狙うはオーガニック集客UP! 医療マーケティングを推進するクリニケア株式会社が、SEO対策に特化したダッシュボードを正式リリース

Googleサーチコンソールの使い勝手を進化させた「結果につながる」コンテンツ改善ツールのご提案

データ連携を通じて自由診療のマーケティングソリューションを提案するクリニケア株式会社(東京渋谷区/代表取締役社長:多紀澤 友治)は、この度、美容医療のSEO対策に特化したダッシュボードを、正式にリリースいたします。

みなさまはSEO対策でこんなお悩みはありませんか?
「何をすればいいかわからない」
「改善しても効果がない」
「業者に任せても成果が出ない」

今回リリースされるダッシュボードをお使いいただけば、集客アップのために改善すべきページ、対策すべきキーワードが一目瞭然に。問題点を可視化し、SEO初心者の方にも理解しやすい形で、改善への道筋をご提示します。
「SEOのノウハウを自施設で蓄積したい」「業者頼みのSEO対策は心もとない」このようにお考えの医療マーケターの方々のお役に立ちます。


■​美容医療業界はSEO対策の価値が大きい
WEBマーケティングにおいて、SEO対策は言わば基本の「き」。しっかり対策すれば、サイトへの流入はおろか、そこから派生するCVを “無料で” 獲得できます。
とりわけ、美容医療業界ではその価値は絶大です。
例えば、あるクライアントの場合、検索広告からのCV(新規問い合わせ)の獲得単価は約5万円で、その半数が実際の予約に至っていました。つまり、1 件の予約を得るのにかかった広告費は約10万円だったということです。もし仮に、このクライアントがオーガニック流入からの予約を1件でも得られていたとしたら、その流入の価値は10万円に相当するということになります。

 


SEO対策は今やどの業種でも盛んに行われていますが、たった1件のCVでこれほどの価値が得られるのは極めて稀です。美容医療や自由診療こそ、SEO対策の恩恵が最も大きい分野の1つなのです。


■SEOで結果を出し続けるには、こまめなメンテナンスが不可欠
SEO対策で重要なことは、顧客のニーズ(知りたいこと)に幅広く、かつ的確に答える高品質なコンテンツを定期的にリリースすること。そして、リリースしたコンテンツをこまめに改善・アップデートすることです。双方をうまく回すことで、はじめてSEO対策は成功します。
とりわけ、記事の改善をいかに高頻度に、的確に、かつリソースをかけずに行うかは、サイトへの流入を伸ばし、それを維持するための重要なポイント。
かつてのSEO対策といえば、記事量産の物量勝負というノリでしたが、昨今は少数精鋭の高品質記事に磨きをかける方向性にシフトしています。
今回ご紹介するダッシュボードはそれを可能にするツールです。

 


■問題は、どこをどう改善すべきかがわからないこと
しかし実際には、ほとんどの医療機関では新規記事の作成にリソースの大半が割かれ、既存記事の改善までは十分にケアできていないというのが実情です。なぜでしょう?
一番大きな理由は「手間がかかるから」だと考えます。
オーガニック流入を増やしたい場合、どこのページから手を付けるべきか、どのキーワードを攻略すべきか、見当を付けるのが難しいのです。
実際、Googleサーチコンソールでは、次のような項目を個別にチェックしなければいけません。
  • 流入はいつ伸び、いつから減ったか。
  • その変化は「徐々に」か「急に」か。
  • 現状どういったクエリで流入しているか。
  • そのクエリは、本来流入を狙っていたキーワードか。
  • サイト流入の増加や減少は特定のページに限っているか、サイト全体か。

実はこうしたデータは、個別に見ていても効果的な改善には結びつきにくいものです。
例えば、サイトの流入が減ったという現象が見られる場合、それは表示回数が減ったことによるのか、クリック率が減ったことによるのかで対策の仕方は大きく変わってきます。
大切なのは、複数の情報を相互に比較すること。それによって、初めて真のソリューションが明確になります。
 

 

「もし、サーチコンソールで得られる複数のデータを一つの画面で瞬時に確認できれば、リサーチ時間は大幅に削減でき、改善のPDCAを高速に回すことができるのでは?」

今回のダッシュボードは、そんな発想から生まれました。


■クリニチェックのSEOダッシュボードなら、改善ポイントが瞬時にわかる
ダッシュボードの内容は、各クリニック様のご状況に合わせてカスタマイズ可能です。
オーガニック流入の減少(または増加)の原因や、CVに影響を与えているコンテンツを特定し、速やかな改善を後押しします。
オーガニック流入からの集客を増やしたいとお考えの医療機関経営者様、マーケティングご担当者様は、是非お問合せください。

 



<ダッシュボードではこんなことができます>

  • ランディングページ、流入クエリ、順位の一括把握/特定のページが獲得できているクエリと、その検索順位が一目でわかります。
  • 各ページのCVへの貢献度/GA(Google Analytics)と連携することで、どのページへのランディングセッションがCVに貢献しているかを把握できます。そのため優先度の高いページから改善に着手できます。
  • 期間比較/任意の期間を入力するだけで、ランディングが極端に伸びた(または減少した)ページ、または流入クエリを比較することができます。
  • カニバリ※危険度のチェック/サイトの規模が大きくなったときに特に注意したい「カニバリ※」の状況を、いち早く察知することができます。
※自サイトの複数ページが「同一検索キーワード」「同一検索意図」に対して競合し合っている状態。


<今までのSEO対策とここが違います>
  • リサーチ時間の大幅短縮/Googleのコアアップデート後など、スピーディーな対応が求められる緊急時でも、リサーチ時間の大幅な削減が期待できます。サイトの規模にもよりますが、前後の比較調査をする際、サーチコンソールでは数時間要していた作業が、本ダッシュボードなら30分程度で終えられます。
  • CV増につながる施策に注力できる/従来のSEO対策はキーワードの検索順位を上げることが主な指標であったため、CV増という本来の目標とは乖離した施策を打ってしまうリスクがあった。本ダッシュボードでは、CVへの影響まで把握できるので、益のない無駄な施策を打つリスクが減ります。
  • 試行錯誤をフレキシブルに実践できる/施策履歴を保存できるので、後日その効果を振り返ることができます。成功時には即横展開でき、失敗してもすぐに元に戻せます。


--
料金
※下記よりお問い合わせください。

-------------------------
会社概要
-------------------------
会社名:クリニケア株式会社(CLINICARE Inc.)
所在地:東京都渋谷区渋谷1-20-1 井門美竹ビル2F
代表者:多紀澤 友治
設立:2021年12月16日
URL:https://www.clinicare.co.jp/
事業内容:
・データ統合WEBアプリケーション開発
・クリニックDX支援
・デジタルコンサルティング
・クリニック集客データ分析
・分析ダッシュボード開発 他

《クリニケア株式会社》について
クリニケア株式会社は、自由診療クリニックに特化したデータ統合サービスを提供しています。クリニック集客の伸び悩みが何に起因するか、その要因を分析し、改善に向けた適切な施策をデータに基づいてご提案しまします。

問い合わせ先
公式サイト▶︎https://www.clinicheck.net/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クリニケア株式会社 >
  3. 狙うはオーガニック集客UP! 医療マーケティングを推進するクリニケア株式会社が、SEO対策に特化したダッシュボードを正式リリース