ティエラコム、atama plusが提供するタブレット型AI教材『atama+』を導入

『atama+』に特化した人工知能型完全個別指導「AIホロン」を開講

株式会社ティエラコム (本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:増澤 空、以下「ティエラコム」)は、atama plus株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)が提供するタブレット型AI教材『atama+』を全国45か所の教室にて、導入いたしました。また、『atama+』に特化した人工知能型完全個別指導「AIホロン」を開校いたしました。これにより、AIが”teaching”、講師が”coaching”という役割分担のもと、『atama+』を中高生向け教材として提供し、生徒の学力向上をサポートいたします。
 なお、2018年1月に実施したトライアルでは、高校生83人が『atama+』を用いて約20時間数学1Aを勉強した結果、センター試験の平均点数が37.3点から51.7点にアップしました。

■導入の経緯
ティエラコムは、1976年の創業以来、「困難にたじろがないひとりで勉強できる子に」を教育理念に、自立教育の実践を目指し、能力開発センター等の「集団指導塾」、能開個別ホロン等の「個別指導塾」、「映像授業」として東進衛星予備校を展開しています。一方、atama plusは、「教育を通じて、自分の力で夢を実現できる人が溢れる未来を創る」というミッションのもと、一人ひとりに最適な「自分専用レッスン」を作成するタブレット型AI教材『atama+』を学習塾向けに提供しています。学習塾は『atama+』を導入することで、『atama+』に”teaching”を任せ、講師の役割を”coaching”へとシフトさせられるようになります。AIと人の強みを掛け合わせることにより、従来の学習方法に比べてより効率的で効果的な学力向上をサポートしています。
この度ティエラコムは、テクノロジーで基礎学力の習得にかかる時間を最小化し、その分、社会でいきる力を養う時間を増やすという両社のねらいが一致したことから『atama+』を導入いたしました。
今後両社は、より多くの生徒を支援するため、『atama+』を活用したサービス拡充、および「AIホロン」のさらなる拡大を推進してまいります。

■タブレット型AI教材『atama+』概要
生徒の「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」「忘却度」などをAIで分析し、一人ひとりに最適な「自分専用レッスン」を作成するタブレット型AI教材です。現在中高生を対象にサービスを展開し、全国の様々な塾に導入が進んでいます。
対象:中学生、高校生
教科:数学、英文法・語法、物理、化学

■人工知能型完全個別指導「AIホロン」概要「AIホロン」は、タブレット型AI教材『atama+』を用いた個別教室です。これまで展開してきた個別教室の教材に『atama+』を導入することで、オーダーメイド教材と教育コーチのサポートで生徒の学力を引き上げる「人工知能型完全個別指導」をめざします。2017年冬期講習より実験的に生徒による『atama+』の体験受講をはじめ、その数は1,000名を超えています。アンケートでは9割以上の生徒が集中できた、効率的であったと応えており、飛躍的な成績向上の事例が多数上がっております。
対象:中学生・高校生
教科:数学、英文法・語法、物理、化学
※AI教材以外に、国語トレーニング講座、論理力養成講座、理社演習講座、英検対策講座などの特別講座および各種模試、合宿教育を実施しています。

■株式会社ティエラコム 会社概要
所在地  :神戸市中央区東川崎町1-3-3 神戸ハーバーランドセンタービル19F
設立   : 1976年6月
代表者  :代表取締役社長 増澤 空
事業内容 :受験学習指導、国際交流、合宿教育、語学教育、留学、環境教育、研修企画、教育旅行、ASPなどの総合教育サービス事業
URL    : http://www.j-tierra.com/

■atama plus株式会社 会社概要
所在地  :東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル7階
設立   : 2017年4月
代表者  :代表取締役 稲田 大輔
事業内容 :AIを活用した教育プロダクトの開発
URL   : http://www.atama.plus/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. atama plus株式会社 >
  3. ティエラコム、atama plusが提供するタブレット型AI教材『atama+』を導入