―2020「小学生の姿勢に関するママ意識調査」結果―

【コロナ渦で増す子どもの姿勢不安】子供の姿勢改善をしたい母親は7割強!「子どもの努力だけでは改善は難しい」、「根本的な解決策が分からない」などの悩みが明らかに

こども心に寄り添う育児用品ブランドnorokka(ノロッカ)※ では、小学生の長子を持つ母親を対象に「小学生の姿勢に関する意識調査」を行いました。2020年は新型コロナウイルス対策として自宅学習期間があり、母親が子どもと過ごす時間が増えたことによって、子どもの姿勢への関心が高まっていることが明らかになりました。
【インターネット調査、調査期間:2020 年11月 11 日~16日、サンプル数:551】
調査総括
  1. コロナ渦の自宅学習期間により子どもの姿勢が悪いと感じる機会が「増えた」という回答は41.5%にのぼり、姿勢に対する関心の高まりが明らかとなった。
  2. 子どもの「姿勢改善をしたい」母親は73.9%にものぼり、潜在的なニーズの高さが確認できた。 
  3. 姿勢を悪いと感じる時は、主に座姿勢(「勉強時」75.2%、「食事時」72.7%、「テレビ視聴時やテレビゲーム時」62.1%)であることがわかった。
  4. 姿勢改善に関する悩みの上位は子どもの努力だけで正しい姿勢を持続できない」45.4%、「根本的な改善策が分からない」42.4%ということがわかり、姿勢改善に対する課題が確認できた。

調査の結果、子どもの姿勢改善を望む母親は約7割にのぼるにも関わらず、姿勢改善に対して課題があることがわかりました。また、新型コロナウィルスの影響によりお子さんの姿勢に対する関心が高まったことが明らかとなり、今こそ子どもの姿勢と向き合うべき時と実感しております。

norokkaでは、「子どもの努力だけでは正しい姿勢を持続できない」という課題に、新商品「こどもの骨盤クッション」を通じて正しい姿勢を保つサポート、「根本的な改善策が分からない」という課題にはnorokka公式サイト(https://norokka.com/)で 「子どもの姿勢 基礎知識」を公開しています。姿勢改善に対する課題を「道具と知恵の両輪」でサポートして参ります。

※ norokkaは、株式会社アークズ(本社所在地:東京都港区、代表取締役:村住明彦)が展開する育児用品ブランドです。
  • 子どもの姿勢が「悪い」と感じている母親が約6割!
小学生のお子さんを持つ母親に子どもの姿勢について聞いたところ、59.5%の方が「悪い」「やや悪い」と感じると回答。姿勢が「良い」「やや良い」と答えた方はわずか7.1%となり、全体的に子どもの姿勢が「悪い」傾向にあることがわかります。

 

 
  • 41%の母親が、コロナ渦で姿勢が悪いと感じる機会が「増えた」と回答
コロナ対策による自宅学習中、コロナ以前と比べて姿勢の悪さを感じる機会が増えたか聞くと、「増えた」が41.0%となりました。母親は子どもと過ごす時間が増えたことにより、姿勢に対する意識が変わったことが明らかになりました。

 

 
  • 姿勢の悪さを感じるのは、座姿勢だった(1位「勉強時」2位「食事時」3位「テレビ視聴やゲーム時」)

子どもの姿勢が「悪い」「やや悪い」と回答した方に、どのような時に姿勢が悪いと感じるか聞いたところ「勉強時」74.7%、「食事時」72.9%、「テレビ視聴時やテレビゲーム時」62.8%という回答となり、座り姿勢が高い割合を占めています。一方、「歩行時」「運動時」は低い順位という結果となりました。

 

  • 子どもの姿勢を改善したい母親は7割を超える!  
子どもの姿勢については「すぐにでも改善したい」「改善したい」の回答が73.6%となりました。子どもの姿勢を「悪い」と感じていない場合でも、さらなる姿勢改善を望んでいることがわかりました。

 

  • 姿勢改善で効果があると思うこと1位は「身体や視力への影響」
姿勢改善をすることでどのような効果があると思うか聞くと、「身体や視力への良い影響」が71.1%、「見た目の印象が良くなる」が58.8%、「学習意欲や成果の向上」45.0%と続き、姿勢を通して様々な面で子どもを守りたいという母親の意識が伺えます。

 

  • 約2人1人は、子どもの努力だけでは姿勢改善に限界があると感じている
姿勢改善に関する悩みは、約半数の母親が「子どもの努力だけでは正しい姿勢を持続できない」45.4%、「根本的な改善策が分からない」42.1%と回答。また姿勢改善の対策として最も多かった「声かけ」に対しても、実際には「何度も声をかける時間を持てない」30.5%と、姿勢改善に対する課題が顕著に現れる結果となりました。

 

 

  • 「定期的な声かけ」だけでは姿勢改善は難しい?!
姿勢改善のために「定期的な声かけ」をしていると回答した人のうち、半数以上の母親が姿勢改善について「根本的な解決策がわからない」と回答している。このことから、「定期的な声かけ」だけでは姿勢改善が困難であることが明らかとなりました。また、子どもの体型にあった椅子や机を使用したり、姿勢改善の器具を使用したりと、各家庭で色々な対策がされていますが、約20%の方は「特に何もしていない」という結果となりました。

 
  • norokkaでは、姿勢改善に関する悩みを徹底サポート!
 


​骨盤クッションで身体をサポート
「正しい姿勢が持続できない」未発達な子どもの身体を、クッションによって姿勢改善のサポートをします。

 

※大学の研究機関において効果が実証されました。(詳細は楽天市場の商品ページをご参照ください)


姿勢コンテンツで知識をサポート
「根本的な改善策が分からない」と感じている方には、norokka公式サイトにて、どなたでもご覧いただける『子どもの姿勢 基礎知識』(https://norokka.com/pg/)というコンテンツサイトを設置。「姿勢がいいと、どのようないいことがあるの?」、「正しい姿勢ってどういう姿勢?」など、親子で一緒に学べる内容となっており、正しい知識によって子どもの姿勢改善をサポートします。
 

商品概要

  • 商品名:こどもの骨盤クッション            
  • 価格:5,980円(税込)※送料込み    
  • 仕様:約164g、(W) 26cm(H)14cm(D)4cm
  • 対象:小学生前後のお子様がご使用いただけます。
  •  適合:平らな座面で体が沈み込まない程度の硬さがある椅子に使用可。
  • 色:ペールグリーン / ペールブルー / ベージュホワイト(左から)
  • 販売:ノロッカ楽天市場店 (https://www.rakuten.co.jp/norokka/kkc-001)

     

 


norokka(ノロッカ)について

norokka(ノロッカ)は「こども心に寄り添う」育児用品ブランドとして2018年に子供乗せ自転車用のポップアップレインカバーを発売開始。その後、キッズバイク用の背負えるバッグなど、子どもの視点に立った独自商品を展開。

公式サイト:https://norokka.com
ノロッカ楽天市場店:https://item.rakuten.co.jp/norokka/kkc-001
公式Instagram:https://www.instagram.com/norokka.official
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アークズ >
  3. ―2020「小学生の姿勢に関するママ意識調査」結果―