日本初!捕鯨会社が「くじらSDGs」を宣言!

持続可能な捕鯨は、SDGs(持続可能な開発目標)の理念に合致

(株)ミクロブストジャパンは、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発⽬標)の考えに賛同して「くじらSDGs」の活動に取り組みます。将来的な⾷糧難が危惧される中、我々が⾏っている持続可能な捕鯨活動が⾷料供給をはじめ、社会に貢献できると考えています。 この宣⾔は、捕鯨業では⽇本初の試みで、持続可能な産業としての捕鯨を今後も伝え続けていきたいと考えています。

ノルウェーで商業捕鯨を行うMyklebusut Hvalprodukter ASの子会社である株式会社ミクロブストジャパン(本社:東京都中野区、代表取締役:志水浩彦)は、持続的な捕鯨は国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)に合致することを広く日本国内の人に知ってもらうため「くじらSDGs」を設定し、日本国内で鯨肉の販売・普及・伝統文化の保全を行うと宣言しました。

 

SDGsSDGs

SDGs(持続可能な開発目標)とは
SDGs(持続可能な開発目標)は、持続可能な社会の実現のため2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために設定された17のゴールとそれに細分化した169のターゲットで構成される行動目標です。

「くじらSDGs」とは
同社は、持続的な捕鯨はSDGsを構成する17のゴールのうち4つのゴールに対して貢献できると考え、それら4つのゴールを「くじらSDGs」と称して、その理念に則り活動を行います。

持続的な捕鯨が貢献するSDGsの中の4つのゴールとターゲット


SDGsゴール8 :働きがいも経済成長も
ターゲット8.1から8.10で構成されています。
そのうち「くじらSDGs」が貢献できるのは、次のターゲットです。

【ターゲット8.1】
2030年までに、雇⽤創出、地⽅の⽂化振興・産品販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を⽴案し実施 する。
■「くじらSDGs」活動内容
統捕鯨地域の情報収集と発信、鯨のご当地メニュー開発、鯨の⼯芸品の開発
 


 ・SDGsゴール10:人や国の不平等を無くそう
ターゲット10.1から10.7までのターゲットで構成されています。
のうち「くじらSDGs」が貢献できるのは、次のターゲットです。

【ターゲット 10.2】
2030年までに、年齢、性別、障害、⼈種、⺠族、出⾃、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての ⼈々の能⼒強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。
■「くじらSDGs」の活動内容
鯨⾷⽂化の発信をすることで、⼈種、⺠族等の固有の⾷⽂化への差別をなくす。
 


・SDGsゴール12:つくる責任使う責任
ターゲット12.1から12.8までのターゲットで構成されています。
のうち「くじらSDGs」が貢献できるのは、次のターゲットです。

【ターゲット12.2】
2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利⽤を達成する。
■「くじらSDGs」の活動内容
鯨の資源管理に関する正確な情報の発信と持続可能性の検証を⾏う。

【ターゲット 12.5】
2030年までに、廃棄物の発⽣防⽌、削減、再⽣利⽤及び再利⽤により、廃棄物の発⽣を⼤幅に削減する。
■「くじらSDGs」の活動内容
クジラ1頭から利⽤できる部位を最⼤限活⽤し、廃棄する部位を最⼩限にする(筋⾁、ヒゲ等の製品化)

【ターゲット12.8】
2030年までに、⼈々があらゆる場所において、持続可能な開発及び⾃然と調和したライフスタイルに関する情報と意識 を持つようにする。
■「くじらSDGs」の活動内容
持続可能な捕鯨から得られる鯨⾁の利⽤に関する情報発信と販売を⾏う。
 


・SDGsゴール14:海の豊かさを守ろう
ターゲット14.1から14.7までのターゲットで構成されています。
そのうち「くじらSDGs」が貢献できるのは、次のターゲットです。

【ターゲット14.4】
⽔産資源を、実現可能な最短期間で少なくとも各資源の⽣物学的特性によって定められる最⼤持続⽣産量のレベルまで回 復させるため、2020年までに、漁獲を効果的に規制し、過剰漁業や違法・無報告・無規制(IUU)漁業及び破壊的な漁 業慣⾏を終了し、科学的な管理計画を実施する。
■「くじらSDGs」の活動内容
科学的に算出された捕獲枠の範囲内で捕鯨を実施する。

【ターゲット14b】
⼩規模・沿岸零細漁業者に対し、海洋資源及び市場へのアクセスを提供する。
■「くじらSDGs」の活動内容
⼩規模・沿岸⼩型捕鯨者に対し、ネット販売等の市場へのアクセスを提供する。
 

UN SDGsUN SDGs



ミクロブストジャパンが定める「くじらSDGs」理念

「鯨を持続的に利用することで日本の豊かな水産資源と食文化・伝統を保全する」

1.科学的根拠に基づいた持続可能な捕鯨を行う。
2.クジラ1頭を可能な限り有効利用する。
3.持続的な鯨の利用や地域に関する情報提供を透明性をもって行う。
4.鯨肉の持続的な利用(販売・消費)を促進し、地域の文化と経済に貢献する。
上記1~4を循環させることで、「くじらSDGs」を達成する考えです。
 

くじらSDGsくじらSDGs


今、地球は人口増加、食糧不足、森林伐採など様々な問題に直面しています。
国連でSDGsがなぜ提唱されたのかといういと、要は「このままではこの地球に人類が住めなくなってしまうから、みんなで地球のためにできることを考えていこうよ」ということだと思います。

今年(令和元年)日本は31年ぶりに商業捕鯨を再開しましたが、クジラや捕鯨を知らない若い世代は、新たに始まった捕鯨が実はSDGsに合致する持続可能な産業であることを知らない人も多いかもしれません。

同社は「くじらSDGs」の取り組みを通じて、捕鯨に対する見方を再認識してもらい、持続可能な人類の発展と地球との共存を考えるきっかけにして欲しいと考えています。

「くじらSDGs」の詳細
同社HP「くじらにく.com(https://kujiraniku.com/blog/category/sdgs/)」より。

【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社ミクロブストジャパン
担当:志⽔
〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-5
TEL: 080-5428-6410
​メール:info@kujiraniku.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミクロブストジャパン >
  3. 日本初!捕鯨会社が「くじらSDGs」を宣言!