OptimalPlusは、アマゾンウェブサービスを活用して、半導体および自動車の大量生産におけるリアルタイム最適化のための分析ソリューションを提供

産業用IoTソリューションは、高いスループットの製造向けに設計されていて、
ほぼリアルタイムかつ実用的なインサイトを製造業者に提供します。
そしてIndustry 4.0の実現に向け、製品の歩留まりを改善します。
ライフサイクル分析ソリューションのグローバルリーダーであるOptimalPlus Japan株式会社(Japan President:佐藤憲二)は、主要なAWS Internet of Things(IoT)コンポーネントと独自の分析プラットフォームを組み合わせることで、OptimalPlusの製品をAWSへ移行したことを発表しました。OptimalPlusは、Amazon SageMaker、AWS IoT Greengrass、AWS IoT Core、Amazon QuickSight、およびAmazon Simple Storage Service AWS(Amazon S3)を含むAWSサービスの実行に関心のある、高スループットの製造業の顧客のサポートをしております。これらの高度な機能は、ラスベガスで開催されたAWS re:Invent 2019にてAWS半導体の専門家によって提示されました。

主要な半導体企業の数社は、Industry 4.0の実現に向けた新しいソリューションを統合するため、AWSでOptimalPlusの分析ソリューションを既に活用しています。 消費者、自動車、および産業市場向けにシステムオンチップベースのソリューションを提供する日本を代表する半導体企業であるソシオネクストは、OptimalPlusの分析ソリューションを実行するクラウドインフラストラクチャプロバイダーとしてAWSを使用しています。AWSで実行されるOptimalPlusのソリューションは、ソシオネクストの品質、信頼性、製造現場の運用管理に貢献しています。他の半導体企業では、Amazon SageMakerなどのAWS分析および機械学習(ML)サービスを使用して、OptimalPlusのソリューションによって収集および管理されるデータを処理し、さらに高度な分析とMLを通じて複雑な品質と歩留まりの問題の解決を支援しています。

「AWSとの関係により、OptimalPlusはより多くのAWSクラウドテクノロジースタックをネイティブに活用できます。AWS Data&Analyticsコンピテンシーステータスの達成を支援し、半導体設計および製造コミュニティに貢献しています。」とOptimalPlus CEOであるダングロッターは述べています。

OptimalPlusは、強力なAWSデータ分析ソリューションを、半導体製造全体プロセスの可視化を強化することによって補完し、高度なデータサイエンスとドメインの専門知識を適用し、顧客の製品のパフォーマンスと信頼性を向上させ、生産指標を強化します。AWSと連携することで、OptimalPlusの専門知識、方法論、ベストプラクティスにアクセスを可能にし、半導体顧客をサポートする広範囲な専門知識を、社内の分析チームが収集し処理するデータと組み合わせることができます。

OptimalPlusが提供するソリューションは、顧客の機械動作への理解を促進する現在利用可能な機械中心のIIoT分析をさらに超えるような設計がされており、これには製品中心のIndustry 4.0ソリューションも含まれます。これらの新しいソリューションは、製品の品質、信頼性、歩留まりなどに重点を置いており、工場で生産されている実際の製品のほぼリアルタイムなインサイトを提供することができます。AWSソリューションを使用して生成された重要なデータインサイトは、自動化・最適化されたアクションに変換され、世界中の生産ラインで意思決定を行い、製品自体のパフォーマンスを向上に貢献します。これにより生成されたインサイトに基づいて、製品を変更することや、生産を自動的に停止することもできます。

「AWSとの関係は、半導体メーカーにとって大きな利点です」と、OptimalPlusの半導体ビジネスユニットの副社長兼GMであるDoug Elder氏は述べています。さらに彼はこう続けます。
 「半導体関連の顧客の間でAWSクラウドサービスに移行する傾向が高まっています。同時に、工場フロアのOptimalPlusのエッジ機能の恩恵も受けたいと考えられる顧客もおり、生産性、効率、および信頼性を改善するために、実用的でリアルタイムの意思決定を行うことで閉ループを可能にします。企業は引き続きIIoTソリューションに投資し、Industry 4.0に移行していく中で、投資対効果を期待しています。OptimalPlusとAWSの関係は、実装後すぐにメリットを生み出すことができます。」

■OptimalPlusとは
OptimalPlusは、自動車、半導体、電子機器業界向けのライフサイクル分析ソリューションのグローバルリーダーであり、ティア1のサプライヤーとOEMにサービスを提供しています。毎年1,000億を超えるデバイスからのデータを分析するOptimalPlusは、歩留まりや効率などの主要な製造指標の強化を可能にし、製品の品質と信頼性を向上させ、サプライチェーン全体を可視化します。他の既存のツールとシームレスに統合されたOptimalPlusのオープンプラットフォームは、機械学習とグローバルデータインフラストラクチャを組み合わせて、リアルタイムの製品分析を提供し、サプライチェーン全体のデータからインサイトを抽出します。OptimalPlusは、アジア、ヨーロッパ、米国、イスラエルにオフィスを構えています。
公式ウェブサイト:https://www.optimalplus.com/jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. OptimalPlus Japan株式会社 >
  3. OptimalPlusは、アマゾンウェブサービスを活用して、半導体および自動車の大量生産におけるリアルタイム最適化のための分析ソリューションを提供