6月17日本オープン!!日本酒「紀土」を醸す酒蔵 平和酒造株式会社が、東京日本橋 兜町に「平和どぶろく兜町醸造所」を2022年6月17日に本オープンします!

~どぶろくをもっとカジュアルに!醸造家との交流も楽しめるブルワリーパブ~

和歌山で日本酒「紀土」、リキュール「鶴梅」、クラフトビール「平和クラフト」を醸す平和酒造株式会社。
2020年には、世界で最も権威あるコンペティションとも言われるIWC(インターナショナルワインチャレンジ)で「紀土 無量山 純米吟醸」が全出品酒1401点の中から頂点であるチャンピオンサケに輝き、対外的にも高い評価を得てきました。
そんな平和酒造が次に挑むのが「どぶろく」です。
どぶろくをもっとカジュアルに楽しんでほしい。そうした想いから生まれた「平和どぶろく兜町醸造所」では、その場で醸造した様々なバリエーションのどぶろくが楽しめます。
バーフードは地元 和歌山を感じる品にこだわり、どぶろくとの相性も抜群!
醸造所を構えるのは、今再開発が進み注目の兜町。木材を多数使用しながら現代的な建築に落とし込んだスタイリッシュな建物「KITOKI」の1階。木のぬくもりを感じるリラックスした空間で、お酒の新たな魅力をお届けします。

再開発が進む東京兜町で「平和どぶろく兜町醸造所」を開設(店舗外観)再開発が進む東京兜町で「平和どぶろく兜町醸造所」を開設(店舗外観)

 

1.平和酒造紹介
昭和3年創業。和歌山県海南市の自然豊かな場所に蔵が位置し、日本酒「紀土(きっど)」、リキュール「鶴梅」、クラフトビール「平和クラフト」を醸造。
最高の品質にこだわり、全国から集まった若い醸造家が、情熱を胸に酒造りを行っています。2020年には、世界で最も権威あるコンペティションとも言われるIWC(インターナショナルワインチャレンジ)で「紀土 無量山 純米吟醸」が全出品酒1401点の中から頂点であるチャンピオンサケに輝き、対外的にも高い評価を得てきました。

代表銘柄「紀土」「無量山」。左から3番目の「紀土 無量山 純米吟醸」がIWC2020で世界No1に代表銘柄「紀土」「無量山」。左から3番目の「紀土 無量山 純米吟醸」がIWC2020で世界No1に

そんな平和酒造が次に挑むのが「どぶろく」。
今再開発が進み注目の東京日本橋 兜町に「平和どぶろく兜町醸造所」を開設します。

 

兜町はもともと金融の街として有名ですが、現在は再開発によって生まれ変わろうとしており、時代に新しい風を吹かせようとするたくさんの人々が関わっています。またこのエリアは、古くは江戸の船着き場として、お酒の荷受けや販売を担う者が集う場所であり、日本酒の発信拠点でもありました。
そのような歴史的背景をもつ街だからこそ、私たちが日本酒文化を再興する場所として相応しいと考えています。


 

2.「平和どぶろく兜町醸造所」に込めた想い
「平和どぶろく兜町醸造所」は ブルワリーパブ形式のお店で、その場で醸造した、できたてのどぶろくをお楽しみいただけます。
日本酒の原料は米、米こうじ、水ですが、その同じ構成要素で造られるどぶろくは、日本酒の祖先ともいえるお酒。清酒と異なりもろみを濾さない分、お米がもつ本来の豊かさやふくらみが口の中に広がります。
それと同時に、様々なバリエーションが造れるのがどぶろくの魅力!!ユニークな副原料を使って酒造りをすることができます。「平和どぶろく兜町醸造所」では、スタンダードなスタイルはもちろん、果実やホップを使用したもの、カクテルにしたものなど約10種類を提供予定。どぶろくをもっと身近で、カジュアルなものとして楽しんでほしいと想いを込めています。

できたてのどぶろく約10種類と、和歌山にこだわったバーフードをご用意できたてのどぶろく約10種類と、和歌山にこだわったバーフードをご用意

バーフードは和歌山の品にこだわりました。
和歌山の郷土料理である、金山寺味噌のあまじょっぱさが魅力の「金山寺味噌とクリームチーズのクラッカー」。和歌山が国内生産量1位を誇る、山椒の風味が爽やかな「山椒ポテトチップス」。他にも自家製のごま豆腐、燻製ナッツ&うずら卵など、どぶろくとの相性は抜群!
店舗には、杜氏をはじめとする醸造家たちが自ら立ちます。醸造家との交流も魅力の1つ。お酒の魅力や至極のペアリング、ここでしか聞けない製造秘話をたっぷりとお伝えいたします。

醸造家との交流も魅力の1つ醸造家との交流も魅力の1つ

店舗は木材を多数使用しながらも、現代的でスタイリッシュな外観。
店舗内も日本のものづくりの温かみと自然との調和を感じられる空間です。
店内BGMは、ヒット曲「明日への扉」で知られ、現在は音楽プロデューサーとして有名な元「I WiSH」naoさんがプロデュース。BGMには平和酒造本社にて録音した、酵母の発酵音や雫の音なども織り込まれています。
リラックスした空間で、五感すべてで平和酒造のお酒をお楽しみいただけます。

温かみを感じられるリラックスした空間(店舗内観)温かみを感じられるリラックスした空間(店舗内観)



3.最後に
どぶろくは、日本酒と同じ米・米こうじ・水から成る醸造酒。古くは農家で造られていた庶民のお酒ですが、近年その味わいの進化から、徐々に人気が高まっている注目のお酒です。
このどぶろくをより身近に、私たちの生活に密着したお酒としてカジュアルに伝えていきたい。そんな想いを詰め
込んだ「平和どぶろく兜町醸造所」。お酒の魅力に気づいていただける、新たな日本酒の発信拠点になることを目指します。

新たな日本酒の発信拠点になることを目指します新たな日本酒の発信拠点になることを目指します


【店舗情報】
住所:東京都中央区日本橋兜町8番5号
アクセス:東京メトロ東西線「茅場町駅」徒歩1分
電話番号:03-6264-9457
本オープン:2022年6月17日(金)
営業時間:13:00~22:00
定休日:なし
席数:スタンディング含め15席
備考:お会計はキャッシュレス決済のみ。現金はご利用いただけません。

■会社概要
屋号:平和酒造株式会社
住所:和歌山県海南市溝ノ口119番地
代表者:代表取締役社長 山本典正
創業:昭和3年(1928年)
ホームページ:http://www.heiwashuzou.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 平和酒造株式会社 >
  3. 6月17日本オープン!!日本酒「紀土」を醸す酒蔵 平和酒造株式会社が、東京日本橋 兜町に「平和どぶろく兜町醸造所」を2022年6月17日に本オープンします!