今話題のシリコンバレー式目標管理ツールOKR早わかり!『本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR』4/27出版

〜理想を持ち続けながら現実に成果をあげるリーダーに〜

株式会社タバネル(本社:大阪府大阪市、代表取締役:奥田和広)は、代表取締役 奥田和広による著書「本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR」を、2019年4月27日(土)に株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンより出版いたします。



書籍内容の紹介
OKR(Objectives and Key Results)はGoogle、Facebook、Twitter、などシリコンバレーの成長企業だけでなく、日本でもメルカリ、サンサン、フリーなど多くの企業で採用されおり、注目を集めている目標管理ツールです。
OKRは、「Objectives and Key Results」の頭文字から来ています。その構成は非常にシンプルで、1つの「目的(O:Objectives)」と、2~5個の「重要な結果指標(KR:Key Results)」できています。
このシンプルな仕組みOKRによって、多くの企業で組織力を最大化し成長を加速させています。そこで本書では組織力の高め方に言及したうえで、OKRをわかりやすく解説するとともに、導入企業のインタビューを通じてOKRの実際を理解していただきます。




①組織力高める
組織力を高めることは多くのリーダーにとって悩みの種です。しかしながら、組織、組織力を正しく理解していないため、解決策を見いだせないことが多いです。
  • 組織力=個人の力の単純合計+相乗効果(プラス、マイナスどちらも)
  • 個人の力=最大出力×発揮率
組織力、個人の力の公式を理解した上で、各要素を高めることがリーダーには求められています。

②OKRを徹底解説
成長企業が多く採用するOKRは強力な仕組みですが、構造を理解するだけでは大きな効果は望めません。コンサルティング現場での実践で得られた、組織力に効果を発揮できる始め方、運用方法を紹介。
さらに、会社、組織の個別の状況に合わせて磨き上げるためのポイントまで、徹底解説しています。

 

③OKR導入事例インタビュー
OKR運用ツール「HITO-Link パフォーマンス」を開発、提供しているパーソルプロセス&テクノロジー株式会社にて、本プロダクト開発チームのマネジャーである浅沼氏へのインタビューを掲載しています。
多くの会社のOKR導入を支援すると同時に、自部門でもOKRを運用している経験は、OKRを検討される方にとって大きなヒントとなります。

【目次】
はじめに
第1章 今こそ、組織の時代
第2章 組織力の公式
第3章 変えるべきは意識ではなく仕組み
第4章 OKRで組織力が高まる
第5章 OKRの始め方
第6章 OKRの運用
第7章 OKR導入事例インタビュー
おわりに

【本書の概要】
タイトル 本気でゴールを達成したい人とチームのための OKR
発売日  2019年4月27日
著者   株式会社タバネル 代表取締役 奥田和広

【著者紹介】
奥田和広(おくだかずひろ)
株式会社タバネル代表取締役
大阪府大阪市出身。1975年生まれ。
同年父親がアパレル卸業を起業。経営者の後ろ姿を見て育つ。
大学卒業後は、上場アパレル企業、コンサルティング会社を経て父親の会社へ。
アクセサリー事業を立ち上げ、8年で40店舗、従業員170人を超える規模にまで成長させるが、市況の変化と無理な事業拡大が重なり倒産。
その後、大手化粧品会社での管理職を経て、組織コンサルティング会社に勤務。
自身の苦い経験から、強い組織をつくる必要性を痛感。
組織コンサルティングのノウハウを体現したものがOKRであると確信して株式会社タバネルを起業。
中小企業を中心にOKRの導入コンサルティングを行う。


【会社概要】
会社名:株式会社タバネル
所在地:大阪府大阪市北区本庄西2-7-7 誠和ビル4階
代表者:代表取締役 奥田和広
設立:2018年6月
URL:https://tabanel-japan.com/
事業内容:組織マネジメント、OKR導入支援コンサルティング

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社タバネル サービス事務局
e-mail:service@tabanel-japan.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タバネル >
  3. 今話題のシリコンバレー式目標管理ツールOKR早わかり!『本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR』4/27出版