Datorama(デートラマ)がインスタントダッシュボード「SmartLenses」を発表

Facebook、Googleアナリティクスなどと接続した瞬間、最適なKPI、トレンド、セグメントを備えたダッシュボードを自動作成する全く新しいインスタントダッシュボード「SmarteLenses」が登場
マーケティングBIのDatorama(デートラマ:本社ニューヨーク、CEO:ラン・サリグ、日本法人・東京都千代田区、代表取締役:布施一樹)は、ワンクリックでダッシュボードの自動作成を可能にする「SmartLenses(スマートレンズ)」を発表致しました。
マーケティング・データソースとして、頻繁に使われるFacebookやGoogle Adwords、GoogleアナリティクスやMoatなどと接続した瞬間、主要KPIやトレンド、セグメントなどの指標を反映したダッシュボードが自動作成されます。ワンクリックでマーケティング活動・予算の最適化、顧客ロイヤルティ向上施策など、次の打ち手作りを可能にし、マーケティングのビジネスインパクトを最大化します。
Datoramaが、数千のブランド、広告代理店、パブリッシャーの方々と共に作り上げた膨大なダッシュボードを通じて得た知見とベストプラクティスから、各データソースにもっとも適した指標、KPIを抽出し、さらにDatoramaの人工知能(AI)からの学びを加えて、マーケティング活動に欠かせない指標を備えたワンクリックダッシュボードの自動作成を実現いたしました。
SmartLensesを活用すれば、最適なKPI設定はもちろん、マーケティングキャンペーン活動に関する各種指標、トレンドやキャンペーンの効果測定や分析に必要なデータが瞬時に画面に表示されます。
使い方は簡単です。データソースを選択し、ID/パスワードを入力しクリックするだけ。即座にデータ取込・マッピング・統合・可視化の全てのプロセスが完了。マーケターの皆さんは、すぐにデータの分析・施策作り・PDCA検証ができるようになります。
テクノロジー、そして消費者とのタッチポイント数は止まることを知らない勢いで増大し、マーケターは膨大なデータに圧倒されている現代。Datoramaは、あらゆるデータを統合し、唯一無二のマーケティングダッシュボードを実現します。Datoramaの統合的アプローチの核心は、データ取込・統合・分析を容易にし、マーケターがデータ管理の主導権を握るようサポートするAIと、マーケティング、ビジネスで必要とされる500の指標を実装していることです。
こうしたケイパビリティに基づいて設計されたSmartLensesは、主要なデータソースの指標設計をサポートします。下記のように、マーケティングで広く使われいているプラットフォームにSmartLensesは対応しています(実際のダッシュボードイメージは画像をダウンロードください)。
もちろん、Yahoo!ディスプレイネットワーク、スポンサードサーチ広告、そのほかのAPIにも今後対応予定です。また、日本市場向けAPIが将来的に追加された際も、対応を進めていく予定です。

SmartLenses使用可能なAPI一覧
アーンド/
オーガニック
ペイド
(デジタル)
Web/Email
アナリティクス
アドサーバー/アドテック
Facebook(ページ & ポスト)
 
Google
AdWords
 
Googleアナリティクス Google DoubleClick for Advertisers (DFA)
 
Twitter Google DoubleClick Search MailChimp Sizmek
YouTube Bing   Facebook Atlas
  Facebook広告   AdRoll
  YouTube広告   Adform
  AppNexus   Moat
  The Trade Desk    
  MediaMath    
  Yahoo! Gemini    


米デジタルエージェンシーのDWAのウェブアナリティクス・データインサイト部門アソシエイト・ディレクターのモリー・パーカーは「DWAのミッションは、顧客にゲームチェンジャーとなるマーケティング戦略を提案することです。そのために、データを活用して、マーケティング活動の最適化を常に実施しています。Datoramaとのパートナーシップは、私たちのミッション実現を支え、顧客との関係を深める助けとなっています。SmartLensesは、私たちのチームが、全てのチャネル、キャンペーン、オーディエンスを横断して、トップインサイトを得るに欠かせないソリューションです。Datoramaの業界におけるリーダーシップを改めて確認しています。瞬時にダッシュボードができるので、即座に私たちの経験・知識、そしてベストプラクティスを生かしたマーケティングパフォーマンスの最適化を検討できます。それぞれのお客様との信頼関係の向上および実績向上に大きく寄与するでしょう」と話す。

DatoramaのCMO、リア・ポープは「今日のマーケターは、複雑さが増すカスタマージャーニー全体の中から、マーケティングパフォーマンス、そのビジネスへの貢献度、顧客ロイヤリティを測るための最適なKPIや的確な分析軸、トレンド指標を探しています。SmartLensesがもっとも重要な指標を、即座にかつ自動的に可視化することで、マーケターは、的確なインサイトを持ち、最適な判断を迅速に下すことが可能となります。このソリューションは、最適なマーケティング指標を瞬時に提供します」と述べています。

今までにない、全く新しいインスタントダッシュボード「SmartLenses」は、マーケティング施策の迅速な最適化、次の打ち手作りのスピードアップ、そして意思決定の迅速化を支え、マーケティングがおよぼすビジネスインパクトの最大化をサポートしててまいります。

*下記のようなダッシュボードが即座に自動作成されます。SmartLensesは日本語対応しております。

GoogleアナリティクスのSmartLenses
主要な指標、トラフィック分析や流入先別グラフなどのダッシュボードがワンクリックで自動作成されます。

GoogleアナリティクスのSmartLensesイメージGoogleアナリティクスのSmartLensesイメージ

Google DoublClick for Advertisers/DoubleClick ManagerのSmartLenses

メインKPI、トレンド分析、キャンペーン分析などのダッシュボードがワンクリックで自動作成されます。

 

DFA&DCMのSmartLensesイメージDFA&DCMのSmartLensesイメージ


Datorama Japan株式会社

Datorama Japan株式会社(デートラマジャパン)は2012年創業の米国拠点のマーケティングBI企業Datoramaの日本支社として2015年設立された。世界唯一のマーケティングデータ統合・分析プラットフォームDatoramaをブランド企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマーに提供しています。Datoramaのsoftware-as-a-service (SaaS)型プラットフォームは、数十から数百のデータソースを唯一のデータソースとして統合し、より効果的なレポート作成、さらに、迅速な意思決定を支え、マーケティング活動全体の統合的管理を可能にします。エンドツーエンド・マネジメントと人工知能、機械学習及び高機能なアーキテクチャが組み合った唯一無二のソリューションが、全てのレベルのデータ・ドリブンマーケターたちが、あらゆるマーケティングデータを繋ぎ、統合し、分析し、意思決定することを容易に実現します。Datoramaは数千のトップ企業のマーケティング分析を支え、現在全世界16拠点でビジネスを展開しています。最近では従来のAPIに加え、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)やマルケト、シミラーウェブとのAPI接続を開始しています。

Datorama Japan日本語公式ブログ:blog-jp.datorama.com
Datorama Japan公式FBページ:https://www.facebook.com/datoramajp/

Datorama Japanお問い合わせ先:
平山惠子 (ひらやまけいこ)
Datorama Japan株式会社
PR/マーケティング・スペシャリスト
TEL: 050-3757-6914



 

 

 





 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デートラマ >
  3. Datorama(デートラマ)がインスタントダッシュボード「SmartLenses」を発表