【イベントレポート】約160万人が視聴!テリー伊藤さん、夏木マリさん、水原希子さん、りゅうちぇるさんなど16名のゲストが登場東京レインボープライドのオンライン配信「#おうちでプライド2021」

”性と生”の多様性について熱いトークが繰り広げられた2日間世界を変えるためにあげた”声”とは

特定非営利活動法人 東京レインボープライド(共同代表: 杉山文野、山田なつみ) は、2021年4月24日(土)・25日(日)に、トークライブ「#おうちでプライド2021」をオンラインにて開催いたしました。東京レインボープライド設立10周年を迎える今年は「声をあげる。世界を変える。」をテーマに、16名の豪華ゲストと性と生の多様性への理解を深めることを目的としたトークライブを実施しました。

共同代表理事の杉山文野と山田なつみ、そして女装パフォーマーでライターのブルボンヌさんが司会を務め、総勢16名の著名人とともにLGBTQをはじめとするすべての人が暮らしやすい社会についてトークを展開しました。

■DAY1 4月24日(土)
初日のトップバッターを飾ったのは、自身も同性愛者とカミングアウトしているロバート キャンベルさん。昨今のLGBTQを取り巻く問題について「国民の意識はこのコロナ禍で急速なスピードで分岐点を超えた一方で、まだ超えられていないのが政治だと思います。」とコメント。そのために起こすべきアクションは、投票する、政治家にメールを送るなど、”声を届け続ける”こととご自身の視点から話してくれました。続いて、自身のYouTubeでも性教育について具体的に声をあげられているSHELLYさんが登場。「自分の体、人の体を大事にしよう、ということを教育の中でしっかり伝えていくことで、偏見のない平等な社会につながると思っています。」と力強くコメントし、司会3人も大きく頷き共感していました。

そしてこれまでも東京レインボープライドのイベントに多数参加しているミッツ・マングローブさんは、「多様性を認める、ということは批判的な意見も含めて、一緒に考えていく姿勢が必要ということ。」と、LGBTQに限らず、コロナ禍の日本社会における課題に触れられました。

その他、廣瀬俊朗さん、落合陽一さん、阿部知代さん、水原希子さんも、それぞれの視点から多様性あふれる社会の実現に向けて、ご自身の経験を踏まえた熱いコメントをいただきました。

最後は水原希子さんのそのまっすぐな思いに、司会3人の目には涙があふれ、知るきっかけがあること、きっかけを作り出す、提供することの大切さを実感した初日となりました。

 


また、同日4月24日(土)はオンラインプライドパレードも開催しました。「#おうちでプライド2021」「#声をあげる世界を変える」の2つのハッシュタグを付けて、今、困っていることや、変わってほしいと感じている社会のルールや価値観、制度に対してあげたい「声」を、SNS(Twitter・Instagram・Facebook)で投稿することで参加できるコンテンツです。「こんな時代だからこそ自分のことも相手のことも大切にしたい。 同じ人なんていない。誰もが自分らしく生きられる社会に。」「保育現場でも「多様な性」について知ることができる機会が増えてほしい!どの子にとってもより良い環境づくりへと繋がっていくように。」など、誰もが暮らしやすい社会を実現するために傾けるべき声が溢れました。

■DAY2 4月25日(日)
2日目は、せやろがいおじさんさんからスタートし、続けてミラクルひかるさん、YOUさんが登場。次のゲスト、テリー伊藤さんは司会のいるスタジオにお越しいただきました。15年前から、共同代表理事 杉山と付き合いがあるというテリーさんの、パワフルなトークでスタジオはさらに盛り上がりました。「当事者ということでポジティブ・ネガティブ問わず、注目されてしまうことがあるけれど、だれと付き合ってもいいし、そして別れてもいい。それはセクシュアリティ関係なく、人としてあることなんだから。」とコメントしました。

続いてりゅうちぇるさん、乙武洋匡さんが10代・20代のTRPボランティアメンバーを中心に設立したYOUTH PRIDE JAPAN(以下、YPJ)と共に登場。YPJのリアルな声を聞き、りゅうちぇるさんは「知らないから拒否、否定してしまうということもあると思う。だから僕は、今後も僕自身がメディアに出て多様な生き方があるということを体現していって、知ってもらうきっかけを作っていく必要があると思っています。」とご自身の役割をどのように考えているか教えてくれました。一方乙武さんは、自己肯定感が低いというYPJのメンバーへ「僕は自己肯定感は高いけれど、自信はない。でも自分のダメなところもひっくるめて自分は自分だ!と思えること。そうして自分のハードルを下げてあげることで、自己肯定感、セルフラブにつながると思います。」とメッセージを送りました。

その他アン ミカさん、長谷川ミラさんも登場。そして2日間にわたる「#おうちでプライド2021」のラストを飾ったのは、7年ぶりのご出演となった夏木マリさん。「私はエンターテイメントに関わる人間として、こうして出させていただける機会があるのであれば行動していきたいと思っています。未来を変えるには、今、行動する。失敗だらけの人生ですが、それらも良しとして前に進まないと楽しくないので、まずは1歩、自分が動いていくことで、きっと周りもついてきてくれると思っています。」と、力強いメッセージをいただきました。

最後に共同代表理事 杉山からは「声をあげる時には、正しい表現を使用することは大切ですが、今は、少しの間違いを大きな問題として批判する人が多いように感じます。声をあげた人の本質的な意見や、問題が見えなくなってしまっていることを、変えていきたいですね。」とコメントがあり、同じく共同代表理事 山田からの「プライドウィークはまだまだ続きます。引き続き様々なコンテンツをお楽しみください。ハッピープライド!」という挨拶で、「#おうちでプライド2021」は大盛況のうちに幕を閉じました。

■「#おうちでプライド2021」、オンラインプライドパレード参加者
オンライントークライブ 24日 総視聴者数  760,635人
オンライントークライブ 25日 総視聴者数  834,707人
オンライントークライブ 両日 総視聴者数  1,595,342人
オンラインプライドパレード 参加者数  後日TRP公式にて発表

TRP2021後援自治体  1都道府県、81市区町村(4/22時点)


■今後のイベントスケジュール(配信URL:https://www.youtube.com/c/TokyoRPride/

4月26日(月)~5月5日(水・祝)「LGBTQの今を知る15選」

4月26日(月)~5月5日(水・祝)までのプライドウィーク期間中毎日、LGBTQと教育、スポーツ、法整備、防災、医療、職場、難民、性暴力、地方都市など、各テーマに分けたオンラインコンテンツを配信します。各回20分ほどで、多様な視点からLGBTQの今を知ることができます。

「LGBTQ」「多様性」という言葉は浸透しつつも、当事者を取り巻く環境、誰もが暮らしやすい社会への実現には課題が山積みとなっているのが現状です。本コンテンツでは、根強く残る差別・偏見、そこから起こる様々な課題をより多くの方に知っていただくことで、日本社会全体で LGBTQおよび多様な価値観・生き方 に対する理解を深め、課題解決の一助となることを目的としています。

 

1. LGBTQと法整備    :LGBT法連合会事務局⻑ 神⾕悠⼀⽒
2. LGBTQと職場     :認定NPO法⼈虹⾊ダイバーシティ代表 村⽊真紀⽒
3. レインボーコミュニティと防災:弘前大学助教 ⼭下梓⽒
4. LGBTIQコミュニティと性暴⼒:Broken Rainbow Japan 宇佐美翔⼦⽒(代表) 岡⽥実穂⽒(理事)
5. LGBTQとフェミニズム :東京⼤学教授 清⽔晶⼦⽒
6. LGBTのTをめぐる用語の変遷:⼤阪府⽴⼤学教授 東優⼦⽒
7. LGBTQと国際社会    :青山学院大学教授 ⾕⼝洋幸⽒
8. LGBTQと子ども・教育  :認定NPO法⼈Rebit代表理事 薬師実芳⽒
9. LGBTQと感染症     :認定NPO法⼈ぷれいす東京 代表 ⽣島嗣⽒
10. LGBTQとスポーツ     :中京⼤学教授 來⽥享⼦⽒
11. LGBTQの多様性      :NPO法人にじいろ学校 今徳はる香氏
12. LGBTQと地⽅・地元コミュニティ:富⼭⼤学人文学部准教授 林夏⽣⽒
13. LGBTQと医療      :大手前大学国際看護学部教授 藤井ひろみ⽒
14. LGBTQと難⺠      :NPO法⼈WELgee代表理事 渡部カンコロンゴ清花⽒
15. LGBTQとは       :NPO法人東京レインボープライド代表理事 杉⼭⽂野

5月5日(水・祝)「多様な”かぞく”を考える〜選択的夫婦別姓・特別養子縁組・同性婚〜」
個人のライフスタイルの多様化にともない家族のありかたも多様化している中、選択的夫婦別姓、特別養子縁組、同性婚など様々な視点を共有することでこれからの家族のありかたを考えます。
 登壇ゲスト  :青野慶久氏 サイボウズ株式会社、代表取締役社長、久保田智子氏 TBS報道局、寺原真希子氏 一般社団法人 Marriage For All Japan 代表理事
モデレーター  :杉山文野 東京レインボープライド共同代表理事
参加費  :無料
申し込み方法  : https://trp2021-0505.peatix.com/(事前予約制)

■東京レインボープライド2021 開催概要
期間      :2021年4月24日(土)~5月5日(水・祝)
配信メディア  :TRP公式YouTube「TRPチャンネル」https://www.youtube.com/c/TokyoRPride/
        TRP公式Twitterアカウント:https://twitter.com/Tokyo_R_Pride
主催      :特定非営利活動法人 東京レインボープライド
後援(自治体):渋谷区(東京都) / 鹿沼市(栃木県) / 木城町(宮崎県) / 府中市(東京都) / 東かがわ市(香川県) / 新潟市(新潟県) / 広島市(広島県) / 栃木市(栃木県) / 足立区(東京都) / 板橋区(東京都) / 川越市(埼玉県) / さいたま市(埼玉県) / 大東市(大阪府)/ 那覇市(沖縄県) / 岡山市(岡山県) / 北本市(埼玉県) / 松戸市(千葉県) / 横須賀市(神奈川県) / 弘前市(青森県) / 中野区(東京都) / 品川区(東京都) / 渋川市(群馬県) / 逗子市(神奈川県) / 吉野川市(徳島県) / いなべ市(三重県) / 古賀市(福岡県) / 西尾市(愛知県) / 小田原市(神奈川県) / 台東区(東京都) / 交野市(大阪府) / 宝塚市(兵庫県) / 三豊市(香川県) / 千葉市(千葉県) / 鴻巣市(埼玉県) / 三浦市(神奈川県) / 横浜市(神奈川県) / 大泉町(群馬県) / 江戸川区(東京都) / 伊丹市(兵庫県) / 明石市(兵庫県) / 福岡市(福岡県) / 国立市(東京都) / 三田市(兵庫県) / 坂戸市(埼玉県) / 鎌倉市(神奈川県) / 北区(東京都) / 藤沢市(神奈川県) / 豊明市(愛知県) / 京都市(京都府) / 堺市(大阪府) / 枚方市(大阪府) / 東松山市(埼玉県) / 富士市(静岡県) / 三芳町(埼玉県) / 文京区(東京都) / 川崎市(神奈川県) / 熊本市(熊本県) / 安中市(群馬県) / 国分寺市(東京都) / 葉山町(神奈川県)/ 宇部市(山口県) / 相模原市(神奈川県)/ 葛飾区(東京都) / 指宿市(鹿児島県) / 宮崎市(宮崎県) / 茨城県 / 松本市(長野県) / 北九州市(福岡県) / 江東区(東京都)/ 埼葛郡市人権施策推進協議会(埼玉県内構成団体/三郷市、八潮市、越谷市、吉川市、春日部市、杉戸町、宮代町、松伏町、久喜市、 幸手市、蓮田市、白岡市)(4/24・4/25のみ) ※承認順、4月19日現在

■協賛(自治体)  :豊島区(東京都)(4/24・4/25のみ)※4月19日現在
■後援  :インターネットメディア協会

 

「東京レインボープライド」は、LGBTQをはじめとするセクシュアル・マイノリティ(性的少数者)が、 差別や偏見にさらされることなく、より自分らしく、前向きに生きていくことができる社会の実現を目指し、イベントを通してLGBTQ当事者並びにその支援者(Ally)と共に、「“性”と“生”の多様性」を祝福し、つながる「場」を提供します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人 東京レインボープライド >
  3. 【イベントレポート】約160万人が視聴!テリー伊藤さん、夏木マリさん、水原希子さん、りゅうちぇるさんなど16名のゲストが登場東京レインボープライドのオンライン配信「#おうちでプライド2021」