エスモードジャポンの学生がユニクロの着なくなったダウン製品をアップサイクル

世界13カ国にあるファッション専門の教育機関エスモードジャポン(東京都渋谷区)とユニクロ原宿店(東京都渋谷区)の協働企画として2020年4月よりスタートしたサステナブルプロジェクト。持続可能な次世代のファッションを担うエスモードジャポンの学生が、新しい発想とクリエーションでユニクロの着なくなったダウンをモードに蘇らせ、2020年10月31日よりユニクロ原宿店で発表されます。



【エスモードとユニクロ原宿店との取り組み】
エスモードジャポンはユニクロの全商品をリサイクル、リユースする取り組み「RE.UNIQLO」に共鳴し、2020年4月よりエスモードジャポンとユニクロ原宿店とのサステナブルプロジェクトがスタートしました。2020年10月31日から原宿店で発表されるダウンのアップサイクルの作品は、ユニクロが19年にわたって実施してきたリサイクル活動の一環として、店頭でお客様から回収した着なくなったダウンを使って学生により制作されました。

制作スタートにあたり、ユニクロ商品部MD部長の斎藤源太郎氏によるユニクロのサステナブルセミナーがエスモードジャポンで開催され、ユニクロのサステナビリティ活動への理解を深め、9グループ13名の学生の作品の中から、斎藤氏とユニクロのR&Dメンバーによる2回の審査で、4グループ9名の作品に決定しました。4作品のキービジュアルは、学生も撮影に参加し、モデルに着せて、プロのカメラマンにより、エスモード校内で撮影されました。(画像参照)

【学生の作品について】

Group1
作品タイトル:Combine & Enjoy
ウシラ ティサル(3年生)
オリギルブラグ バヤスガラン(3年生)
佐伯日花里(3年生)
 



Group2
作品タイトル:Life Wear  MakE
杉原慶 (1年生)
 



Group3
作品タイトル: Eternal Grace
小野心明 (1年生)
中村芽惟 (1年生)
上野由芽 (1年生)
汲田ひより(1年生)
 



Group4
作品タイトル:Unchanging Beauty
柳澤涼凪(1年生)
 



【今後の予定】
4作品は、10月31日(土)より、ユニクロ原宿店に展示されると同時に、同日12:00から11月4日(水)までの5日間、ユニクロのツイッター(@UNIQLO_JP)上で、人気投票を実施します。1位に選ばれた学生は、2021年春から、株式会社ユニクロのインターンシップに参加する予定です。

【エスモードジャポンのサステナブル教育】
エスモードジャポンでは、ファッションを通して持続可能な社会を実現するためにサステナブル教育をカリキュラムに取り入れ、持続可能で責任あるクリエーションができるデザイナー、パタンナーとして次世代を担う人材を育てています。

お問い合わせ:
広報担当 西野祐子  
TEL : 03-5421-2188 / 080-2208-4324   
MAIL : yuko.nishino@esmodjapon.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エスモード >
  3. エスモードジャポンの学生がユニクロの着なくなったダウン製品をアップサイクル