、採用および営業代行、防災関連商品の販売 等



【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社コケナワ 担当:岩室 憲兒(イワムロ ケンジ)
メールアドレス:info@kokenawa.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コケナワ >
  3. 【被災地支援】防臭性の高い除菌水付き携帯トイレを「令和2年7月豪雨」被災地域へ