名古屋市内唯一のクラフトビール"Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)"が新醸造所をOPEN

名古屋発のクラフトビールとして、全国のビアパブで人気のワイマーケットが、名古屋市西区に新工場を開業。今後は缶ビールの発売も予定。

株式会社ワイマーケット(名古屋市中村区、代表 山本康弘)は、この度、名古屋市西区に柳橋醸造所につぐクラフトビール醸造所「Y.MARKET BREWING 名古屋西」を開設しました。これまでの規模の約3倍の生産キャパシティを有する醸造所で、今後は缶ビールも生産し、春には、ペールエール、IPA、ゆずエール、ニューイングランドIPAの4種類を定番ビールとして発売予定。平成31年2月10日、11日には併設タップルームを期間限定でオープンします。
名古屋市内唯一のクラフトビール
2014年、私たちは名古屋駅からほど近い柳橋(Y)中央卸売市場(MARKET)で醸造を開始しました。私自身が生まれ育った柳橋市場のにぎわいのように、私たちが造るビールの楽しさが、人のつながりを紡ぎ、街に活力を生み出せたら素晴らしい、そんな思いでY.MARKETと名付けました。
お陰様で、お客様に支えられ、名古屋のクラフトビールとして全国のビアパブ様でも取り扱いをいただき、ビールファンには認知していただけるようになりました。ほどなくして、私たちの生産能力以上のご要望をいただくようになりました。大変ありがたいことなのですが、「ビールを楽しく!人生を楽しく!!」を掲げる私たちにとって、飲みたいと思っていただいているのに飲めない方がいるという状況は大変心苦しいものでした。

バラエティ豊かなビールバラエティ豊かなビール

 


ドイツ製最新設備と私たちの醸造技術の融合
醸造開始から4年たった2018年、新工場の設立を決意しました。新工場を立ち上げるのに考えたのは、場所と設備。名古屋のビールでありたいという気持ちから用地は名古屋市内に確保。設備は、品質の安定や技術の伝承のためにドイツ・ブラウコン社の最新醸造設備を導入しました。2018年年末より試験醸造を開始。今後は、私たちがこれまで培ってきた醸造技術と最新の醸造設備のパフォーマンスを融合し、これまで以上に高品質で楽しい!ビールを送り出していきたいと思います。

設備搬入設備搬入

 

設備設置設備設置


より多くの人に、より多くのシーンでビールの楽しさを感じていただきたい
新工場では、これまでの業務用樽生ビールに加えて、缶ビールを製造します。ビアパブだけでなく、家庭でも、アウトドアでも、様々なシーンでワイマーケットのビールを楽しんでいただきたいと思います。また、缶詰めにしたことで国内のみならず、将来的には海外への輸出も視野に入れています。
 

醸造設備醸造設備

 

缶充填機缶充填機

 

 

スタッフスタッフ

 

併設タップルーム限定オープン
今回の新工場立ち上げにあたり、2月9日にプレス関係者向けの披露会を行います。また、翌10日11日は併設するタップルームを限定オープン、新工場の様子をご覧頂きながら私たちのクラフトビールを楽しんでいただけます。
タップルームの正式稼働は春以降を予定しておりますが、いち早く出来立てのクラフトビールをお楽しみいただけます。

<新工場>
Y.MARKET BREWING 名古屋西(名古屋市西区木前町64)
<本社>
株式会社ワイマーケット(名古屋市中村区名駅4-16-19)
https://craftbeer.nagoya/

完成予想イメージ完成予想イメージ

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワイマーケット >
  3. 名古屋市内唯一のクラフトビール"Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)"が新醸造所をOPEN