世界初、伸張性のある紙材を使った立体成型充填機『TPU1000』を販売開始

エンボス加工により繊細なデザインも可能に / 2020年ドイツ・パッケージングアワード包装機部門 入賞

食品、医薬品向け包装機械のグローバルメーカーであるシンテゴンテクノロジー(本社:ドイツ、旧社名 ボッシュパッケージングテクノロジー。以下、シンテゴン)は伸張性のある紙を使った立体成型充填機『TPU1000』の販売を開始した。
紙は伸びないため、製紙された紙から形を作ることは困難とされていたが、スウェーデンの製紙メーカー、ビルルドクロスナス社が開発した伸張性のある紙を用いることで、立体成型できる包装を実現した。金型で紙をプレス加工し、製品を充填、シール、カットまでの工程を1台の機械で行う。従来では考えられなかった製品と包装が一体となった新たなデザインが可能となる。化粧品、食品、電気小物など幅広い産業での活用が期待され、充填製品は固形物だけではなく液体にも対応する。
同成型充填機は、ドイツの包装産業で最も権威のある2020年ドイツ・パッケージングアワードにて入賞。多様な容器形態に対応可能で、高度な包装加工技術とシンテゴンのサステナブルに取り組む姿勢が高く評価された。日本法人(シンテゴンテクノロジー株式会社・東京都渋谷区)では、同成型充填機によるサンプル製作サービスを開始した。

多用途な成型紙容器多用途な成型紙容器

 

昨今、サステナブルに向けた取り組みとして3R(Reduce・Reuse・Recycle)の考えから、環境に配慮した容器包装の開発が世界的に進んでいる。紙や単一プラスチック素材の包装は、複合プラスチック材とは異なり、伸張性が低いことや、接着面の温度コントロールが難しいため、高度な包装技術が要求され、対応できる包装機械メーカーは限られている。ヨーロッパでは、小麦粉や砂糖の包装には紙が使われており、紙や単一プラスチック素材の包装における豊富な経験と実績を持つシンテゴンの縦ピロー包装機が多く使用されている。また、リサイクル可能な資材での個包装などにおいても、ナショナルブランドの菓子メーカーを中心にシンテゴンは幅広く手がけている。

サステナビリティ志向の紙製3D成型包装
スウェーデンの製紙メーカー、ビルルドクロスナス(BillerudKorsnäs)社が開発した伸張性のある紙『FibreForm』を採用し、シンテゴンの立体成型充填機『TPU1000』で、金型によるプレス加工、製品充填、トップシール、カットまでの工程を1台の機械で行うことができる。
モジュール構造のTPU1000は、環境にやさしい「成型紙容器」(充填量10~100 mL)を生産する。この成型紙容器はシングルポーションパックに適しており、通常はブリスターに包装される小さい製品にも最適である。絞りの深さは直径に対して15%まで、エッジから絞っていく角度は最大45°、最大15,000パッケージ/時の速度で成型が可能。細かいデザインなどのエンボス加工や印字プリントも鮮明に表現できる。また、液体、粘性や匂いのある充填製品の場合は、内側にバリアコーティングを行い、バリア性を担保する。
この技術により、包装と製品が一体となった新たな包装の形態が期待でき、現在日本法人では、紙包装に関する問い合わせが急増している状況から、サンプル製品の製作サービス(有料)を開始した。

立体成型充填機『TPU1000』立体成型充填機『TPU1000』

 

ドイツ・パッケージングアワード「包装機械」部門にて入賞
ドイツ包装協会では毎年、さまざまな業界と包装資材を対象にコンテストを開催し、革新的なアイディアや機械、製品を表彰している。今年は、「包装機械」部門においてシンテゴンの立体成型充填機TPU1000にこの栄誉ある賞が与えられた。審査では、紙ベース包材の成形・充填・シール機は持続可能な新しい包装ソリューションへの道を開くものであり、石油化学系プラスチックの代替とデジタル化の潮流に合致していると評価された。
「食品や化粧品をはじめとする産業で、持続可能性と美しさを追求するブランドオーナーに対し、TPU1000は、斬新で、ハイレベルな包装形態を提供できる」とシンテゴンテクノロジーのサステナブル技術担当者 マティアス・クラウザー(Matthias Klauser)は述べている。また、この革新的な包装について「高度な伸張性をもち、ロールから加工する際にしわが発生せず、細かなエンボス加工にも最適である」とドイツ・パッケージングアワードの審査員から高い評価を受けた。
 


ドイツ・パッケージングアワード
ドイツ・パッケージングアワードは、ドイツ包装協会により1963年に創設された。ドイツ経済エネルギー大臣の後援によって毎年国際大会が開催されている。2020年は10部門でオーストリア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、スペイン、スイス、トルコがエントリーした。今年は、サステナビリティとデジタル化という世界の潮流を表す2つをテーマとして審査が行われた。

 
シンテゴンテクノロジーについて
グローバルに事業展開するプロセス・包装機械のリーディングサプライヤー。ボッシュの包装機械事業部門であったボッシュパッケージングテクノロジーとして50年にわたり、医薬品および食品分野における技術を中心に事業を展開し、2020年1月よりヴァイブリンゲン(ドイツ)に本社をもつ企業として独立した。シンテゴンは、世界15か国、30を超える拠点を構え、従業員数は合計6,100名、2019年の売上は13億ユーロ(約1600億円)に上る。
単体機から一貫したライン設備、サービスなどを含め、インテリジェントかつサステナブルな技術を展開。医薬品産業向けには、液剤および固形剤の製造ライン(製剤、充填、検査、二次包装など)に向けた機械やソリューション、また食品業界向けには、製菓用プロセス技術をはじめ、ドライフード(バー菓子、焼成菓子、コーヒーなど)、冷凍食品、乳製品を対象とした包装ソリューションなど幅広い製品およびサービスを提供している。
シンテゴンは全ての食品包装機械のサステナブル対応化という目標に向けてグローバル全体で取り組んでいる。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シンテゴンテクノロジー株式会社 >
  3. 世界初、伸張性のある紙材を使った立体成型充填機『TPU1000』を販売開始