「柿の葉寿司」などを手掛ける㈱中谷本舗は創業100周年を迎えます。

~2021年6月から、記念企画を順次開催~

奈良名産の「柿の葉寿司」の製造・販売を「ゐざさ」の屋号で手がける株式会社中谷本舗(本社:奈良県吉野郡上北山村、代表取締役:中谷 昌紀)は、2021年6月1日、創業100周年を迎えます。これもひとえに、お客様、関係者の皆様のご支援の賜物であり、深く感謝申し上げます。
当社では、この度の100周年を記念し、2021年6月~22年5月、100周年記念企画を順次開催いたします。
これからも、「奥吉野の食文化を古都奈良から全国に」の理念の下、美味しく、安全・安心な商品を提供して参ります。引き続き、ご愛顧くださいますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

柿の葉寿司柿の葉寿司



100年の歩み

 1921年(大正10年)、奈良県吉野郡上北山村で創業。当時は「中谷商店」の名前で米屋として営業していました。林業で栄えた同村で米を売るかたわら、柿の葉寿司も販売していました。
 しかし戦後、高度経済成長期に入り、林業は衰退。人口が減り続ける村で、名物をつくろうと考案したのが、オリジナルの「ゐざさ寿司」です。

ゐざさ寿司ゐざさ寿司

当時、村に自生していた笹の葉(※)で、三角形の鮭のお寿司を包んで販売。「ゐざさ」という名前は、上北山村に残る伝説の大イノシシ「猪笹王(いざさおう)」から名づけられました。名付け親は、東大寺で要職を務めた清水公照師です。
(※)現在の笹の葉は、品質保持のため、適切に管理された笹のみを仕入れています。



 

清水公照師の揮毫清水公照師の揮毫


 この商品のヒットにより、奈良県内はもちろん、首都圏にも出店。そして駅の売店や百貨店など多くの場所で当社の商品をお取り扱いいただけるようになりました。





 

 

 

100周年ロゴマーク
 100周年を記念して、ロゴマークを作成しました。当社は柿の葉寿司やゐざさ寿司など「葉っぱ」に関わる商品が多いことから、緑色をベースの色に選択。また、「100」の「00」の部分は、当社の代表商品である「柿の葉寿司」の柿の葉をモチーフにデザインしました。郷土が誇る伝統の味を、これからも守り続ける当社の意思を表現しています。

カラーデザインカラーデザイン

白黒デザイン白黒デザイン

        
100周年記念企画
店舗にて、記念企画「100周年記念 創業祭」を年3回実施予定です。第一弾は6月1~6日に開催いたします。
 
企画名
100周年記念 創業祭
第一弾企画期間
6月1日(火)~6日(日)
企画内容
・お買上げ額3000 円(税込)以上のお客様に蚊帳ふきん(白雪ふきん)のプレゼント
・ご来店のお客様にゐざさ寿司・山菜巻のプレゼント
・記念商品「せせらぎ」の販売
・スタンプカード通常時の3倍押印(奈良県内の店舗のみ)
      

 

蚊帳ふきん(白雪ふきん)蚊帳ふきん(白雪ふきん)

 

せせらぎせせらぎ



実施店舗
ゐざさ店舗
・上北山村本店(奈良県吉野郡上北山村河合353番地)
・平城山店(奈良市押熊町2141-1)
・田原本店(奈良県磯城郡田原本町唐古80-5)
・三条店(奈良市林小路町17-1)
・夢風ひろば店(奈良市 春日野町16 東大寺門前夢風ひろば内)
・近鉄奈良駅売店
・近鉄大和八木駅売店
・近鉄橿原神宮前駅売店
・エキュート大宮(埼玉県・JR大宮駅構内)
笹八店舗(※)
・グランスタ東京(JR東京駅構内B1・グランスタ東京内)
(※)「笹八」は㈱中谷本舗が展開する米飯ブランドです。

また、「ゐざさ」のオンラインショップ(https://izasashop.com/)でも3回の予定で、記念企画を実施します。第一弾は6月1日~30日、ご購入金額100円で1ポイントのところを5倍にするなどいたします。

■記念商品について
 2021年6月から1年間、100周年記念商品として以下2品を販売します。そのほか、順次記念商品は開発し、この1年間で販売をする予定です。
1.「‐校倉折‐ 1500円(税込) ★通販限定・店頭予約商品

経ヶ峯(きょうがみね)経ヶ峯(きょうがみね)


当社で長年愛されている「柿の葉寿司」、「ゐざさ寿司」。ロングセラーの「昆布巻さば鮨」「山菜巻」に、隠れた人気商品「山菜いなり」。上北山村で古くから食されている「さんま鮨」を香ばしく少し炙った「炙りさんま鮨」を、奈良・正倉院の「校倉造」を模した折箱に詰合せました。
古都・奈良の風情を味わえる逸品。通販限定で販売いたします(店頭では3日前までのご予約で承ります)。


2.「寿司盛合せ あゆみ」 1080円(税込) 

 

あゆみあゆみ


ゐざさの代表的な商品を一つずつ詰合せました。
「ゐざさ」が培ってきた伝統の味を存分にお楽しみいただけるひと品は、お手ごろな価格で、手土産にもおすすめです。
当社の各店のほか、当社の商品をお取り扱いいただいている駅売店などでも販売予定。




■100周年記念サイト
100周年を記念して、当社の歴史や社員の想い、寿司の文化を守り伝える当社の姿勢などをまとめたサイト(https://www.izasa.co.jp/concept/index.html)を公開いたしました。
また、100周年に際し、社員有志で考えたメッセージも掲載しました。

「むかしも、いまも、これからも。「郷土の味」を皆さまに」

これまでの100年に感謝し、これからの100年に向けて新たな挑戦をし続けるという当社の想いを表現したメッセージとなっています。

■株式会社中谷本舗(https://www.izasa.co.jp/)について
1921年(大正10年)、奈良県吉野郡上北山村で創業。「ゐざさ」の屋号で、奈良県内の直営店や、百貨店や駅売店、通販などで柿の葉寿司のほか、様々な名産寿司を販売しています。

ゐざさロゴゐざさロゴ

米屋として誕生したため、寿司シャリにはこだわりを持っており、毎年、寿司シャリに適する米を選定しブレンド。秘伝の酢とダシを使い、当社独自の味を表現しています。
柿の葉寿司のほかに、屋号の由来にもなった「ゐざさ寿司」、香ばしく焼き上げた鯖の旨みが感じられる「焼さば鮨」などのほかに、各種名産寿司の詰合せも店舗やオンラインショップなどで販売中。お取り寄せのほか、ご贈答にも喜んでいただいています。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社中谷本舗 >
  3. 「柿の葉寿司」などを手掛ける㈱中谷本舗は創業100周年を迎えます。