Cleansui House (クリンスイハウス) 2021.7.20 Tue オープン

クリンスイの新たな活動拠点「クリンスイハウス」が、三重県多気町の商業リゾート施設「VISON(ヴィソン)」にオープンします。

めぐる。育む。水の知恵。
三重県の中央に位置する多気町。伊勢神宮や熊野古道からも近く、北部を櫛田川、南部を宮川が流れ、変化に富む豊かな山々に抱かれる自然豊かな町です。この多気町、古くは「多氣」と書き、いにしえの時代から多くの「氣(=いのち)」を育む場所と言われてきました。この地にオープンした複合リゾート施設「VISON」内に、クリンスイは活動拠点「Cleansui House(クリンスイハウス)」をオープンします。

Cleansui House 施設内Cleansui House 施設内

“ 水の知恵” のパビリオン
「クリンスイハウス」は、“ 水の知恵” をコンセプトにしたメディアのようなパビリオンです。
食・風土・伝統・工芸etc.……。この地域の持つ多様な魅力を掘り起しながら、水を切り口にした展示やワークショップといった体験型コンテンツを提供。地域コミュニティに貢献するだけでなく、この場所から来場者の方々にこれからの暮らしのアイデアを提案しながら、持続可能な社会に求められるアクションを起こしていきます。「水の飲み比べ」や、建物を共有する昆布の老舗「奥井海生堂」と共同で行う、だしのとり方ワークショップなど定期的に大小さまざまなイベントを開催する予定です。
 


Water Wall Gallery
クリンスイハウス内に併設する「Water Wall Gallery」。食・風土・伝統・工芸など、多彩なトピックを切り口に「水」を通して日本の文化や歴史を探求。“水のシナリオ”と題したシリーズ展示をケーススタディに、水と人との営みを再考しながら、水の叡智を発見していきます。

Water Wall Gallery_ Vol.1
日本の食と慣習


記念すべき一回目は、「日本の食と慣習」をテーマに、私たち日本人と水との深い関わりについて考えていきたいと思います。日本には、地域ごとの固有の伝統文化や長い歴史によって磨き上げられてきた世界に誇る食文化があり、古来より大切に受け継がれてきた伝統的な慣習が数多く存在します。本展では、「包む」「炊く」といった所作から生まれ、庶民の暮らしを支えてきた無銘の民具や雑器、「出汁」や「酒」といった文化を体現する道具に着目。また、紀伊山地の豊富な伏流水の恩恵を授かり、日本有数の軟水が湧き出る場所として知られる三重県の食文化にも焦点を当て、いにしえより「祈り」の場所であり、自然崇拝の聖地でもある「伊勢の習慣」についても紹介いたします。
水の恵みが育んできた豊かな自然。そして、自然に畏敬の念を抱きながら、共生してきた先人たちが現代へと繋いできた「日本の食と慣習」。本展があらためて、「水」について考えるきっかけとなり、その叡智に触れる機会になったら幸いです。

 

展示キュレーション:郷古 隆洋/Swimsuit Department

ユナイテッドアローズ、ランドスケーププロダクツを経て2010年にSwimsuit Department を設立。輸入代理店をはじめ、世界各国で買い付けたヴィンテージ雑貨などを販売する BATHHOUSE も運営のほか、店舗のインテリアコーディネートやディスプレーなども手がけています。2015年9月には、日本で初の開催となるモダニズムショーを主宰 。 swimsuit-department.com

 

VISON内にウォーターサーバーを設置
ー使い捨てペットボトルのない環境へー


クリンスイはVISONの敷地内10箇所にクリンスイのウォーターサーバーを設置しています。
安心でおいしい水を届けるだけでなく、水資源を活用し、使い捨てペットボトルのない環境の実現をサポートしていきます。「コップ一杯の水をきれいに」というクリンスイのビジョンに基づく活動をこの場所から、さらに広げていきます。


 

VISONとは

「三重故郷創生プロジェクト」(株式会社アクアイグニス、イオンタウン株式会社、ファーストブラザーズ株式会社、ロート製薬株式会社の4社からなる合同会社)による、日本最大級の商業リゾート施設『VISON(ヴィソン)』。全国初「スマートインターチェンジ直結の民間施設」としても認可され、東京ドーム24個分(約119ha)の広大な敷地に、四季を感じるホテル、日本最大級の産直市場、薬草で有名な多気町にちなんだ薬草湯、和食の食材メーカーによる体験型店舗、有名料理人が手掛ける地域食材を活かした飲食店舗、オーガニック農園など、約50店舗が出店する、多様性と専門性を兼ね備えたこれまでにない大型複合商業施設。vison.jp

 


【施設概要】

名称:Cleansui House(クリンスイハウス)

住所:〒519-2170 三重県多気郡多気町ヴィソン672番1 旨味14

オープン日:2021年7月20日(火)

定休日:なし 営業時間:10:00 - 18:00

電話 : 0598-67-7887

ウェブサイトURL: https://www.cleansui-house.com

インスタグラム:@cleansuihouse_vison

 

 

運営:三菱ケミカル・クリンスイ株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀昌之)のグループ会社である、浄水器の製造及び販売を行う三菱ケミカル・クリンスイ株式会社(本社:東京都中央区、社長:木下博之)は、1984年、雑菌まで除去できる中空糸膜フィルターを採用した世界初の家庭用浄水器「クリンスイ」を発売。「コップ一杯の水をきれいに」というスローガンのもと、現在では展開国30カ国以上となるグローバルブランドに。今では浄水器にとどまらない水のブランドとして、製品やサービスを展開しています。cleansui.com  @cleansui_knows

 

クリンスイハウスロゴ制作:株式会社TSDO

佐藤卓が1984年に佐藤卓デザイン事務所を設立。2018年TSDOへ社名変更。商品パッケージやポスター等のグラフィックデザインの他、商品や施設のブランディング、企業のCI、子ども向け教育番組企画を中心に活動。代表作に「明治おいしい牛乳」パッケージデザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」グラフィックデザイン、「金沢21世紀美術館」「国立科学博物館」シンボルマーク、NHK Eテレ「にほんごであそぼ」アートディレクション、「デザインあ」総合指導等。tsdo.jp

 

空間デザイン:有限会社ランドスケーププロダクツ

1997年に中原慎一郎を中心に結成。1940~60年代のモダンデザインをルーツに家具の製造販売をスタートし、2000年には渋谷区神宮前にて「Playmountain」 をオープン(現在は渋谷区千駄ヶ谷にて運営)。同年法人化するとともに、その後は住宅・オフィス・店舗の内装デザイン、直営店展開、生産卸、エキシビションやイベントのプロデュース/ディレクション、編集/出版、ブランディングと活動範囲を広げ、現在に至る。 landscape-products.net/

 

クリエイティブディレクション:福田 春美

ブランディングディレクター。ライフスタイルストア、ホテル、プロダクト、企業のプロジェクトなどのブランディングを手掛ける。趣味が料理と旅。著書に自身の生活の様を綴った「ずぼらとこまめ」主婦と生活社がある。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱ケミカル・クリンスイ株式会社 >
  3. Cleansui House (クリンスイハウス) 2021.7.20 Tue オープン