第1回 EC通販担当者1,000人が選ぶ!「JAPAN EC 大賞2020」開催

〜EC通販担当者がリスペクトする!本当は教えたくないEC通販企業は?〜

 

 

第1回 EC通販担当者1,000人が選ぶ
「JAPAN EC 大賞2020」開催
〜EC通販担当者がリスペクトする!本当は教えたくないEC通販企業は?〜


日本通販CRM協会(本社:東京都品川区、代表理事:向 徹)は、EC通販業界を市場規模の拡大だけではなく、日本の代表となり、世界に誇れる産業として発展させていくことを実現する為、この業界に所属するプロの視点をもったEC通販の担当者1,000人がリスペクトしているEC通販企業を選ぶ「JAPAN EC大賞2020」を開催いたします。

EC通販事業をしているプロの担当者が素晴らしいとリスペクトするEC通販企業を選出し、「自社には投票しない公正な表彰文化」を実現することで、消費者の方にもEC通販をより深く理解してEC通販企業を選んでいただく好循環をつくりたいと思っております。

弊会で、CRM(お客様との関係構築)において重要な要素だと定義する「顧客対応」「商品・サービス」「PR」「ブランド」「人材活躍」の5つの部門の1位と、総合大賞を決定し、EC通販担当者1,000人による投票にて表彰いたします。一般募集枠として200名様分の投票枠がございますので弊会に所属していない場合でも、EC通販事業をしている方は投票いただけます。ぜひEC通販業界のプロ目線で選んで教えていただければと思います。

ご参加はこちらから!
※200名様限定枠でございますのでお早目の投票をお願いいたします。
https://award.japan-crm.org/


取組に至った背景
日本通販CRM協会は「JCRMを通じて日本のEC通販業界を世界に誇れる代表的な産業にする。」という理念に掲げ、活動しております。EC通販事業をしているプロの担当者が素晴らしいとリスペクトするEC通販企業を選出し、「自社には投票しない公正な表彰文化」を実現することを目的に今回企画したのが『JAPAN EC大賞2020』でございます。

日本通販CRM協会について
日本通販CRM協会は「JCRMを通じて日本のEC・通販業界を世界に誇れる代表的な産業にする。」という理念のもと2015年に立ち上げた日本で唯一のEC・通販に特化したCRM専門協会です。協会の活動を通して、日本が誇る顧客関係値構築(CRM)を実践する企業を増やし、世界から「さすが日本のEC」と言われる業界の文化を創造していきたいと思っています。

日本通販CRM協会の活動について
130を超えるEC通販事業者が事例を持ち寄り「リアルなCRM」を学ぶ場として年間50を超えるコンテンツを企画・開催しております。12月定例会では「たった一人の分析から事業は成長する実践顧客起点マーケティング」の著者 西口一希氏が登壇するセミナーを開催します。

【会社概要】
会社名:一般社団法人日本通販CRM協会
所在地:東京都品川区西五反田2丁目30-4 BR五反田ビル8階(株式会社E-Grant内)
代表者:向 徹
設立:2015年1月15日
URL:https://japan-crm.org/
事業内容:業界向上のためにコンテンツを企画・実行

【お客様からのお問い合わせ先】
一般社団法人日本通販CRM協会
事務局 梅木・松本・長瀬
TEL:03-6450-1321(受付時間:10時~18時)
e-mail:jimukyoku@japan-crm.org

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本通販CRM協会 >
  3. 第1回 EC通販担当者1,000人が選ぶ!「JAPAN EC 大賞2020」開催