【すでに導入成果も】FanReC、採用戦略設計からSNSチャネル、採用オウンドメディアの設計、構築、運用・改善を“伴走ワンストップ”でサポートするサービス『arimamaワンストップ』の正式提供を開始

〜人材採用活動の「集める」「残す」「魅せる」をワンストップで〜採用戦略立案とデジタルマーケティングのノウハウを活かし、採用活動のデジタルシフト(DX化)によって、企業に人材が集まる仕組みづくりを実現

■HRに特化したオウンドメディア構築・運用支援サービス『arimama』:
https://arimama.net

企業の採用戦略策定から実行・運用までを一貫して支援し、HRに特化したオウンドメディア構築・運用支援サービス等を提供する株式会社FanReC(本社:大阪府東大阪市、代表:濵田 悠佑、読み方:ファンリク、以下:FanReC)は、イチグウ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:星野 雄大、以下:イチグウ)と法人向けの採用広報支援事業にて提携を行い、2020年10月12日(月)より、採用戦略設計からSNSチャネルを使った母集団形成支援、採用オウンドメディアの設計、構築、運用・改善を伴走型で一貫してサポートするサービス『arimamaワンストップ』(アリママ ワンストップ)の正式提供を開始いたしました。


◆『arimamaワンストップ』リリースの背景
近年、新型コロナウイルスの外出自粛の影響に伴うリモート環境の普及により、採用活動の場がリアル(オフライン)からWEB(オンライン)へと急速にシフトしております。

また、ソーシャルメディアにも目を向けてみると、CMO調査の結果では、2018年2月時点で、企業はマーケティング予算の12%をソーシャルメディアに費やしており、年々、その予算の増加は加速し、ソーシャルメディアの支出は今後5年間でマーケティング予算の20.5%にも達するとの予測がされています。
参考出典:https://cmosurvey.org/social-media-spending-use-and-distraction/

日本においても同様に、総務省のデータからも、ソーシャルメディアを活用する人口が年々増加しており、求職者の就職・転職活動、そして、企業の採用活動におけるソーシャルメディアの活用意欲の高まりは避けて通れないものとなっております。
参考出典:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/200529_1.pdf

このように、「新型コロナウイルスによるオンラインシフト」「ソーシャルメディアの利用ユーザー拡大」、そして、求職者が企業と出会う時から採用活動、内定、入社後、退職後に至るまで、中長期的につながり続ける「エンゲージメント」の重要性の高まりという背景から、企業の採用活動をデジタルシフト(DX化)させていくことが求められております。

しかし、一方で、採用戦略設計やマーケティングのノウハウが乏しいことから、採用活動のDX化の推進や戦略そのものを見直しする必要性は感じていても、戦略全体の絵を描いたり、リソースが不足していたりと、独自で取り組むことが難しいと感じてしまい、なかなか一歩を踏み出せない企業の方の声も多数お伺いすることがありました。また、企業内部の課題形成から解決策立案・実行・改善までの一貫した支援を提供するベンダーが少ないことも一因となっています。

そのような状況から、上流の戦略デザインから実行までをワンストップで支援を行う体制づくりとして、FanReCとイチグウが業務提携を行い、共同でサービスを提供することといたしました。
 

◆業務提携の目的
FanReCはこれまで、「“ファン採用”の実現」を掲げ、企業の採用戦略策定から実行・運用までを支援してまいりました。サービスとして、HRに特化したオウンドメディア構築・運用支援サービスの『arimama』を通じて、求職者のインサイトと企業の“ありのまま”の魅力をつなぐ採用広報活動の支援を行っております。
 


また、イチグウは若年層及びスポーツ系人材のキャリア支援を手掛け、SNSでの集客を強みに母集団形成をし、一部上場企業から数人規模のスタートアップ企業まで幅広いクライアントにマッチした人材をご紹介しています。一つの偶然を素晴らしい出会いにという想いの元、キャリア支援を行っております。

FanReCの創業者である濱田、道場、そして、イチグウの創業者である星野氏は、いずれもHR業界出身であり、フリーランスとしての活動経験も経て、法人向けの人材採用支援の経験・ノウハウを豊富に有しております。FanReCが持つ、採用戦略設計や採用マーケティングのノウハウと合わせ、企業の採用活動をデジタルシフト(DX化)に向けて、お互いのシナジーを生み出していくことが可能と考えております。


◆『arimamaワンストップ』のサービス概要


〜人材採用活動の「集める」「残す」「魅せる」をワンストップで〜

オンライン化の進む採用活動では、合同企業説明会のような場で見られたような偶発的な出会いは発生しにくく、採用企業側は、インナー、アウターともに、オンラインに適したコミュニケーションの再設計をし、意図的に、戦略的にターゲットに情報を届けていくことが大切な取り組みとなっています。

TwitterをはじめとしたSNSは、認知獲得のためのタイムラインへと発信し、ショット型のアプローチで認知・拡散を最大化させると共に、採用オウンドメディアは、コンテンツストック型として、興味喚起や理解などのアトラクト(魅力付け)に効果を発揮します。

上流の戦略デザインの設計を経て、これら一連の施策の連携によって、認知から興味喚起、理解までのエンゲージメント向上、そして、運用面の企画・改善などワンストップ型の支援を行うことが可能となり、企業の独自採用力の確立を目指します。


◆『arimamaワンストップ』の特長・提供価値
  1. ベンダーだけに依存しないSNSによる母集団形成、採用広報面のコンテンツプランニングを通じて、企業の“自前採用”の確立を目指し、採用ブランディング向上とコスト削減を同時に実現させることを目指します。
  2. スタートアップ企業や中堅・中小企業など、リソースやノウハウが不足しがちな企業に、「ノウハウゼロ」でも、ワンストップで採用戦略設計からSNSチャネル、採用オウンドメディアの設計、構築、運用・改善を伴走型パートナーとして提供することが可能です。
  3. “ファン採用”を実現するための全体戦略、エクスペリエンス・コミュニケーション戦略設計、戦術設計、運用、改善までワンストップ型で提供することが可能です。
  4. 徹底した企業理解をするべく、組織の内側(インナーサイド)まで入り込む伴走パートナーとして、上流の戦略デザインから実行までをワンストップで支援することをポリシーとしておりますため、数社限定でお受けします。


◆成果事例
『arimamaワンストップ』の正式サービスリリースにあたり、すでに、Twitterと採用オウンドメディアの活用により、採用難易度が高いといわれる職種の人材募集でも、各社様の成果が出ております。
  【中途エンジニア採用に成功】
Twitterと自社オウンドメディアでの発信により、わずか運用1ヶ月目で中途のエンジニア1名の採用に成功!
参考URL:https://arimama.net/case/834/
  【新卒薬剤師の採用に成功】
薬剤師3名の採用に成功!薬学生のインターンシップの応募も10名と、これまでの接点では出会えていなかった層へのアプローチ強化!
参考URL:https://arimama.net/case/853/
 
  • 潜在層へのアプローチで、中途の施工管理職の経験者採用に成功!
Twitter活用し、施工管理職の採用を支援。 Twitterで募集にて、8名応募、3名が選考に進み、施工管理経験者1名が入社決定。施工管理職に興味がある方に対して、直接的なメッセージではなく「手に職を付けたい方」や「中長期的に着実にキャリアアップしたい方」に向けてメッセージを発信し、施工管理職としてご活躍している方々と同じような思考性を持った層にアプローチ。Twitterをうまく活用することで、顕在層ではなく潜在層にアプローチすることができ、結果、広告費をかけずに採用できました。
 

◆会社概要
【株式会社FanReC】
企業名:株式会社FanReC(ファンリク)
代表者:代表取締役 濱田 悠佑
所在地:大阪府東大阪市
設立 :2019年8月
事業内容: HRコンサルティング/マーケティング/ブランディング/エンゲージメント向上支援事業、HRに特化したオウンドメディア構築・運用支援サービス『arimama』の提供
URL:コーポレートサイト:https://fan-rec.com
   サービスサイト:https://arimama.net

【イチグウ株式会社】
企業名:イチグウ株式会社
代表者:代表取締役 星野 雄大
所在地:東京都渋谷区
設立 :2017年9月
事業内容:若年層向けキャリア支援事業/アスリート支援事業/スキルディベロップメント事業
URL:https://ichigu.co.jp/


◆本件に関する企業様、報道関係様のお問い合わせについて
株式会社FanReC(ファンリク)
担当:道場(ドウジョウ)
Email:info@fan-rec.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FanReC >
  3. 【すでに導入成果も】FanReC、採用戦略設計からSNSチャネル、採用オウンドメディアの設計、構築、運用・改善を“伴走ワンストップ”でサポートするサービス『arimamaワンストップ』の正式提供を開始