【TOD | 都市と移動のこれから】都市ビジョンを共創するトークシリーズ『202X URBAN VISIONARY vol.6』開催!

パノラマティクス齋藤氏、ノイズ豊田氏らの創造力をフックに、東急、森ビル、三菱地所、三井不動産など大手ディベロッパー各社が一堂に会し、未来の都市ビジョンを構想。

2021年3月13日(土)、 202X URBAN VISIONARY 実行委員会(企画主体:パノラマティクス、 春蒔プロジェクト株式会社)は、 都市ビジョンを共創するトークシリーズ『202X URBAN VISIONARY vol.6』をYoutube Liveにて開催致します。


世紀の東京大改造の進行を背景に、それらの全体像や個々の開発事業を横断した共有と共創の場として都市開発に関わるディベロッパーとクリエイターにより2019年から始まった「202X URBAN VISIONARY」。コロナ禍での都市の変容を広範なトピックで議論した前々回、都市東京の価値の再定義を議論した前回の内容を受けて、2021年03月、ライフスタイルや働き方が多様化する中「移動」という視点から都市がどの様な役割になるべきなのか?駅等の移動拠点はどの様な機能を持つべきなのか?それに対して都市開発はどの様にすべきなのか?等様々な視点から都市と移動をテーマに議論したいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
パノラマティクス(旧:ライゾマティクス・アーキテクチャー)齋藤氏より、都市開発における先導的なマスタープラン不足の現状についての課題の投げ込みがなされた初回の議論から、本シリーズも今回で6回目となりました。
vol.2「都市開発におけるコンセプトを俯瞰する」、vol.3「都市開発事業と運営・エリアマネジメント」、vol.4「コロナ禍を受けた都市の変容」、vol.5「「都市東京の価値の再定義」~before&after~」というテーマで開催してまいりました。今回は本シリーズでも何度も取り上げてきた「TOD|都市と移動のこれから」について議論ができればと思い、今回初となるJR東日本も参加していただきTOD(Transit-Oriented Development)を軸に都市と駅・交通・移動、それがもたらす生活や働き方、ビジネスや文化について深堀する議論をしたいと思います。
渋谷キャストからスタートした本企画は、虎ノ門ヒルズフォーラム、3×3Lab Future、 sequence MIYASHITA PARKと各企業の会場をリレーしてきましたが、延長となっている緊急事態宣言もあり、登壇者・聴講者すべてリモートでの開催となりました。


今回も齋藤精一氏(パノラマティクス主宰)、豊田啓介氏(noiz 共同主宰/gluon共同主宰)、山本恵久氏(日経 クロステック・日経アーキテクチュア編集委員)、田中陽明氏(春蒔プロジェクト株式会社 代表取締役/co-lab企画運営代表)のほか、東急、森ビル、三菱地所、三井不動産、初参加のJR東日本などの開発事業者と一緒に議論し、また前回のディスカッションでも話した横断的なアクションに繋げられるようなトークセッションとしたいと思います。

都市集中型なのか?地方分散型なのか?そもそも地方と都市という対立構造ではなく、混ざるような世界になるのか?新型コロナによって加速するライフスタイルの変化を今後東京都市開発はどの様に受け入れるべきなのか? 今回は「TOD|都市と移動のこれから」をテーマに様々な観点から都市はこれからどう作られていくべきなのか、オープンに議論していきます。 ぜひ、これまでのアーカイブ等もご覧の上、ご参加ください。
 

  • 開催概要
催事名  |  『202X URBAN VISIONARY vol.6』
日時   | 2021年03月13日(土)開始19:00/終了21:00(休憩あり)
参加方法 | Peatixよりお申し込み下さい(オンライン参加のみ。Youtube Liveで配信予定)
参加費  | 無料 ※申し込みには、無料のPeatixアカウント作成が必要です
申込方法 | https://202x-urban-visionary-06.peatix.com
  • 登壇予定者
登壇予定者
齋藤 精一  | パノラマティクス主宰 【司会進行】
豊田 啓介  | noiz 共同主宰/gluon 共同主宰
山本 恵久  | 日経クロステック/日経アーキテクチュア 編集委員
田中 陽明  | 春蒔プロジェクト株式会社 代表/co-lab運営代表
村上 祐二  | 東日本旅客鉄道株式会社事業創造本部品川まちづくり部門
                         都市計画・エリアマネジメント グループリーダー
杉山 央     |    森ビル株式会社 タウンマネジメント事業室 新領域企画部 課長
金城 敦彦      | 三菱地所株式会社 エリアマネジメント企画部 専任部長
雨宮 克也      | 三井不動産株式会社 開発企画部 開発企画グループ長
山口 堪太郎 | 東急株式会社 経営企画室 経営政策グループ 課長

※登壇者プロフィールは、 https://www.co-lab.jp/event/202x-urban-visionary-vol-6/ をご覧ください。
 
  • 質問募集
当日、登壇者に回答・議論してもらいたい質問を申込み時(Peatixイベントページ)に募集しています。事前に登壇者が選んだ質問を当日の議論に活用させていただきます。
ご投稿希望の方は、お申し込み時のフォームより送信をお願いいたします。
  • 制作
主催   | 202X URBAN VISIONARY 実行委員会
  • お問い合わせ先
202X URBAN VISIONARY 実行委員会 事務局
→Peatixイベントページhttps://202x-urban-visionary-06.peatix.com より、 主催者宛にお問い合わせください。
  • アーカイブ/参考資料
このトークシリーズは、テーマを変えながら複数回の開催を予定しています。
これまでの開催レポートや関係資料にも、ぜひお目通しください。

・2018年4月『渋谷の未来像をコンピューテーショナルデザインで考える』 開催レポート
http://shibuyacast.jp/journal/detail/1stanniversarytalk/

・2019年3月 『クリエイティブ思考で未来の都市を考える(仮)』 公開企画会議 開催レポート
https://www.co-lab.jp/event/city-vision190325/

・2019年4月『202X URBAN VISIONARY vol.1』 開催レポート
http://shibuyacast.jp/journal/detail/2ndAnniversary/

・2019年8月『202X URBAN VISIONARY vol.2』 開催レポート
https://www.co-lab.jp/report/202x-urban-visionary-vol-2/

・2020年1月『202X URBAN VISIONARY vol.3』開催レポート
https://www.co-lab.jp/report/202x-urban-visionary-vol-3-1/
https://www.co-lab.jp/report/202x-urban-visionary-vol-3-2/

・2020年6月『202X URBAN VISIONARY vol.4』開催レポート
https://shibuyacast.jp/journal/detail/URBANVISIONARYvol4/
動画 https://www.youtube.com/watch?v=gNAz51DspHA&feature=youtu.be

・2020年10月『202X URBAN VISIONARY vol.5』開催レポート
動画 https://www.youtube.com/watch?v=pFeM4J7WDkk
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 202X URBAN VISIONARY 実行委員会 >
  3. 【TOD | 都市と移動のこれから】都市ビジョンを共創するトークシリーズ『202X URBAN VISIONARY vol.6』開催!