メロンパン製の高性能マスクを発売

人気店「Melon de melon」の協力をうけ高品質化 6月10日発売開始

株式会社 悟空のきもち THE LABO(社長 永野 弘樹)は、「Melon de melon」(東京都)の協力をうけメロンパン製のマスク「マスクパン」を6月10日発売します。

 19歳~20歳の大学生のパン好きが中心に「パンの匂いをずっと嗅いでいたい」
という夢をかなえ完成した世界初の食べられるマスクとなります。

 


 4月に実施したマスクの第3者試験機関 ユニチカガーメンテック研究所による製品性能試験によると「飛沫防止性能可視化試験」において メロンパンは、市販マスクと同等、それ以上の結果となりマスクとしての大きな可能性を示し、パン好きの夢をかなえる世界一幸せなマスクとして今回の発売に至りました。

検査結果報告書検査結果報告書

飛沫防止性能試験(マスクなし)飛沫防止性能試験(マスクなし)

飛沫防止性能試験(メロンパン)飛沫防止性能試験(メロンパン)

飛沫防止性能試験(市販マスク)飛沫防止性能試験(市販マスク)

製品試験風景製品試験風景

開発はパンを愛する福岡と沖縄の19歳~20歳の大学生 小森田知里(19歳)永野天実(19歳)大田勝巳(20歳)が中心。

 

発表に先立ち先月、渋谷・秋葉原にて配布イベントを実施。用意した200個のマスクパンが約10分で終了するなど大きな反響を頂き、思わず笑いだす人たちに、感染対策としてメロンパンは人を幸せにすることに自信を深めました。

 

●発売への想い 
こんな時代でも、いつか未来で楽しく自慢したいという想いで発売します。
みんなでメロンパンつけて笑いあう日本で、この時代を上書きをしたいと願っています。
このマスクにはそんな願いも込め、マスク性能試験の第3者試験機関やメロンパンの専門店の協力もいただき市販のマスクと同等以上の性能のメロンパンに仕上げました。

 


■  悟空のきもち THE LABOとは
「悟空のきもち THE LABO」は、65万人待ちを誇る日本最高の人気店「悟空のきもち」の実験ブランドとして2021年1月に本格稼働。12歳~21歳の子どもだらけで「園芸用花びら液」など発売し、1か月待ちになるなど初月より黒字を続け、これから日本を驚かすピュア発想企業です。
https://the-labo.com/ (悟空のきもち ザ ラボ)

協力頂いたmelon de meron協力頂いたmelon de meron

● 「マスクパン」の主な特長 
■   5個入り 1,800円(税込) マスク用のひも・紐通しが付属
■   メロンパンのサイズは、直径12㎝
■   販売はインターネットのみ
ホームページ https://the-labo.com/maskpan.html (マスクパン)

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 悟空のきもち THE LABO >
  3. メロンパン製の高性能マスクを発売