循環型素材「アルミハニカムパネル」を使用したサステナブルな新製品。大城健作デザインのソファ「Spica」とシェルフ「Muk」を12月9日発表。

バイ インテリアズ (株式会社インテリアズ:東京都港区南青山、代表取締役:國分秀記)は、2021年12月9日に、大城健作氏デザインの「Spica | スピカ」と「Muk | ムク」を発表します。
 


2つの製品の共通素材である「アルミニウム」は、軽くて丈夫、錆びないなどの多くの利点を持ち、アルミ缶をはじめ、私たちの日常で広く使われてきました。そして、アルミニウムは、再利用可能な「サステナブル」な素材でもあります。バイ インテリアズ ではこれまで、パネル自体が構造体を兼ね備え、汎用性の高い「アルミハニカムパネル」に着目して開発を続けてきました。今回発表するソファ「Spica」は、パネル自体を曲げるという新しいアイデアと独自技術により生み出され、また、構造が一切見えないシェルフ「Muk」は、アルミハニカムパネルだからこそ成し遂げられた革新的なデザインです。

コロナ禍を経験したことで、より鮮明化した「サステナブル」という価値。永く大切に受け継がれるデザインであることに加え、環境に、そして、社会に配慮されたプロダクトであることが大きな価値として認められるようになりました。by interiosは、個性豊かなデザイナーたちと共に、選び抜かれた素材、クオリティの高い技術を採用し、サステナブルで革新的なデザインを具現化することで、時代を超えたボーダレスな価値を世界に広めることを目指しています。

Spica | スピカ

 

 


高い精度を要求するアルミハニカムパネルを使用したフレームと、モールドウレタンによって成形された有機的なシートで構成されるソファシリーズ。"アルミハニカムパネルを曲げる"というアイデアにより、従来とは異なる素材の新たな可能性を追求しました。すべての機構がパネル内部に配され、構造的な要素を一切排除したシンプルでクリーンなデザインが特徴。アルミ製のクールで無機質なシェルと有機的なシートの組み合わせが、どこか未来的でもあります。スピカとは乙女座で最も明るい恒星、白く美しく輝くことから、日本では真珠星とも呼ばれています。

Spica | スピカ
サイズ
1P W820xD740xH660 (SH380) 521,400円(税込)〜
2P W1700xD740xH660 (SH380) 739,200円(税込)〜
3P W2100xD740xH660 (SH380) 810,700円(税込)〜

仕様
アーム・背パネル:12mm アルミハニカムパネル
座:18mm アルミハニカムパネル シルバーアルマイト仕上げ・ブラック塗装仕上げ
脚部:スティール製 粉体ポリエステル塗装・アジャスター付
クッション:モールドウレタンフォーム・ファブリック張込み

Muk | ムク

Muk ストレートMuk ストレート

Muk カーブMuk カーブ

Muk ディテールMuk ディテール

アルミニウムという素材とその無垢材が持つ「純粋性」を追求したシェルフコレクション。無垢材とアルミハニカムパネルを使用し、構造的な要素を一切排除することを可能にした、シンプルでクリーンなシェルフ。棚板と支柱の接合部に見られるまろやかなディテールが、従来のシェルフには見られないソフトな印象を与えます。また、ショット仕上げによるスムースな表面仕上げを採用したことにより、鏡面仕上げの断面とのコントラストが生まれ、素材の持つ「純粋性」がより際立つデザインとなっています。循環型素材でもあるアルミニウムを使用することで、環境に配慮しながらもリッチネスなプロダクトを生む、そんなサスティナブルなあり方を目指しました。


Muk | ムク
サイズ
ストレート3段:W1500xD348xH827 407,000円
ストレート5段 : W1500D348xH1527 693,000円
カーブ3段:W1750xD479xH827 660,000円
カーブ5段:W1750xD479xH1527 1,089,000円

仕様
柱:25φアルミ無垢 ビーズブラスト・(シルバー・ブラック・シャンパンゴールド)アルマイト仕上げ アジャスター付
棚:18mm アルミハニカム ビーズブラスト・(シルバー・ブラック・シャンパンゴールド)パネルアルマイト仕上げ

求められている豊かな価値とは、「スマートラグジュアリー」である。
「“豊かな価値”をより多くの人に届けること、これがデザイナーとしてできる仕事だと思っています。今、一体何が”豊かな価値”として求められているのかを日々考える中で、それは、スマートラグジュアリー”であるという考えに至りました。
スマートとは、洗練され、調和がとれた”美しい状態”のこと。
そして、ラグジュアリーとは、近年、従来のラグジュアリー(高級品)という定義から変化し、表層的なものではなく、より本質的な意味を持つものと考えています。
ソファ「Spica」とシェルフ「Muk」は、循環型素材でもあるアルミの無垢材を、主な構成部材として使用しています。無垢材の持つ”純粋性”に着目し、徹底的に細部のデザインにまでこだわりました。一見、スマートに見えますが、いくつもの困難を乗り越えて実現したプロダクトです。
人にも環境にも優しく、調和のとれた美しいデザインは、これからの時代における”スマートラグジュアリー”といえるのではないでしょうか。」(大城健作氏)

デザイナー  大城健作
ミラノで数々のデザイン建築事務所で経験を積み、2004年〜12年はミラノのLISSONI ASSOCIATI、2012~15年はロンドンのBARBER&OSGERBYで勤務。2015年にミラノで独立、KENSAKU OSHIROを設立する。
これまで世界を代表する会社、ブランドと数多くのプロジェクトの開発に携わり、その領域は家具を中心に生活用品全般のプロダクトまで多岐に渡る。RISING TALENT AWARD, EDIDA DESIGN REPORT AWARDなど受賞歴多数。

by interiorsのアイコン素材「アルミハニカムパネル」とは

1. アルミハニカムパネルそのものが構造体である
アルミハニカムパネルは、ハニカム構造により、環境や、経年変化による歪みやたわみを起こすことがありません。軽量かつ高強度を保ち、高い平滑性を実現することができる素材です。

2. 家具を構成する全ての機構をパネル内に配せる
アルミハニカムパネルの内部にアルミのブロックを内蔵することで、切削加工を行うことが可能となります。家具を構成する機構を内部に配することができるため、外側にはネジ山一つ見えない、美しく、ミニマムな製品を生み出します。

3. どんな形にもカット、精度の高い加工ができる
精度の高い加工技術によりさまざまな形にカットするカスタマイズ対応ができます。アルミハニカムパネルをまるで木のように扱い加工できることが、私たちの強みです。

4. 最小限の原料で作りゴミを出さない(リサイクルできる)
アルミハニカムパネルが構造体を兼ねることで、とても少ない材料で製品製作が可能です。同時に、使われないパーツはそのままリサイクルすることができます。必然的に削ぎ落とされたデザインを生み出すことができる「アルミハニカムパネル」により、私たちの目指す「Silent Quality」を具現化しています。

by interiorsとは
"Silent Quality - リスクと美しさといくつもの困難が、静謐なクオリティを実現する” というデザインコンセプトを掲げ、国内、及びグローバル向けに展開するオリジナル家具ブランド。個性豊かなデザイナーたちと共に、選び抜かれた素材、クオリティの高い技術を採用し、革新的なデザインを具現化。特に、アルミハニカム、金属、石の加工を得意とし、オフィス、住宅など幅広く採用されています。
URL:https://www.interiors-inc.jp/

ショールーム
by interios Tokyo | バイ インテリアズ東京
住所:107-0062 東京都港区南青山 4-16-15
電話番号:03 6712 5830
営業時間:9:30-18:30
定休日:土・日・祝日
アクセス:表参道駅より徒歩約10分









 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インテリアズ >
  3. 循環型素材「アルミハニカムパネル」を使用したサステナブルな新製品。大城健作デザインのソファ「Spica」とシェルフ「Muk」を12月9日発表。