全自動下膳ロボを開発したスマイルロボティクス「Food Tech Studio - Bites!」に採択

〜飲食店の「下膳」に加え「配膳」機能を追加し、幅広い領域への適用に向け共同開発/研究パートナーを募集〜

スマイルロボティクス株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役社長:小倉崇、以下「スマイルロボ」)は、この度Scrum Ventures LLC(本社:米国サンフランシスコ市 ジェネラルパートナー:宮田拓弥)が主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「Food Tech Studio - Bites!」に採択されました。

また、既発表の「下膳の無人化」に加え、新たに「配膳の無人化」を実現し、その動画も公開致しました。
アームが付いていることで、店員やお客様の手を煩わすことなく、配膳・下膳を完全無人で行うことができ、飲食店ホール業務の非接触化・非対面化を実現出来るロボットとなります。

今回「グローバルプロジェクトFood Tech Studio - Bites!」に採択され「下膳に加えて配膳」も実現したこともふまえ、地域や業種に縛られず今後はより幅広い領域での展開を目指して開発を加速させていきます。
それに伴い、実証実験先となるパートナー企業はもちろん、外食産業以外でも弊社の技術を用いた共同開発/研究や開発委託をされたいパートナー企業も募集しています。

■新たに公開したスマイルロボの全自動ロボット「ACUR-C」による無人での配膳・下膳の様子【動画】
 


動画URL:https://youtu.be/SS1RcKphteo
※ACUR-C:Autonomous Clear Up Robot Type-C(読み方:アキュラシー)



■この度採択された「Food Tech Studio - Bites!」とは
『Food Tech Studio - Bites!』は、日本の食産業を代表するパートナー企業と世界中のスタートアップと共に「新 “食” 産業」の創出を目指し共創するグローバル・オープンイノベーション・プログラムです。

オープンイノベーションを通じて、新素材やIoT調理家電、食のパーソナライゼーションといった新サービスなど、テクノロジーを活用して食分野に新たな価値を創造します。さらにフードロスやプラスチックゴミといった社会課題の解決、環境保護のための植物性タンパクの進化等にも取り組みます。
 

Food Tech Studio - Bites!Food Tech Studio - Bites!

 

  • 期間:2021/1〜2021/3
  • パートナー企業:不二製油グループ本社株式会社、日清食品ホールディングス株式会社、フジッコ株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社、株式会社伊藤園、株式会社ユーハイム、カゴメ株式会社、株式会社ニチレイ、大塚ホールディングス株式会社、東京ガス株式会社
  • 戦略パートナー:株式会社博報堂、日立グローバルライフソリューションズ株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、三菱ケミカル株式会社、株式会社オレンジページ、株式会社シグマクシス、東京建物株式会社、辻調理師専門学校
  • 自治体パートナー:加賀市、神戸市、新潟市
  • 主催:スクラムベンチャーズ
  • 公式サイト:https://www.foodtech.studio/




■スマイルロボの全自動配膳・下膳ロボット「ACUR-C」とは
人手不足や人件費高騰に悩まされ、更にコロナ禍で苦しむ飲食店に対して、配膳・下膳を全自動・非対面で行えるようにし、スタッフは「人にしか出来ないおもてなし業務」に注力することで、飲食店のオペレーション改善および売上・利益貢献を目指して開発中のロボットです。

その大きな特徴は、
・既存の配膳ロボットとは異なり「ロボットアーム」を有する
・既存の配膳ロボット同様に「自律移動」が可能である
これらによって「つかむ」「はこぶ」を完全自動で行い、店員もお客様もお皿の乗せ換えをする必要がなくなり、配膳・下膳の無人化を実現しました。
 

配膳・下膳ロボット「ACUR-C」byスマイルロボティクス配膳・下膳ロボット「ACUR-C」byスマイルロボティクス


◎ ロボットアーム(つかむ):
万が一人と接触しても怪我をさせない低出力のモータを使用し、冗長自由度を持つスカラ型アームを搭載。毎回状況が異なるため難易度が高いと言われる下膳も、Depthカメラにより3次元空間認識を行うことで実現。

◎ ロボットハンド(つかむ):
導入する店舗の食器に合わせて付け替え可能なハンド。なお、動画の現行モデルは「お盆用ハンド(特許申請済)」を用いており、一般的なお盆を使用する飲食店であれば、個別のハンドを開発することなく導入が可能。

◎ 自律走行台車(はこぶ):
レーザーを利用したSLAMによる自律移動が出来、障害物や人間を回避しながら、バックヤードとテーブル間をスムーズかつ安全に移動することが出来る。

※この成果は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業 の結果得られたものです。



■全自動配膳・下膳ロボット「ACUR-C」の今後の展開予定

◎ 動作スピードUPとスムーズ化

◎ 3次元空間認識の改善とディープラーニング用のデータ収集
◎ 実際の店舗における実験(実験にご協力頂けるパートナー募集中)

◎ 飲食店以外のサービス業(宿泊施設や商業施設など)における展開への対応

※弊社のロボット技術を使って解決したい課題をお持ちの方からのご相談を常時受付中

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■スマイルロボティクス 会社概要
スマイルロボティクス株式会社は「ロボット技術で全世界に笑顔を」をミッションに、元Googleのロボットエンジニアが集まり、2019年に創業したロボットスタートアップです。
※ 代表がSCHAFT(Google)出身である唯一の会社
※ 代表がロボットエンジニアという数少ないスタートアップの1つ

代表の特徴:
◎ ロボット開発歴20年のロボティクスエンジニア
◎ 日本におけるROSの第一人者(日本初のROS書籍の著者)

メンバーの特徴:
◎ 全エンジニア社員がGoogle(SCHAFT)出身
◎ 全エンジニア社員が東大JSK出身
◎ 産業用ロボットからサービスロボットまで幅広い経験
 

  • 会社名:スマイルロボティクス株式会社 
  • 所在地:東京都文京区本郷5-25-18 ハイテク本郷ビル 1F
  • 代表者取締役社長:小倉 崇
  • 設立:2019年6月
  • 資本金:30,256,304円
  • 事業内容:全世界に笑顔をつくるロボットの開発、技術的難易度の高いロボットの共同開発・受託開発
  • ウェブサイト:https://www.smilerobotics.com/


※共同開発・受託開発にご興味のある企業からのご相談受付中!
※ロボティクスソフトウェアエンジニア・Rustソフトウェアエンジニアを積極採用中!
(正社員・アルバイト・インターン・副業・業務委託など、形態は柔軟に対応します)

<本リリースに関するお問い合わせ先>
スマイルロボティクス株式会社 広報担当
MAIL:info@smilerobotics.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  1. プレスリリース >
  2. スマイルロボティクス株式会社 >
  3. 全自動下膳ロボを開発したスマイルロボティクス「Food Tech Studio - Bites!」に採択