クラウドファンディングで累計約1500万円を売り上げた、モノづくり企業とデザイナーによる商品開発プロジェクト「Aichi Design Vision」の第2弾がスタート

商品開発のテーマは「ニューノーマルを楽しむモノ」です。商品を通じて、暮らしを楽しく豊かにする体験をお届けします。

株式会社AMN(本社:愛知県安城市 代表:原渉)は、モノづくり企業とデザイナーによる商品開発プロジェクト「Aichi Design Vision」の第2段を2021年7月より開始します。「モノづくり」と「デザイン」の力で、消費者の心に響く商品開発を行います。

Aichi Design Visionはコロナ禍を背景に立ち上がったプロジェクトであり、時代や社会情勢を意識した商品開発を行います。今年度の商品開発のテーマは「ニューノーマルを楽しむモノ」です。昨年度に引き続き、新たな生活様式を念頭に置きながらも、暮らしを楽しく豊かにする商品を生み出すことを目指します。


Aichi Design Vision 2021では、東海地方を中心とするモノづくり企業4社と、デザイナー5組による5つの商品開発チームが結成されました。


商品開発プロジェクトは2021年7月からスタートし、工場見学やオンラインミーティングを重ねて商品開発を進めていきます。2021年の12月から2022年の1月を目標に、開発した商品のクラウドファンディングへの掲載も計画しています。


今年はどんな商品が完成するのか、モノづくり企業とデザイナーによる異業種マッチングによってどんなストーリーが生まれるのか、今後のAichi Design Vision の動向に是非ご注目ください。活動内容はプロジェクトページ、Instagramにて配信します。

下記にて、Aichi Design Vision 2021 に参加されるモノづくり企業様、デザイナー様を商品開発チームごとに紹介しています(順不同、敬称略)。
 

  • ​旭鉄工株式会社 × Nyokki

~ 旭鉄工株式会社 ~


企業紹介
旭鉄工株式会社は、車に使われている部品(エンジン部品・トランスミッション部品等)を熱間鍛造などの塑性加工から機械加工、溶接、樹脂成型、組付の工法を駆使し、一貫生産できるのが特徴です。最近ではIoTを活用し、トヨタ生産方式に則り改善を進めています。

参加を決めた理由
「デザイナー × 旭鉄工」の工法で新たな価値を創造したく、Aichi Design Vision 2021に参加を決断しました。

意気込み
従業員からお客様まで喜ばれる新しい商品を世に出したいです。

~ Nyokki ~


デザイナー紹介
「日常の気づきから、課題の抜け道をデザインします」
日々の何気ない会話や行動、現象の中で気づいた違和感を発端に、より良くできる視点を発見します。人々の生活や社会に向けて、実はそこにあったけれど気づいていなかった“抜け道“のあるアイデア提案を心がけています。

受賞歴
KOKUYO DESIGN AWARD  Grand Prize(2017)、ARTSTEEL AWRD  Special Prize(2019)、TOKYO MIDTOWN AWARD  Finalist(2019)など受賞致しました。

参加を決めた理由
本プロジェクトのコロナ禍においてもモノづくりを通して“豊かな生活“と”幸せ“をお客様に届けたいという想いに共感し、日頃感じている違和感や気づきを商品として世の中に実装できるチャンスと捉えたからです。

意気込み
愛知のモノづくり技術を最大限に生かし、新たな価値をお客様へ提供します。
 
  • 旭鉄工株式会社 × 不破健男

旭鉄工株式会社様は上記にて紹介しています。

~ 不破健男 ~


デザイナー紹介
東京を拠点に活動するデザイナーです。1985年千葉県生まれで、大学院卒業後2013年から総合電機メーカーにて白物家電を中心に、外観デザイン、コンセプトデザインなどに従事しております。2016年からは精密機器メーカーにてUXデザイン、サービスデザイン、新規事業開発など業務の幅を広げています。フリーランスデザイナーとしても、インダストリアルデザイン、UXデザイン、グラフィックデザインなど分野を問わず活動しております。

受賞歴
これまでTOKYO MIDTOWN AWARD 優秀賞(2017)、サンワカンパニーデザインアワード 最優秀賞(2020)などを受賞致しました。

参加を決めた理由
Aichi Design Visionの、モノづくりの現場の方々とデザイナーが二人三脚で開発を進められる点に魅力を感じたからです。

意気込み
旭鉄工さんと協力し、素材や製法の新たな魅力を引き出せるようなものを作り上げていきたいと思います。
 
  • 株式会社サカキバラコーポレーション × 岩松直明

~ 株式会社サカキバラコーポレーション ~


企業紹介
株式会社サカキバラコーポレーションは今年創業60周年を迎える工業用ゴム部品メーカーです。材料の選定から配合設計、開発、製造、検査、出荷までの一貫生産体制を保有しています。主に自動車関連のゴム部品を製造しており、今後は様々な分野の困りごとをゴムで解決していきたいと考えています。

参加を決めた理由
今まではBtoBの取引きが全てで、消費者により近い製品を作りたいと考えています。「うちの会社はこんな自社商品が出来るんだ」という社員が自慢出来る会社にしたいです。

意気込み
世の中にゴム部品メーカーとしてサカキバラコーポレーションの名が少しでも認識されるようになりたいです。デザイナーさんと協力し世の中のためになる製品を生み出します。

~ 岩松直明 ~


デザイナー紹介
大手情報機器メーカーにて、業務用機器のプロダクトデザインやクリエイティブを軸にした新規事業企画とデザインを担当しました。2020年からはデザインイノベーションファームにて、様々な企業の新事業創出や製品デザインを担当しました。また、デザインユニット『akii』として、想いをもった創業者や新しい分野にチャレンジする中小企業の方々に対し、新製品開発やブランド開発をサポートするデザインコンサルティング業務を請け負っております。 京都工芸繊維大学/大学院にてデザイン経営工学を専攻し2014年卒業。奈良県生まれ。

受賞歴
グッドデザイン賞、独iF Design Awardなど国内外での受賞歴多数あります。

参加を決めた理由
日本の産業を支えてきた中小企業やB2B企業の技術や人々の想いをデザインの力で、現代のライフスタイルにフィットする形で届けることを常に考えてきました。Aichi Design Visionの目指すコンセプトや参加企業様の意気込みにとても共感したので参加を決めました。

意気込み
今回タッグを組ませていただく株式会社サカキバラコーポレーション様が培ってきた工業用ゴム製品および関わる高い技術やものづくりの想いを最大限引き出し、これからの暮らしを少しでも豊かにするブランドと製品をデザインしたいと思います。
 
  • 株式会社タキオン × なかよし

~ 株式会社タキオン ~


企業紹介
株式会社タキオンは、精密プレス加工をコア技術とした、金属加工による試作品製造を得意とする会社です。
自動車部品メーカーの開発・試作品製造に携り、「顧客の開発を全力で支援する会社」として活動しています。社名は光より速いといわれる粒子が由来で、顧客から社名の通り「どこよりも速い仕事」をミッションとしています。

参加を決めた理由
自動車産業の大変革時代の中で、下請けメーカーからの脱却を目指し、新製品開発を通じて、自社の可能性を広げたいと思い参加を決めました。デザイナーの観点から、今まで気づけていなかった自社の強み・新たな可能性を引き出してもらえたらと思います。

意気込み
自動車産業の裾野で培った技術を活かし、真に売れる製品・ニーズのある製品を開発し、市場に選ばれる製品づくりを目指します。

~ なかよし ~


デザイナー紹介
なかよしは、プロダクトデザイン、UI/UXデザイン、サービスデザインをそれぞれ専門とするデザイナーが集まったデザインユニットです。 人とモノの新たな関係性をメインテーマとして生活に彩りを添え、日常を少し特別な日に変えるようなデザインに取り組んでいます。

参加を決めた理由
タキオンさんの特徴である高品質で、スピード感のあるモノづくりと、新しいことへのチャレンジ精神のある会社の雰囲気に可能性を感じ、ぜひ一緒にモノづくりにチャレンジしたいと思い、参加しました。

意気込み
大きく価値観が変わりつつある今だからこそ、技術や想いを持ったモノづくり企業と共に、生活を楽しく豊かにするお手伝いができればと思っています。
 
  • 有限会社早野研工 × 鈴木僚・秋山 朝子

~ 有限会社早野研工 ~


企業紹介
岐阜県大垣市で産業用部品を手掛ける金属加工メーカーです。数年前から『待ち工場から価値工場を目指す!』をコンセプトにBtoC向けの商品開発に取り組んでいます。今年2月の東京ギフトショーで当社新商品焚き火台『FireBase』が650点以上の商品の中からグランプリを受賞し、ニュース等で取り上げていただきました。

参加を決めた理由
私達の商品開発は社内でアイデア出し・設計・製作・販売を手探りで行っています。今まで様々創ってきましたが、試作品止まりで商品化に「至らない」、「売れない」、といったことが課題となっていました。このプロジェクトで商品開発から販売までのノウハウを学ぶとともに、新たな柱となる商品ができればと思い、参加させていただきました。

意気込み
先般のグランプリ受賞では、大きな反響がありました。私達町工場でも挑戦の積み重ねがこのような結果に繋がったことが大きな喜びでした。地元から、自信を持ってお届けできる商品が生まれるよう、メンバーの皆様と一緒に頑張っていければと思います。

~ 鈴木僚・秋山朝子 ~

デザイナー紹介

プロダクトデザインを軸に活動するデザイナー。インハウスデザイナーとしてプロダクトデザイン、UIデザイン、新規事業開発などに従事。フリーランス活動ではクリエイティブディレクション、地場産業支援、サイン計画などを経験。東日本大震災による災害遺児とその保護者に向けてものづくりワークショップを継続している。

受賞歴
iF DESIGN AWARD、グッドデザイン賞、日本サインデザイン賞などを受賞。

参加を決めた理由
東海地方へ拠点を移し、地場に根差したものづくりを応援したいと考えました。

意気込み
企業様と共に「長く愛される商品」を開発していきます。
 
  • Aichi Design Vision のご紹介
 
Aichi Design Vision では、アイディア・コンセプトに関するプロフェッショナルである「デザイナー」と、製造に関するプロフェッショナルである「モノづくり企業」が共同開発することで、市場競争力の高い商品を開発します。

昨年度実施したAichi Design Vision 2020では、「アフターコロナを楽しむモノ」をテーマに商品開発を行いました。今年度実施するAichi Design Vision 2021の商品開発テーマは「ニューノーマルを楽しむモノ」です。昨年度に引き続き、新たな生活様式を念頭に置きながら、暮らしを楽しく豊かにする商品を生み出すことを目指します。
 


■ Aichi Design Vision 2020で開発した商品

【OOPARTS‐001】株式会社セイワ × AATISMO
「古代の石器」を「現代の素材と技術」でアップデートした製品、それがOOPARTS-001です。オブジェとして飾れる開梱ナイフは、“荷物を開ける 作業”を“開梱を楽しむ体験”に変えてくれます。精密切削加工の技術を使ったアルミ総切削の重厚感と輝きを楽しめる、アートピースの様な逸品です。

【十年急須】株式会社鈴木化学工業所 × 星野泰漢
十年急須は、樹脂の強みを生かした軽くて割れないモダンな急須です。耐久10年10万kmの自動車技術から生まれた、軽くて割れない モダン急須として開発しました。自動車部品の開発で使われている応力解析を用いることで耐久性の高い急須に仕上がっています。

【corncob】長江紙器株式会社 × 石垣純一
corncob(コーンコブ)は、こどもと過ごすお家時間を充実させる、76つのパーツを接着剤なしで組み立ててつくるダンボール製 スツールです。自分が組み立てた専用チェアだからこそ愛着が湧いたり、一緒に作った時間が家族の思い出になります。

【COBITSU】有限会社大橋量器 × 南地秀哉
 COBITSU(こびつ)は、炊きたてのように美味しく冷凍ご飯をいただける枡のおひつです。COBITSUを電子レンジで温めてそのまま食卓に出すと、 ほっと心が落ち着くほのかな桧(ひのき)の香りが広がります。疲れた心をそっと癒してくれるCOBITSUが、いつもの暮らしに幸せと喜びの贅沢 なひとときを贈ります。

【ECサイト】
Aichi Design Vision 2020で開発した4商品は、弊社が運営するECサイトにて販売しています。

プロジェクトページ:https://adv-aichi.com/
ECサイト:https://shops.adv-aichi.com/
Instagram:https://www.instagram.com/aichi.design.vision/

■ 本件に関する個人・法人の方からのお問い合わせ先について
株式会社AMN お問い合わせフォーム
https://adv-aichi.com/contact/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AMN >
  3. クラウドファンディングで累計約1500万円を売り上げた、モノづくり企業とデザイナーによる商品開発プロジェクト「Aichi Design Vision」の第2弾がスタート