発達障がい専門雑誌「きらり。」限局性学習症 特集号 発売!

〜読み・書き・計算・・・苦手だなぁ〜

株式会社みのりの森は、1月5日に発達障がい専門雑誌「きらり。」vol.7を発売。
「限局性学習症(SLD)」(以前の学習障害(LD))を特集しています。

きらり。7号きらり。7号

限局性学習症」とは、知的な発達に遅れはなく、聞いたり話したりすることには問題を感じないのに、文をすら すら読めない、文字を書けない、算数が極端にできない特性を持つものです。困難なものによって「読字障害(ディスレクシア)」「書字表出障害(ディスグラフィア)」「算数障害(ディスカリキュア)」と呼ばれています。
 

障がいを知ろう障がいを知ろう

きらり。7号では、「読字障害(ディスレクシア)」「算数障害(ディスカリキュア)」の当事者に取材し、どんな工夫をしながら苦手な文字・数字と付き合っていけばいいのかをお聞きしています。文字の読み進め方、文章の書き方、時計の読み方など、具体的な方法を掲載しています。
「限局性学習症」の世界を、イラストを交えてわかりやすくお伝えしています。
取材の他にも、発達障害当事者、その父親、母親の連載エッセイやマンガも掲載されています。

発達障害を身近なものに感じながら、いろんな事例を知れるのが、この「きらり。」の魅力の一つです。わかりにくい世界だからこそ、歩み寄ってみると新しい世界が広がるかもしれません。

1〜7号のきらり。1〜7号のきらり。

 <既刊情報>
1号「発達障害」特集 1,080円
2号「精神障害」特集 1,080円
3号「身体障害」特集 1,080円 
4号「知的障害」特集 1,080円
5号「自閉スペクトラム症(ASD)」特集 972円
6号「注意欠如・多動症(ADHD)」特集 972円
7号「限局性学習症(SLD)」特集 972円

<次号予告>
Vol.8「親子の困りごと」特集 発行 4月5日発売予定

<雑誌の購入方法>
通信販売 BASE「みのり。」
Amazon
大垣書店(烏丸三条店、四条店、ビブレ店、二条駅店、イオンモール京都桂川店、高槻店、神戸ハーバーランドumie店)
メリーゴーランド京都
アートギャラリーカフェ・バー金輝 
ごちゃまぜCafeメム       など
 

 <発行者 朝倉美保の紹介>
1979年39歳。京都府京都市生まれ。
24歳でうつ病(二次障害)と診断され、34歳で発達障害と診断される。(自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症)現在、発達障害と双極性障害の治療をしながら過ごしている。
37歳のときに起業。発達障害専門雑誌「きらり。」を企画・発行する。
雑誌の執筆・編集をしながら、家庭教師や習字教室も運営している。(発達障害の子ども含む)
これらの活動を通して、障害を持っていても「明るく」「楽しく」生きられることを伝えている。
「発達障害」に関する講習会、講演会も積極的に行っている。


【取材・講演会などのご依頼はこちらへ】
会社名:株式会社みのりの森
担当者:朝倉美保
住所:〒604-8485 京都府京都市中京区西ノ京平町29番地
会社URL :https://www.minorinomori.co.jp
運営URL:http://みのり.com
メールアドレス:info@minorinomori.co.jp
Twitter:@Rosuism
Instagram:@miho.asakura_kirari
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社みのりの森 >
  3. 発達障がい専門雑誌「きらり。」限局性学習症 特集号 発売!