わいんびとが、山梨県の日本ワイン生産者「ロリアンワイン」の2021年ヴィンテージレポートを発表。

ロリアンワインの2021年は、ピュアなヴィンテージ

日本ワインの文化振興・販売促進事業を展開する株式会社LASTSHIP(本社:広島県広島市、代表取締役社長:山下武)が運営する、日本ワイン専門のモール型ECプラットフォーム「わいんびと」は、日本ワインの産地PR支援プログラム「ヴィンテージレポート」(以下、本プログラム)で、わいんびと生産者パートナーの白百合醸造株式会社(本社:山梨県甲州市、代表取締役社長:内田多加夫、ブランド呼称:ロリアンワイン、以下ロリアンワイン)のヴィンテージレポートを発表いたします。
本プログラムは、日本ワイン生産者のヴィンテージレポートを発表し、日本各地のワイン産地の動向を年次で分かりやすく伝え、日本ワインの飲用体験をより価値のあるものにするための日本ワインの産地PR支援プログラムです。ヴィンテージはぶどうの収穫年を指し、ヴィンテージレポートは「ぶどうの生育」「収穫時期」「ワインの出来」で整理してヴィンテージ動向をまとめたものです。
本プログラム概要
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000093187.html
 


ロリアンワイン(山梨県)の2021年ヴィンテージレポート
総括
2021年を一言で言い表すなら「ピュアなヴィンテージ」。天候の影響がそのまま表れているヴィンテージと言えるでしょう。収穫したぶどうを見極め、造り手が丁寧な発酵管理、貯酒管理を加え、純粋な勝沼らしいワインになりました。

ぶどうの生育

比較的暖かく降水量も少なく日照量が多い冬でした。寒さが一段と厳しくなるこの季節は剪定と圃場の整備。ぶどう棚のワイヤーに切れたところはないか確認し必要であれば補修を行います。それからワイヤーに巻き付いた巻ひげを取り除く作業も次に実るぶどうのために行う大切な作業の一つです。


例年並みの降水量と日照量で好天候に恵まれた春。3月にはぶどうの木の古い樹皮をはがし、4月には芽かきや枝の誘引、5月には花が咲き始め摘房作業が始まりました。特に2021年は甲州種が例年の4~5日早いペースでの成長を見せました。これを受けて例年より早く笠かけも行われました。


梅雨入りは例年より遅く、梅雨明けが例年より早く、梅雨時期が短い年でした。また2021年の梅雨時期は少雨で病害もなくぶどうは健全な結実を迎えました。しかし8月に入ってから中旬に長雨が続き、日照不足と低温が続きました。下旬には天候は回復しましたが、中旬の悪天候が影響し糖度が上がらず、一部では水分過多で裂果したものもあり、ぶどうの生育が危ぶまれました。


秋雨前線の活動が弱く9月に入り好天候に恵まれ、日照時間も多い年でした。ぶどうの収穫が本格的に始まり、8月に懸念されていた収穫量や糖度も例年並みまで回復しました。例年より早い笠かけと春先に粗皮はがしを行ったことが功を奏し、多くのぶどうを病害虫から守れ、特に甲州はきれいな房を収穫することができました。

収穫状況
デラウェアの仕込みが8月上旬から始まり、アジロン・ダックが1週間後、そして9月頃から甲州とマスカット・ベーリーAがほぼ同時期に始まりました。甲州とマスカット・ベーリーAの収穫が年々早まってはいるものの、仕込みがほぼ同時期に始まり、同時期に終わるのは珍しいことです。春先までの天候は非常によく、期待はしていましたが、8月のまとまった長雨で糖度は期待値を下回ったものの、平年並みの収穫量となりました。糖度を上げることよりも健全果の収穫を優先し、pH、総酸の良い状態でワインを仕込みました。自社畑では甲州、マスカット・ベーリーA共に腐敗果の摘粒をしっかりと行い、良い状態で仕込みができました。また、契約農家さんの努力のおかげもあり、きれいな(質のいい)ぶどうを仕込むことができました。

ワインの出来
2021年のワインは長雨により病害は多かったものの、社員で摘粒をし、手間はかかりましたが品種の特徴をしっかりと感じられるきれいなワインになりました。甲州はフレッシュ感や品種特有のアロマ、苦みを感じられるシャープなワインになり、マスカット・ベーリーAはいちごやキャンディーのような甘い香りと果実味あふれるワインになりました。自社のマスカット・ベーリーAに関しては糖度もしっかり上がり、色調も濃く、非常にいい状態だと言えます。欧州系品種は糖度の上がりにくい年ではありましたが、低めのpHで酸もしっかりとあり、バランスのいいワインに仕上がりました。長期熟成させるよりは今すぐに味わっておいしいワインに仕上がっています。

2021年ヴィンテージのおすすめワイン

勝沼甲州2021
商品URL:https://nihonwine.net/collections/in-stock-all/products/shirayurikoshu-k
ロリアンワインのフラッグシップワイン。勝沼町産甲州ぶどうのみを使用し、シュール・リー製法で醸造した辛口で旨みのあるワインです。2019年ヴィンテージが世界最大級のワインコンペティションと称される「Decanter World Wine Awards 2021」にてプラチナ賞受賞するなど国内外でも高い評価をいただいております。人気グルメ漫画「美味しんぼ」80巻、「神の雫」40巻にも登場しています。味わいのスタイルは、幾重にも折り重なって広がる柑橘の香り、やわらかな酸味とシュール・リー製法によって引き出した旨味が特徴の辛口白ワインです。

 

ロリアンワインとは

山梨県甲州市勝沼の地に1938年に創業した家族経営のワイナリー。「その土地の風土に合ったぶどうでつくるからこそ、おいしいワインができる」という基本理念をもとに「ローカルであることの大切さ」をワインづくりの第一条件として、原料のぶどう栽培からワインづくりまで情熱を持って取り組んでいます。

会社名:白百合醸造株式会社
所在地:〒409-1315  山梨県甲州市勝沼町等々力878-2
代表者:内田 多加夫
ブランド呼称:ロリアンワイン
生産者URL:https://nihonwine.net/pages/seller-profile/shirayuriwinery

わいんびととは
わいんびとは、「日本ワインを近くする。」をコンセプトに、日本各地の日本ワイン生産者から直接ワインをお取り寄せできる、日本ワイン専門のモール型ECプラットフォームです。
サイトURL:https://nihonwine.net/
提供エリア:日本国内のみ
​登録生産者:日本ワイン生産者のみ
決 済 方 法:クレジットカード(VISA、JCB、MASTER、AMEX)、Amazon pay
ユーザー登録:無料 ※ユーザー登録後、ログインすると全ての機能がお使いいただけます。
参考URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000093187.html

 

会社概要
会社名:株式会社LASTSHIP
所在地:〒731-5117  広島県広島市佐伯区八幡が丘1-8-32
代表者:代表取締役社長 山下 武
設 立:2018年3月
事 業:日本ワイン専門のオンライン市場わいんびとの企画・開発・運営、酒類の卸売・小売業
URL:https://nihonwine.net/pages/company
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LASTSHIP >
  3. わいんびとが、山梨県の日本ワイン生産者「ロリアンワイン」の2021年ヴィンテージレポートを発表。