製造業に特化したビッグデータ解析ツールを提供するOptimal Plusが2020年1月15日(水)~17日(金)開催「第12回オートモーティブ ワールド」出展

OptimalPlus Japan株式会社(Japan President:佐藤憲二)は、2020年1月15日(水)から17日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第12回 オートモーティブ ワールド」に出展いたします。

現代のエレクトロニクスと半導体の製造業界では、今までになく製品の品質と生産性の双方の向上が求められ、またコストをできるだけ抑えながら、安全性と信頼性、そして高品質といったゴールを短期間で達成することが求められています。OptimalPlusでは、工場の検査装置から直に製造工程におけるビッグデータを収集、解析して、ほぼリアルタイムで生産・検査状況を把握、モニタリングすることが可能です。

2018年5月には経済産業省から発表された『ものづくり白書』において、OptimalPlusの電子機器製造業におけるノウハウと、ビッグデータの活用の取り組みが紹介され、欧州の自動車製造業において、製造ラインの効率化と歩留まりの改善を達成しているとの所見が述べられています。
今回のオートモーティブワールドの出展では、OptimalPlusの実際のデモンストレーションや、1月16日(木)に行われます、CASEスタートアップフォーラムにJapan President 佐藤憲二が登壇致します。
取材も随時受け付けておりますので、ぜひOptimalPlus出展ブースにお立ち寄りいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

■「第12回 オートモーティブ ワールド」出展情報
東京ビッグサイト (〒135-0064 東京都江東区青海1丁目2−33)青海ホール、ブース番号:A20-42
2020年1月15日(水)~17日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17時まで)
プレス受付(無料):https://contact.reedexpo.co.jp/expo/NWJ/?lg=jp&tp=press&ec=AUTO

■CASEスタートアップフォーラム
セミナータイトル:自動車関連製造での機械学習の活用
概要:製造のパフォーマンスを改善するための製造データの活用と機械学習の使用法を説明する
講演時間:1月16日 (木)12:10 ~ 12:50
登壇者:OptimalPlus Japan President 佐藤憲二
会場:青海展示棟 展示会場内 特設会場


■OptimalPlusとは
OptimalPlusは、自動車、半導体、電子機器業界向けのライフサイクル分析ソリューションのグローバルリーダーであり、ティア1のサプライヤーとOEMにサービスを提供しています。毎年1,000億を超えるデバイスからのデータを分析するOptimalPlusは、歩留まりや効率などの主要な製造指標の強化を可能にし、製品の品質と信頼性を向上させ、サプライチェーン全体を可視化します。他の既存のツールとシームレスに統合されたOptimalPlusのオープンプラットフォームは、機械学習とグローバルデータインフラストラクチャを組み合わせて、リアルタイムの製品分析を提供し、サプライチェーン全体のデータからインサイトを抽出します。OptimalPlusは、アジア、ヨーロッパ、米国、イスラエルにオフィスを構えています。

公式ウェブサイト:https://www.optimalplus.com/jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. OptimalPlus Japan株式会社 >
  3. 製造業に特化したビッグデータ解析ツールを提供するOptimal Plusが2020年1月15日(水)~17日(金)開催「第12回オートモーティブ ワールド」出展